藤井七段が花火のような猛攻で快勝!叡王戦・木下七段戦を振り返り

出典:時事通信社

本日8日11日(土)叡王戦・七段予選

藤井聡太七段VS木下浩一七段が行われ、

藤井七段が勝利しました。

・戦型

相居飛車の力戦

・結果

63手で藤井七段の勝ち

ワン太くん
はかせー!藤井七段が叡王戦の初戦突破だよ。
将棋はかせ
久しぶりの対局だったが、しっかり実力を発揮して快勝したな。
スポンサーリンク

対局を振り返ろう!

先手:藤井七段 後手:木下七段

後手の木下七段は、居飛車なのか振り飛車なのか態度を保留する出だしを見せたね。
先手の藤井七段は相手がどう来ても対応できる駒組みでスタートじゃ。

先手:藤井七段 後手:木下七段

藤井七段は▲4四歩。早くも敵陣に攻めの拠点を作ったね。
これは大きなポイントだが、木下七段も一歩得していて難しい交換じゃ。

先手:藤井七段 後手:木下七段

木下七段は、藤井七段の攻めの拠点を怖がらず玉を4筋へ
後手は玉のポジションをどうするか問題だったが、ベテランらしく新鋭の指しまわしを強く迎え撃ったな。

先手:藤井七段 後手:木下七段

木下七段が藤井陣にと金を作ったところで、藤井七段は端から軽やかに桂を活用
藤井七段の攻め駒が要所に厳しく利き始めて、ペースをつかんだな。

先手:藤井七段 後手:木下七段

高校が夏休みの藤井七段。若者らしく飛車をバッサリ切って激しく踏み込んだね。
若干攻めが細いかもしれないが、ここは押し切れるとみて決めに行ったな。

先手:藤井七段 後手:木下七段

藤井七段は木下陣に角を成り込んで、攻めがつながりそうだね。
このあたりで木下七段の対応にミスがあったようで、藤井七段が勝勢になったな。

先手:藤井七段 後手:木下七段

苦しくなった木下七段も、玉の上部を厚くして粘ろうとしたものの…

投了図

先手:藤井七段 後手:木下七段

序盤で機敏に動いてリードを奪って、激しい踏み込み一刀両断。藤井七段の快勝じゃ。
終盤は力強く斬りに行って、あっという間に勝利をつかんだね。 
一方の木下七段も工夫の序盤作戦を見せたものの、今回は不発に終わってしまったな。

スポンサーリンク

フォローする