藤井六段敗れる!井上九段戦を振り返り

出典:中日新聞社

本日3日28日(水)王将戦一次予選の

藤井聡太六段VS井上慶太九段が行われ、

井上九段が勝利しました。

・戦型

矢倉

・結果

137手で井上九段の勝ち

・終局時刻

18時

はかせー!藤井六段の連勝がストップだよ!
井上九段の巧みな指しまわしに、うまく負かされてしまったな。
スポンサーリンク

一局を振り返ろう!

本局は矢倉の急戦形に。後手の藤井六段は玉を4一に置いたまま戦うつもりだね。

先手:井上九段 後手:藤井六段

まだ午前中なのに、藤井六段は41分の長考で△4四銀。

こういう長考は藤井六段にしては珍しいが、ここが駒がぶつかる直前の勝負所とみたようじゃ。

☆昼食☆

藤井六段:親子なんばうどん

井上九段:カツ丼(白米少なめ)

先手:井上九段 後手:藤井六段

昼休明け、藤井六段はまた41分の長考で△6六歩。今日はかなり慎重だね。
持ち時間が3時間しかないのにこの長考。確かに重要な局面ではあるが、終盤の時間切迫が心配になるな。

先手:井上九段 後手:藤井六段

藤井六段が先に仕掛ける序盤だったけど、ここで井上九段も攻めたね。
角が攻めに大活躍しそうで、気持ちのいい滑り出しといえそうじゃな。

先手:井上九段 後手:藤井六段

藤井六段は手駒の銀をガツンと投入好位置の角を攻めたね。
直線的な攻めだけではうまく行かないと見て、攻防を織り交ぜてきたな。

先手:井上九段 後手:藤井六段

井上九段の角をうまく封じ込めたところで、いよいよ藤井六段は桂を跳躍
ただ藤井六段の攻めもまだ細く、形勢は難しいな。

先手:井上九段 後手:藤井六段

井上九段も反撃。桂を打って守りによく働く銀を攻めたね。
このままでは角も飛車も攻めに使えないからな。 これで活を入れたいところじゃ。

先手:井上九段 後手:藤井六段

藤井六段は竜を作るのに成功。しかしこの局面で残り17分と厳しいね。
序盤の長考が響いてきたな。形勢もはっきりいいわけではなく、試練の時間帯じゃ。

先手:井上九段 後手:藤井六段

激しく駒がぶつかり始めたところで、藤井六段は玉の早逃げ
互いに持ち時間が無くなってきたところでのひねった手で、実戦的じゃな。

先手:井上九段 後手:藤井六段

井上九段が銀取りに歩を打ったところで、藤井六段はまさかの△3六歩と手抜いて攻め
藤井六段らしい過激な攻め合いだが、さすがに危険すぎる感じもするな。

先手:井上九段 後手:藤井六段

藤井六段はタダのところに桂捨て。またしても派手な手がでてきたね。
時間が無いなかでこういう手が出るのが、華やかな藤井将棋。しかし局面は大激戦じゃ。

先手:井上九段 後手:藤井六段

自玉も怖い形になってきたけど、藤井六段はじっくりと金を活用したね。
遅いようでもこれが確実な手じゃな。

先手:井上九段 後手:藤井六段

少し苦しいかと思われた井上九段は▲9五角。王手をしつつ、受けにも効いてるね。
これが井上九段の終盤の切り札で、藤井六段に難しい選択を突きつけたな。

先手:井上九段 後手:藤井六段

角の王手に対して、藤井六段は玉をかわしたね。
ギリギリの受けだが、この手がまずかったかもしれんな。もう少し手堅く受けたらどうだったか。

先手:井上九段 後手:藤井六段

勝勢になった井上九段は猛攻を仕掛けて、一気に藤井玉を寄り形に持って行ったね。
そして最後は長手数の詰みにきれいに討ち取って…。

投了図

先手:井上九段 後手:藤井六段

井上九段が難解な終盤でうまく抜け出して、藤井六段に見事に勝利
難しい中盤の中でも時間を温存したこともあって、終盤勝負で藤井六段を倒したね。 
一方の藤井六段は本局は経験の少ない形で、序盤に時間を使いすぎてしまったな。
矢倉の経験値で井上九段の方が上回ったね。

はかせの予想は当たったの?

じゃあ、はかせの予想が当たったか答え合わせしよう!

☆はかせの大予想☆

①戦型

雁木

×(実際は矢倉)

矢倉系の急戦になったけど、雁木ではなかったね。
藤井六段は急戦系の将棋が好きだし、後手番でも積極的に攻めたな。

②終局時刻

17時くらい

×(実際は18時)

藤井六段は1分将棋に。井上九段もあと2分まで行く大激戦だったね。
終盤までどちらが勝つかわからない好勝負で、遅めの終局になったな。

③勝敗

藤井六段が有利

×

井上九段が改めてベテランの恐ろしさを見せた一日だったね。
長年の経験の生きた落ち着いた指しまわしで、藤井六段の力を封じ込めたな。
これで藤井六段の連勝は16でストップ。残念だけど課題の見つかった一局だったかな。
うむ。やはり時間配分じゃな。さすがに今日は序盤に時間を使いすぎだったと思う。 
これで藤井六段の17年度は61勝12敗で終わり。中学生棋士として信じられない成績を残したね。
類まれな勝ちっぷりで、大きな夢と感動を与えてくれたな。

藤井六段の次の対局

4月5日(木)
棋王戦予選 VS古森悠太四段
※ネット生中継
AbemaTV

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. watanabe kunio より:

    藤井くんの将棋解説 簡潔 かつツボを得ていて
    素晴らしい!
    お気に入りに登録しました。