藤井六段が福岡でさわやかな勝利!こどもの日・佐々木大四段戦を振り返り

出典:中日新聞社

本日5月5日(土・祝)「こどもの日 QTnet将棋Day2018」で

藤井聡太六段VS佐々木大地四段が行われ、

藤井六段が勝利しました。

・戦型

相掛かり系の力戦

・結果

79手で藤井六段の勝ち

・持ち時間

15分(使いきると1手30秒の秒読み)

1分単位で10回の考慮時間あり

ワン太くん
はかせー!藤井六段が福岡の地でさわやかに攻め勝ったよ!
将棋はかせ
九州に初上陸ということだったが、いつも通り自然体で力を発揮したな。
スポンサーリンク

対局を振り返ろう!

本局は出だしは角換わり風。でも角交換にはならず相掛かり系の将棋になったね。

先手:藤井六段 後手:佐々木四段

先手の藤井六段は居玉のまま、最低限の駒組みで仕掛けたね。
今日は持ち時間も短いし、勢いよく行ったな。

先手:藤井六段 後手:佐々木四段

藤井六段はやっぱり積極的横歩を堂々と取ったね。
ここは穏やかに指してもいいところだったが、妥協せずポイントを稼ぎに行ったな。

先手:藤井六段 後手:佐々木四段

さらに藤井六段は駒を前進。玉は全然動かさないね。
玉を右に行って左に行っても安全度が上がってるか微妙だし、攻めていく方が分かりやすいな。

先手:藤井六段 後手:佐々木四段

藤井六段はじっと歩を垂らして、佐々木四段の駒の動きに制約を付けたね。
細かい味付けなんだけど、こういう絶妙な部分で差がつくんだよねえ。

先手:藤井六段 後手:佐々木四段

藤井六段が次々と技を繰り出すのに対し、佐々木四段も銀取りを放置して強烈な切り返し
佐々木四段の方も地元で絶対に負けるわけにはいかない。厳しい手で藤井六段を楽にさせないな。

先手:藤井六段 後手:佐々木四段

ここまで勢いよく仕掛けていた藤井六段だけど、ここでじっと底歩の受け
これで自陣の堅さが一気にアップして、終盤は攻めに専念できそう。藤井六段のペースじゃな。

先手:藤井六段 後手:佐々木四段

やや苦しい佐々木四段は自陣を整備して、立て直すつもりだね。
しかし藤井六段はこの一瞬のスキを逃さず猛攻に。

先手:藤井六段 後手:佐々木四段

藤井六段はとってもキビシイ角打ち。これは痛そうに見えるよ。
 ちょっと気づきにくい手だが、さわやかに勝負をつけにいく攻めだったな。

先手:藤井六段 後手:佐々木四段

藤井六段のするどい寄せは止まらない。あっという間に寄り形だね。
大観衆を前に、一番の売りである終盤の切れ味を披露したな。

投了図

先手:藤井六段 後手:佐々木四段

序盤から細かくポイントを稼いでいって、最後は圧倒の寄せ快勝
最近は手堅くじっくり勝つことも多い藤井六段だけど、今日はバッサリと一刀両断したね。
一方の佐々木四段は地元で勝てず残念だったが、要所で持ち味の渋い受けを見せたな。

はかせの予想は当たったの?

じゃあ、はかせの予想が当たったか答え合わせしよう!

☆はかせの大予想☆

①戦型

相掛かり

(実際は相掛かり系の力戦)

今日は角換わりになるかとおもいきや、不思議な出だしで相掛かりっぽくなったね。
今回は佐々木四段がやってみたかった作戦のようだが、藤井六段が完璧に対応したな。 

勝敗

互角だがわずかに佐々木四段が有利

×

過去2戦で藤井六段をかなり苦しめた佐々木四段だったけど、今日は力を出し切ることができなかったね。
逆に藤井六段は序盤から積極的で、佐々木四段を寄せ付けなかったな。
やっぱり藤井六段は注目されるほど実力を発揮するよね。
そうじゃな。改めて天性の勝負強さを見せてくれた一日だったな。

藤井六段の次の対局

5月7日(月)
王座戦挑決トーナメント VS屋敷伸之九段

スポンサーリンク

フォローする