明日はついに藤井VS羽生!朝日杯準決勝を大予想

出典:中日新聞社

明日2日17日(土)朝日杯準決勝(午前対局)の

藤井聡太五段VS羽生善治竜王が行われます。

※この午前対局に勝つと、午後から決勝で久保王将VS広瀬八段の勝者と対戦します

・場所

東京都千代田区「有楽町マリオン」

・開始時刻

午前10時半

・持ち時間

各40分(チェスクロック)

・先後

振り駒にて決定

・これまでの対戦成績

初手合い(非公式戦では1勝1敗)

・ネット生放送

ニコニコ生放送AbemaTV朝日新聞デジタル

ワン太くん
明日はついに運命の対決だね!
将棋はかせ
勝負の女神はどちらに微笑むか、大注目じゃ。

藤井五段の紹介

将棋界の新たなスーパースター、藤井聡太七段の魅力や弱点を紹介しています。将棋が分からない人でも楽しめる内容です。

羽生竜王の紹介

七冠独占のレジェンド、羽生善治竜王の強さの秘密や弱点について解説しています。将棋が分からない人でも楽しめる内容です。
スポンサーリンク

過去の2人の対戦を振り返り!

出典:時事通信社

今回は昨年3月の非公式戦・獅子王戦での2人の対戦をを振り返ろう
この対局では先手の羽生竜王が藤井猛九段考案の藤井システムを採用したね。
「藤井」つながりということかな。羽生竜王は非公式戦だと結構おちゃめに戦型選択することがあるな。

先手:羽生竜王 後手:藤井五段

先手の羽生竜王は居玉のまま攻撃陣を組んでいったね。
居玉のまま居飛車穴熊を急襲するのが四間飛車・藤井システムの思想じゃな。
藤井システムは2000年前後に流行したんだよね。
うん。藤井五段が生まれる前じゃな。羽生竜王は経験豊富だが、藤井五段は経験は少ないじゃろう。

先手:羽生竜王 後手:藤井五段

羽生竜王は早くも▲2五桂。やっぱり居玉のまま仕掛けていったね。
藤井システムの玉の堅さは独特で、居玉で不安定だがそこそこ安全なんじゃ。
1~4筋8筋方面が戦場になるから、その中間の5九にいるといいんだね。

先手:羽生竜王 後手:藤井五段

羽生竜王は銀をガツンと打ちこんで、どんどん攻めていくね。
先手は玉が不安定だから、反撃される前に一気に攻め倒してしまいたいんじゃ。

先手:羽生竜王 後手:藤井五段

藤井五段は△5五銀。銀を中央に据えて、羽生竜王の攻めの主役の角を封じ込めたね。
藤井五段もあっさり攻め倒されてはたまらんからな。

先手:羽生竜王 後手:藤井五段

羽生竜王はさらにガツンと▲4三銀藤井猛九段を思わせるガジガジ流だね!
寄せは俗手で」の通り、単純だが受けにくい攻めじゃな。

先手:羽生竜王 後手:藤井五段

いつまでも受けてばかりはいられないと、藤井五段も反撃に。
どちらが先に敵玉を寄せるかの勝負になったな。

先手:羽生竜王 後手:藤井五段

羽生竜王は▲8六角打と攻防の角
厳しそうな攻めで羽生竜王が優勢じゃな。

先手:羽生竜王 後手:藤井五段

藤井五段も頑強な受けで最後まで諦めないね。
しかし羽生竜王の寄せは正確で…

投了図

先手:羽生竜王 後手:藤井五段

強気に仕掛けてペースをつかんで、藤井五段の反撃にも冷静に対応。羽生竜王の快勝じゃな。
藤井システムゴリゴリ攻めて、藤井五段を攻め倒したね。
羽生竜王の方が藤井システムでの経験はかなり上。藤井五段はちょっと対応しきれなかったな。
もう1つの非公式戦では、角換わり藤井五段が快勝したんだよね。
うん。でもこの2局からもう1年近く経っていて、この間に藤井五段は急成長をとげたな。
でも藤井五段の将棋のデータも十分溜まって、明日は羽生竜王もしっかり研究して臨めそうだね。

ズバリ!はかせの大予想

じゃあはかせ、戦型とか勝敗を予想してよ!
よし!ではわしの大予想じゃ。

☆はかせの大予想☆

①戦型

角換わり
戦型は羽生竜王しだい。藤井五段は相手に関係なく居飛車で自然に対応するからな。
予想は藤井五段の大得意角換わりだね。角換わりなら負ける気がしないくらい強いよね。
うん。羽生竜王は初めて戦う若手には、得意戦法をやらせて堂々迎え撃つことが多いんじゃ。
でも非公式戦で角換わりで負けてるし、避ける可能性もあるよね。
そうじゃな。羽生竜王が特定の戦法を避けることは珍しいけど、勝ちにこだわるならありえるな。
羽生竜王はこの朝日杯では若手の高見六段八代六段を、2人とも驚きの藤井システムで倒して勝ち上がってきたよね。
うん。だから明日も振り飛車で意表を突く可能性はある。他にも藤井五段が詳しくない古い戦法とかもな。
でもこれほど注目される舞台で、横綱の羽生竜王が立ち合いの変化はしないでしょ。
まあね。ただとにかく藤井五段はどんな戦法で来られても動揺しないことが肝心じゃ。動揺はミスにつながるからな。

②終局時刻

12時45分くらい
対戦は明日の午前10時半から。持ち時間は40分で、たいていは開始から2時間くらいで終わるよね。
うん。でも明日は2人の力が拮抗して、長い将棋になりそうじゃ。

③勝敗

互角だがわずかに藤井五段が有利
正直どっちが勝ってもおかしくない予想は無理じゃ。
  でも一応藤井五段持ちなんだね。最近の勢いと充実度はすさまじいもんね。
うん。今の藤井五段の将棋の完成度は最高レベル。しかも現在9連勝中じゃな。

2018年の成績(2月16日時点)

藤井五段 9勝1敗9連勝中

羽生竜王 3勝1敗(3連勝中)

それと気になるのは羽生竜王の対局の少なさ。今年に入ってまだ4局で、しかも直近の対局から半月以上たっておるんじゃ。
藤井五段がたくさん戦って、全部勝ってるのと反対だね。
2人とも多く対局をこなす中でいいリズムを作る棋士。羽生竜王は国民栄誉賞もあって取材が多いらしく、実戦から遠ざかっているのが心配じゃ。
朝日杯は早指しで直感や反射が大事だよね。その点藤井五段は過密日程で、ある意味常にスタンバイOKだよ。
ただ羽生竜王も朝日杯で5回も優勝する無類の強さ。その点では羽生有利と考えるのも自然じゃ。
  対局が少なかった分、しっかり藤井対策を考えれたかもしれないしね。
うん。明日は世間の注目度も含めて、将棋史に残る伝説の一戦になるはずじゃ。
 とにかく楽しみすぎて、今夜は寝られそうにないよ!
もちろんこの準決勝の後に行われる、決勝戦も注目じゃ。

スポンサーリンク

フォローする