藤井六段が容赦ない「恩返し」!杉本七段戦を振り返り

藤井六段と杉本七段

出典:竜王戦中継plus

本日3日8日(木)王将戦一次予選の

藤井聡太六段VS杉本昌隆七段が行われ、千日手指し直しの末、

藤井六段が勝利しました。

千日手とは

・戦型

千日手局 :杉本七段の中飛車

指し直し局:杉本七段の四間飛車

・結果

111手で藤井六段の勝ち

・終局時刻

18時20分

はかせー!藤井六段が感動の「恩返し」だよ!
これで14連勝。また大記録が生まれそうな勢いじゃ。
スポンサーリンク

対局を振り返ろう!

千日手局

振り駒の結果、先手を得た杉本七段は中飛車を採用したね。

☆昼食☆

藤井六段:親子丼、冷たいうどん

杉本七段:そば定食、いなり寿司

千日手成立局面

先手:杉本七段 後手:藤井六段

互いに駒組みが煮詰まって、どちらからも動けなくなったね。13時18分に千日手に。
両者同じような攻撃陣で、どちらも先に仕掛けると悪くなりそう。仕方ない千日手じゃな。
先手だった杉本七段としては、指し直しで後手になってしまうから不満なのかな。
まあね。ただ杉本七段は長期戦の体力勝負が好きで、今日もそうしたかったらしいから、ある意味本望かもな。

指し直し局

千日手局から30分の休憩の後、指し直し局だね。
今度は後手の杉本七段が、修業時代から慣れ親しんだ四間飛車を選んだな。

先手:藤井六段 後手:杉本七段

杉本七段は藤井システム風の出だしだね。最初から穴熊崩しを念頭に置いてるんだよね。

※藤井システム…藤井猛九段が考案した四間飛車の作戦

しかし藤井六段は居飛車穴熊を選択して、真っ向からぶつかっていったな。

先手:藤井六段 後手:杉本七段

後手の杉本七段は藤井システムの急戦にはせず、高美濃囲いに組んだね。
一方の藤井六段は金銀4枚の鉄壁の穴熊を目指したな。

先手:藤井六段 後手:杉本七段

藤井六段は▲5七銀。一旦玉側につけた銀を反対に戻ったよ!
藤井六段らしい柔軟な手じゃな。ただ最近前例があったらしいから、知ってたかもしれんな。

先手:藤井六段 後手:杉本七段

杉本七段が先に仕掛けたのに対し、藤井六段は激しく反撃

先手:藤井六段 後手:杉本七段

杉本七段はかねてからの狙いだった端攻めに行ったね。
居飛車穴熊崩しでは端を絡めて攻めるのが基本じゃな。

先手:藤井六段 後手:杉本七段

杉本七段の端攻めをいなして、藤井六段は▲4五香。角と飛車を狙う厳しい香打ちだね。
この攻めが入って、藤井六段がはっきり優勢になったな。

先手:藤井六段 後手:杉本七段

苦しくなった杉本七段は激しく暴れていったね。
じっとしていてもどんどん悪化するだけだから、動いていくしかないな。 

先手:藤井六段 後手:杉本七段

藤井六段は3五の角がタダで取れるのに、取らなかったね。
取ってしまうと少し形勢がまぎれそうだったからな。安易にエサには飛びつかず慎重じゃ。

先手:藤井六段 後手:杉本七段

苦しい杉本七段は辛抱の手を重ねたね。
泥臭い執念こそ杉本将棋の真骨頂。藤井六段にもそれは伝わったはずじゃ。

先手:藤井六段 後手:杉本七段

杉本七段は△7三銀。自陣を堅くして最後まであきらめないね。
囲いを再生して粘る杉本七段の名物「リフォーム」じゃな。

先手:藤井六段 後手:杉本七段

しかし藤井六段は攻めの手を緩めない。師匠でも全く容赦なく行ったね。
正確で厳しすぎる寄せに、杉本七段もなす術無く

投了図

先手:藤井六段 後手:杉本七段

師匠の攻めを丁寧にしのいだら、あっという間の寄せ完勝
杉本七段が無理気味に攻めたところを、冷静に受けて優勢になったね。 
序盤中盤終盤、全てで師匠を上回ったな。
杉本七段は敗れたものの、持ち味を存分に発揮していい将棋だったね。
藤井六段が立派に「恩返し」を果たして、すばらしい一日だった。

はかせの予想は当たったの?

じゃあ、はかせの予想が当たったか答え合わせしよう!

☆はかせの大予想☆

①戦型

杉本七段の中飛車

(実際は千日手局:中飛車、指し直し局:四間飛車)

杉本七段は先手で中飛車を選択。でも千日手になったね。
もしかしたら杉本七段は後手の四間飛車がやりたくてわざと千日手にしたのかもしれんな。
この対局の前に、杉本七段は指し直し局の形をやったことがある西田四段に会ったそうだね。
うん。そのときにこの形のことを聞いて、今日試したかったのかもしれんな。

②終局時刻

17時くらい

×(実際は18時20分)

千日手になったうえ、指し直し局も熱戦だったね。
両者もう少しで1分将棋のところまで行って、存分に力を発揮しあったな。

③勝敗

少し藤井四段が有利

今日もやっぱり藤井六段は強かったね。もう負ける姿が想像できないよ。
藤井六段は以前は激しく最短で勝ちにいく将棋だったけど、最近は丁寧で慎重な手が多いな。
一方の杉本七段も師匠として精一杯の勇姿を見せてくれたね。
うん。師匠としての今までの献身が報われたようで、感動的だった。

藤井六段の次の対局

3月15日(木)
C級2組順位戦 VS三枚堂達也
※ネット生中継
AbemaTV

スポンサーリンク

フォローする