藤井七段が白熱の終盤競り勝つ!新人王戦・八代六段戦を振り返り

出典:竜王戦中継plus

本日7日28日(土)新人王戦

藤井聡太七段VS八代弥六段が行われ、

藤井七段が勝利しました

・戦型

角換わり

・結果

132手で藤井七段の勝ち

・終局時刻

18時11分

ワン太くん
はかせー!藤井七段が白熱の終盤を競り勝ったよ!
将棋はかせ
これで藤井七段はベスト8進出。次は近藤誠也五段と対戦じゃ。
スポンサーリンク

対局を振り返ろう!

八代弥六段

出典:朝日新聞社

先手:八代六段 後手:藤井七段

戦型は角換わり。藤井七段が6筋の位を取ったのに対し、八代六段は玉頭だけど反発したね。

先手:八代六段 後手:藤井七段

互いにどんどん歩をぶつけて、非常に複雑な中盤戦になったな。

☆昼食☆

藤井七段:親子丼

八代六段:一口ヘレカツ

先手:八代六段 後手:藤井七段

藤井七段は53分使って端角。持ち時間3時間しかないけど、たっぷり使ったね。
持ち駒の角を手放してしまう決断の一手で、本局の命運をかけたな。

先手:八代六段 後手:藤井七段

対する八代六段は藤井七段の端角を封じ込めてから、1筋から攻撃

先手:八代六段 後手:藤井七段

しかし局面は小康状態になって、互いに陣形を整えたね。
激しくなりそうな局面でも2人とも焦らず、じっくり戦う老練さを見せたな。

先手:八代六段 後手:藤井七段

再び局面は激しくなり、八代六段が強く攻め込んだね。

先手:八代六段 後手:藤井七段

一方の藤井七段もカウンターの一発で攻め合いに。

先手:八代六段 後手:藤井七段

八代六段も譲らない。果敢な攻めを続けたね。
難解な終盤で、どっちが勝ちか全然わからん。

先手:八代六段 後手:藤井七段

藤井七段も八代陣にと金を作って、大きな脅威を与えたね。

先手:八代六段 後手:藤井七段

虎視眈々と藤井玉の詰みを狙う八代六段に対し、藤井七段は金を打って堅い受け
八代六段は厳しい攻めの連続で藤井玉を寄せ切ることができるか。

先手:八代六段 後手:藤井七段

八代六段が藤井玉に詰めろをかけたところで、藤井七段は堂々とと金を作ったね。
これは自玉の詰めろを消しながら敵玉に詰めろをかける、詰めろ逃れの詰めろで、攻守が入れ変わったな。

先手:八代六段 後手:藤井七段

反撃に転じた藤井七段は、馬の重厚な攻めで八代玉に迫ったね。
八代玉を厳しく寄せられる形を作って、藤井七段がついに優勢になったな。

先手:八代六段 後手:藤井七段

しかし八代六段もあきらめない。必死に藤井玉への攻めをつなごうとしたね。
だが藤井玉はわずかに詰まず、自玉の受けも無くなり

投了図

先手:八代六段 後手:藤井七段

難解すぎる中終盤をなんとか藤井七段が抜け出して勝利
押したり引いたりの長い戦いで、本当に最後までどちらが勝つか分からなかったね。
藤井七段は思うように行かない時間帯もあったが、最後は持ち前の終盤力で競り勝ったな。
八代六段も強い攻めで藤井七段を苦しめて、実力の高さを示したね。

スポンサーリンク

フォローする