藤井四段が大橋四段に2連敗!王位戦予選

出典:時事通信社

本日1日6日(土)王位戦予選の

藤井聡太四段VS大橋貴洸四段が行われ、

大橋四段が勝利しました。

・戦型

横歩取り3三角型

・先後

先手:藤井四段

後手:大橋四段

・結果

104手で大橋四段の勝ち

・終局時刻

16時45分

はかせー!大橋四段が藤井四段に2連勝だよ。
前回同様に藤井四段を完全に押さえ込んだな。
スポンサーリンク

対局を振り返ろう!

本局も前回と同じ横歩取りになったな。
藤井四段は横歩取りでリベンジだね!

先手:藤井四段 後手:大橋四段

序盤は両者、研究範囲なのかほとんど時間を使わなかったね。
特に本局、大橋四段は終始早指しで、相当深い事前準備があるようだったな。

先手:藤井四段 後手:大橋四段

大橋四段は金を前線に上げて、藤井四段の飛車を押さえ込む戦略だね。
大橋四段はなかなかの序盤巧者という印象じゃな。

☆昼食☆

藤井四段:サービスランチ(ハンバーグとエビフライの盛り合わせ)

大橋四段:肉なんばそば

先手:藤井四段 後手:大橋四段

藤井四段は昼休をはさむ55分の長考で▲3八金。
構想がとても難しい中盤で、藤井四段は慎重に進めたな。

先手:藤井四段 後手:大橋四段

藤井四段も力強く金を上がったね。
ただ大橋四段のほうが模様がよく、この手は逆転のために少し無理してる感じじゃな。

先手:藤井四段 後手:大橋四段

局面は大橋ペース。藤井四段は辛抱を続けたね。
しかし大橋四段はここまで約1時間しか使っていない。早指しなのに確実に藤井四段を追い込んでいったんな。

先手:藤井四段 後手:大橋四段

大橋四段は金を天王山の5五に。藤井四段の飛車と角は押さえ込まれて息苦しいね。
優勢の大橋四段はここから厳しい攻めを見せたな。

先手:藤井四段 後手:大橋四段

藤井玉に厳しい角の王手だね。

先手:藤井四段 後手:大橋四段

大橋四段の華麗な攻めで、藤井玉はあっという間にほぼ裸に

先手:藤井四段 後手:大橋四段

大劣勢の藤井四段も受けの好手で粘ったんじゃが…

投了図

先手:藤井四段 後手:大橋四段

自信を持ってどんどん指して藤井四段を追い込み抵抗を全く許さず完勝。素晴らしい内容じゃ。
藤井四段は序盤から少しずつ形勢を損ねていって、気づいたら取り返しがつかない局面になってしまったね。
大橋四段の構想力の高さが光ったな。

はかせの予想は当たったの?

じゃあ、はかせの予想が当たったか答え合わせしよう!

☆はかせの大予想☆

①戦型

角換わり腰掛け銀

×(実際は横歩取り)

前回負けた横歩取りで藤井四段はリベンジを挑んだね。
藤井四段は横歩取りでの負けが多く、苦手という印象がはっきりついたな。

②終局時刻

19時くらい

×(実際は16時45分)

珍しいくらい早く終わったね。
大橋四段が早指しで藤井四段を完封してしまったからな。

③勝敗

わずかに藤井四段が有利

×

今回は完璧な指しまわし大橋四段を称えるべきじゃな。
藤井四段はあまりいい手が出ず、見せ場すら作れなかったね。
これで藤井四段は公式戦で初めて同じ相手に2敗苦い新年のスタートになったな。
やっぱりプロの世界は甘くないね。
気になるのは2局とも大橋四段に中盤でうまくリードされて負けたこと。中盤の構想力で劣っている印象じゃな。
藤井四段は来週には地元名古屋での公開対局もあるし、気持ちを切り替えてほしいね。

次の藤井四段の対局

1月11日(木)

竜王戦 VS中田功七段

※ネット生放送

ニコニコ生放送AbemaTV

スポンサーリンク

フォローする