藤井六段の完全勝利!C2三枚堂六段戦を振り返り

出典:中日新聞社

本日3日15日(木)C級2組順位戦の

藤井聡太六段VS三枚堂達也六段が行われ、

藤井六段が勝利しました。

・戦型

横歩取り

・結果

85手で藤井六段の勝ち

・終局時刻

20時14分

・成績

藤井六段 10勝0敗

三枚堂六段5勝5敗

はかせー!藤井六段がC2を全勝で一期抜けだよ。
改めて天才ぶりを発揮して、期待に応えたな。
スポンサーリンク

対局を振り返ろう!

先手:藤井六段 後手:三枚堂六段

本局は横歩取り。藤井六段は青野流と呼ばれる形を採用したね。
藤井六段は力戦をやることも多いけど、今日は定跡の多い戦型を選んだな。

先手:藤井六段 後手:三枚堂六段

両者ほぼノータイムで指しあう序盤戦だったね。
互いに研究範囲で、この▲3三金あたりから前例のない未知の局面になったようじゃ。

先手:藤井六段 後手:三枚堂六段

藤井六段は左右に利く角打ち飛車取り2筋の攻めに働いてるね。
快調な手順で、これが本局で藤井六段がやってみたかった形のようじゃ。

☆昼食☆

藤井六段 :じょい豆腐定食

三枚堂六段:うな重(梅)、肝吸

先手:藤井六段 後手:三枚堂六段

藤井六段が2筋に戦力を全集中させたところで、三枚堂六段は角を投入して受け
しかしこの角は受け一方で少し面白くない。藤井六段が早くもペースをつかんだな。

先手:藤井六段 後手:三枚堂六段

飛車角交換になって、藤井六段は飛車2枚、三枚堂六段は角2枚になったね。
三枚堂六段は2枚の角で藤井六段の飛車を押さえ込む方針になったな。

先手:藤井六段 後手:三枚堂六段

藤井六段は金を力強く前進。金が4段目まで上がるのは珍しいね。
この金で三枚堂六段の角を圧迫する狙いじゃな。

先手:藤井六段 後手:三枚堂六段

藤井六段の飛車は中央にカムバック。三枚堂六段の押さえ込みをうまく破ったね。
こうなると駒の損得はあまり無くても、駒の働きが大差。藤井六段がはっきり優勢じゃな。

☆夕食☆

藤井六段:カレーライス

三枚堂六段:とろろせいろそば

先手:藤井六段 後手:三枚堂六段

三枚堂六段は馬を作ったけど、藤井六段は銀でがっちり受けたね。
三枚堂六段は攻めの手段が乏しく、かなり苦しくなったな。

先手:藤井六段 後手:三枚堂六段

敗勢の三枚堂六段は遠見の角で王手
しかし明らかに攻め駒不足で、あまり怖くない王手じゃ。

投了図

先手:藤井六段 後手:三枚堂六段

事前研究でリードを奪って、ひたすら手堅く完封藤井六段の完全勝利じゃな。
最近の藤井六段らしい、落ち着いて逆転の芽を摘んでいくからい勝ち方だったね。 
そして藤井六段としては珍しいガチガチの研究将棋だったな。
今の藤井六段はどんな展開になっても全くスキが無いね。

はかせの予想は当たったの?

じゃあ、はかせの予想が当たったか答え合わせしよう!

☆はかせの大予想☆

①戦型

角換わり

×(実際は横歩取り)

藤井六段が三枚堂六段得意の横歩取りにぶつかっていったね。
藤井六段は公式戦での横歩は少ないけど、完璧な指しまわしだったな。

②終局時刻

23時くらい

×(実際は20時14分)

まさかの20時台の終局になったね。驚いたよ!
実力者同士の対戦で遅い終局かと思っていたが、こんな大差になるとは。

③勝敗

少し藤井六段が有利

最近の藤井六段は強すぎだよ!これで15連勝
三枚堂六段には昨年負けたリベンジを、完璧な形で果たしたな。
そしてC2順位戦は10戦全勝。新たな伝説を加えたね。
1年間通してずっと安定した力を出し続けたな。来年の順位戦も楽しみじゃ!
スポンサーリンク

フォローする