藤井七段が手堅く白星スタート!C1豊川七段戦を振り返り

出典:中日新聞社

本日7日3日(木)C級1組順位戦の

藤井聡太七段VS豊川孝弘七段が行われ、

藤井七段が勝利しました。

・戦型

豊川の向かい飛車

・結果

111手で藤井七段の勝ち

・終局時刻

23時6分

・成績

藤井七段1勝0敗

豊川七段0勝1敗

はかせー!藤井七段がC1の最初の対局をきっちり勝ったよ。
C1は手ごわい強敵ばかりだが、ひとまず一歩を踏み出したな。
スポンサーリンク

対局を振り返ろう!

先手:藤井七段 後手:豊川七段

本局は居飛車党の豊川七段がなんと向かい飛車! 
藤井七段は9筋を突きこして、終盤での玉の逃げ道を確保。少しポイントをあげたな。

☆昼食☆

藤井七段:ぶっかけうどん定食(いなり)

豊川七段:サービスランチ(一口ヘレカツ、ご飯大盛り)

先手:藤井七段 後手:豊川七段

端を突きこされた豊川七段は、3筋から軽く仕掛けたね。
藤井陣は銀冠が完成する直前で、金銀がバラバラ。ここが仕掛けるベストタイミングじゃ。

先手:藤井七段 後手:豊川七段

豊川七段は金をグイグイ前にくりだしたね。
力強い棋風の豊川七段らしい中盤戦じゃな。

先手:藤井七段 後手:豊川七段

豊川七段は68分の長考で△6五歩。堂々と攻めを仕掛けたね。

☆夕食☆

藤井七段:バターライス

豊川七段:他人丼セット(温うどん)

先手:藤井七段 後手:豊川七段

豊川七段の攻めに対し、藤井七段は夕休をまたいで、54分使って慎重に着手
藤井七段はなかなかの長考派で、序中盤でも惜しまず時間を使うな。

先手:藤井七段 後手:豊川七段

藤井七段は▲7七金の受け。上部にかなり厚い陣形だね。
玉頭戦に強くて、玉が広い陣形じゃな。しかし横からの攻めには薄いのに注意が必要じゃ。

先手:藤井七段 後手:豊川七段

豊川七段は豪快に飛車角を動かして、ついに決戦に踏み込んだね。

先手:藤井七段 後手:豊川七段

派手に駒交換をしてから、藤井七段は豊川陣に飛車の打ちこみ
この飛車は3七の成桂取りにもなっていて、すこぶる厳しい。藤井七段が優勢になったな。

先手:藤井七段 後手:豊川七段

藤井七段は攻防の桂打ち。豊川七段の角の利きも止めて、受けも役立っているな。

先手:藤井七段 後手:豊川七段

藤井七段は▲8五歩。満を持して玉頭を攻めたね。
豊川玉は縦と横から攻められてきつすぎる。また、反撃しようにも攻め駒不足じゃな。

先手:藤井七段 後手:豊川七段

勝勢の藤井七段は手堅い攻めを積み重ねて、着実に豊川玉を追いつめていき…

投了図

先手:藤井七段 後手:豊川七段

終始落ち着いて豊川七段の仕掛けに対応して、終盤は的確な寄せで圧倒。藤井七段の快勝じゃな。
豊川七段も意表の振り飛車から、持ち前の力強い指しまわしを発揮したね。 

はかせの予想は当たったの?

じゃあ、はかせの予想が当たったか答え合わせしよう!

☆はかせの大予想☆

①戦型

雁木系の力戦

×(実際は豊川の向かい飛車)

両者は3度目の対戦だったけど、豊川七段は初めて振り飛車を使ったね。
豊川七段の振り飛車は珍しかったけど、豪快で力強く、とても魅力的に見えたな。

②終局時刻

23時くらい

(実際は23時6分)

藤井七段は中盤にたっぷり時間を費やして、最後は残り2分まで行ったね。
実際勝ったから問題ないものの、もう少し終盤に残しておいたほうが無難だった気がするな。

③勝敗

藤井七段が有利

先週は連勝が9でストップした藤井七段だったけど、特に影響はなく今日は快勝だね。
しばらく過密日程が続くけど、体調を整えて乗り越えてほしいな。
そしてC1順位戦は白星スタート2年連続昇級にむけてよい船出だね。
やはりこの順位戦は10戦全勝で行きたいところ。相手の事前研究は厳しいけど、打ち破って進んでほしいな。

藤井七段の次の対局

7月6日(金)
王座戦挑決・準決勝 VS斎藤慎太郎七段

スポンサーリンク

フォローする