明日は藤井VS古森!棋王戦で再び決戦

出典:中日新聞社

明日4日5日(木)棋王戦予選の

藤井聡太六段VS古森悠太四段が行われます。

・場所

関西将棋会館

・持ち時間

各4時間

・先後

振り駒にて決定

・これまでの対戦成績

藤井六段の1勝

・ネット生放送

ニコニコ生放送AbemaTV

ワン太くん
明日は棋王戦の予選。古森四段と再戦だね。
将棋はかせ
藤井六段は高校生となって初の対局。気持ちを新たに臨んでほしいな。
スポンサーリンク

古森四段ってどんな棋士?

昨年10月に昇段した古森悠太四段(左)と斎藤明日斗四段(右)

出典:報知新聞社

古森悠太 四段
(こもり ゆうた)

生年月日
1995年8月20日(22歳)

出身地   大阪府高槻市

竜王戦   6組

順位戦   C級2組

タイトル戦 なし

棋戦優勝  なし

(2018年4月4日時点)

古森四段は昨年プロになったばかりの関西の新四段
年齢は22歳だけど、プロとしては藤井六段の後輩になるんだね。
そして藤井六段と同じ板谷一門。古森四段の師匠・小林健二九段、藤井六段の師匠・杉本昌隆七段ともに板谷進九段門下なんじゃ。
いとこみたいな関係なんだね。
そして将棋は振り飛車党。いろんな序盤戦術を用いる作戦家じゃ。

2人の過去の対戦を振り返り!

今回は今年2月に行われた新人王戦での2人の対局を振り返ろう
本局はデビュー2戦目の古森四段角交換四間飛車を選択したね。

先手:藤井五段 後手:古森四段

※藤井六段は当時、五段です。

後手の古森四段は△3二金。少し珍しい作戦なんだね。
前例がなく1手1手が難しい序盤になったな。

☆昼食☆

藤井五段:カレー定食(うどん)

古森四段:豚ロース肉しょうが焼(サービスランチ)

先手:藤井五段 後手:古森四段

古森四段は昼休を挟む68分の長考で△3五歩
互いに桂頭は弱点で怖いところだったけど、強気に仕掛けたな。

先手:藤井五段 後手:古森四段

桂交換してから△2七歩のたたきの歩
古森四段は1歩損の状態で、このまま局面が落ち着くとまずい動いていかざるを得ないな。

先手:藤井五段 後手:古森四段

古森四段は桂で飛車銀両取りだ。調子よく攻めてるように見えるなあ。
ただ後手は歩切れでそんなに簡単じゃない。そして藤井五段の次の一手がすごい手だったな。

先手:藤井五段 後手:古森四段

藤井五段は▲5八金。守りの金が玉の反対に行っちゃったよ!
気づきづらい手だが、飛車を渡しても2九の角をタダで取ってしまおうという狙いじゃな。

先手:藤井五段 後手:古森四段

そして藤井五段の狙いが実現。2九の角は行き場が無いね。
普段は攻め将棋の藤井五段だけど、今日はすごい受け潰しを見せたな。

先手:藤井五段 後手:古森四段

駒損の古森四段は飛車を振り回して攻めていったね。
藤井五段は優勢なものの玉がかなり薄い。1つのミスで一気に逆転する可能性もあり、全く楽観はできないな。
それにしても藤井陣は玉の反対に囲いができてて、めちゃくちゃな形だね!

先手:藤井五段 後手:古森四段

豊富な持ち駒の藤井五段はついに端から反撃
古森四段には有効な攻めが無く、藤井五段は攻めに専念できる形じゃな。 

先手:藤井五段 後手:古森四段

藤井五段は自陣に3枚の桂。古森四段の飛車をいじめつつ、攻めを分厚くしていったね。
藤井五段は桂の使い方がうまいといわれるが、本局でも巧みだったな。

先手:藤井五段 後手:古森四段

藤井五段は流れるようにスイスイ攻めていって、もう勝勢だね。

投了図

先手:藤井五段 後手:古森四段

強気に仕掛ける古森四段をもっと強気に受け潰して、終盤は一気に攻め倒して完勝
本局では受けの藤井聡太の真骨頂が見られたね。
古森四段は意欲的な序盤作戦だったけど、うまく行かず実力を発揮しきれなかったな。

ズバリ!はかせの大予想

じゃあはかせ、戦型とか勝敗を予想してよ!
よし!ではわしの大予想じゃ。

☆はかせの大予想☆

①戦型

古森の角交換四間飛車
古森四段は前回の対局、角交換四間飛車で藤井六段に完封されてしまったよね。
うん。だからこそもう1度やって、意地を見せてほしいところじゃ。

②終局時刻

19時くらい
棋王戦は持ち時間4時間。両者時間を使いきると19時くらいになるんだね。
そうじゃな。若手らしい諦めない泥臭い将棋が見たいな。

③勝敗

少し藤井六段が有利
  藤井六段は先週の井上九段戦で連勝が16でストップしてしまったよね。
藤井六段にしては出来の悪い将棋だったが、課題も見えたし、後に引きずる負けではなかったな。 
藤井六段ならきれいさっぱり切り替えて、また恐ろしい将棋を見せてくれるはずだよ。
うん。一方の古森四段は絶賛売り出し中の新人。ここで藤井六段に2連敗となると、格付けがはっきりしてしまうな。
爆速でトップに駆け上がる藤井六段に食らいついていきたいだろうね。
古森四段は前回の完敗は忘れて、もう一度自分の序盤作戦に自信を持ってぶつけてほしいな。

スポンサーリンク

フォローする