藤井七段が閃光の逆襲!銀河戦・藤原七段戦を振り返り

出典:時事通信社

本日7日18日(水)銀河戦予選の

藤井聡太七段VS藤原直哉七段が行われ、

藤井七段が勝利しました。

・戦型

矢倉

・結果

80手で藤井七段の勝ち

ワン太くん
はかせー!藤井七段が閃光の反撃で勝ったよ。
将棋はかせ
このところ負けが続いてささやかれた不調説を一蹴したな。
スポンサーリンク

対局を振り返ろう!

先手:藤原七段 後手:藤井七段

先手の藤原七段は二枚銀をくり出す積極策。藤井七段は金銀三枚の矢倉にがっちり組んだな。

先手:藤原七段 後手:藤井七段

藤井七段が8六に角を飛び出したところで、藤原七段は▲7五歩で角の行き場をなくしたね。
これが機敏な一手で、角の捕獲を狙って藤原七段にチャンスが来たな。

先手:藤原七段 後手:藤井七段

角が取られそうな藤井七段は、時間を使いながら慎重に対応
しかし局後の感想でも、このあたりの序盤は少し失敗したと語ったな。

先手:藤原七段 後手:藤井七段

雲行きが怪しくなってきた藤井七段。藤原七段が棒銀の攻めを決めた瞬間、たたきの歩で反発
これが鮮やかな切り返し。取れば飛車の横利きが消えて受けが弱くなるし、横に逃げれば攻めに働かなくなるな。
30秒将棋の中、藤原七段は横に逃げるのは気合負けと歩を取ったね。

先手:藤原七段 後手:藤井七段

藤原陣の受けが薄くなったのを見て、藤井七段は8筋突破の厳しい攻め
30秒将棋の緊迫のさなか、一瞬にして形勢をひっくり返した
結果的には藤原七段は、さっきのたたきの歩をかわしてじっくり戦った方がよかったんだね。

先手:藤原七段 後手:藤井七段

優勢になった藤井七段は鋭い攻めで藤原玉を圧倒
あっという間に勝勢に築いて、全く驚愕の強さじゃ。

先手:藤原七段 後手:藤井七段

藤井七段は秒読みでも手堅く寄せを推し進めたね。

先手:藤原七段 後手:藤井七段

ベテランの藤原七段も簡単には投げられないと根性の粘り
しかし15歳の藤井七段は、絶対に逆転を許さない辛すぎる指しまわしで…

投了図

先手:藤原七段 後手:藤井七段

 序盤にピンチを迎えたものの、一瞬の切り返しで藤井七段が一刀両断
優勢になってからの揺るぎない寄せはさすがの一言だったな。
そして藤井七段は明日が誕生日。15歳最後の対局を白星で飾ったね。 
一方の藤原七段も巧みな序盤作戦で藤井七段を陥れたな。

スポンサーリンク

フォローする