藤井五段が羽生竜王に勝利!朝日杯準決勝を振り返り

出典:朝日新聞社

本日2日17日(土)朝日杯・準決勝の

藤井聡太五段VS羽生善治竜王が行われ、

藤井五段が勝利しました。この結果、藤井五段は午後からの決勝戦に進出しました。

※決勝戦の振り返り

今日は朝日杯・決勝戦で藤井五段と広瀬八段の対局が行われ、藤井五段が勝利しました。この結果、藤井五段は棋戦初優勝と六段昇段を達成しました。はかせとワン太くんがこの一局を振り返ります。

・場所

東京都千代田区「有楽町マリオン」

・戦型

羽生竜王の雁木

・結果

119手で藤井五段の勝ち

・終局時刻

12時30分

ワン太くん
はかせー!藤井五段が羽生竜王に勝っちゃったよ!
将棋はかせ
スキのない将棋絶対王者を倒したな。
スポンサーリンク

対局を振り返ろう!

先手:藤井五段 後手:羽生竜王

本局は後手の羽生竜王が最近流行の雁木を選択したね。
いろんな戦型の可能性があったが、定跡の少ない形でガチンコ勝負じゃな。

先手:藤井五段 後手:羽生竜王

藤井五段は飛車先交換をして、飛車を2九に引いたね。
愛用の「2九飛・4八金型」で、スキのない陣形じゃな。

先手:藤井五段 後手:羽生竜王

藤井五段は端から積極的に仕掛けたね。
雁木は端が薄いから、ここから仕掛けるのが自然じゃな。

先手:藤井五段 後手:羽生竜王

藤井五段の端攻めをしっかり受けてから、羽生竜王も7筋から反撃
後手は先手の攻めを完全に受けきれるわけではないし、うまく攻め合うことが必要じゃ。

先手:藤井五段 後手:羽生竜王

藤井五段は▲5五銀。もともと守りだった銀をぶつけちゃったよ。
自陣が薄くて怖いけど、藤井五段らしいかなり攻撃的な手じゃな。

先手:藤井五段 後手:羽生竜王

中央で銀がぶつかってるのを放置して、藤井五段は▲4三歩の王手
難しいタイミングの王手で、相手を迷わせる早指し戦での実戦的な手じゃな。

先手:藤井五段 後手:羽生竜王

羽生竜王は△9九銀。壁になってる悪形の金を攻める意外な手だね。
ふつう悪形はそのままにしておいた方がいいからな。しかも金をかわされると重い形で、やや良くない手だったようじゃ。

先手:藤井五段 後手:羽生竜王

藤井五段が飛車を成りこんだところで、羽生竜王は角を投入して受けたね。
本当は攻めに使いたかった角だが、受けに使わざるを得なかったな。 

先手:藤井五段 後手:羽生竜王

羽生竜王は△7七歩成。すごく怖く見えるよ。
確かに怖い感じはするけど、冷静に見れば藤井玉は寄らない。いつも通り藤井五段には恐怖心がないな。

先手:藤井五段 後手:羽生竜王

藤井五段はまた▲4三歩の王手。ここが急所なんだね。
たくさんの駒が利いているところに打つ焦点の歩で、どれで取っても陣形が弱体化するな。

先手:藤井五段 後手:羽生竜王

藤井五段の厳しい攻めで、羽生玉は5五まで引っ張り出されてしまったね。
こうなるとさすがの羽生竜王でも逆転は難しく

投了図

先手:藤井五段 後手:羽生竜王

積極的に仕掛けて、終盤もよどみなく寄せ切って藤井五段の快勝
終盤は羽生竜王に攻められて怖い雰囲気もあったけど、冷静に玉の安全度を見切って攻めたね。
寄せも厳しい手の連続で、羽生竜王に粘る余地を与えなかったな。
一方の羽生竜王はちょっと実力を発揮しきれなかったね。
中終盤でさえない手が出て残念な将棋になってしまったな。

はかせの予想は当たったの?

じゃあ、はかせの予想が当たったか答え合わせしよう!

☆はかせの大予想☆

①戦型

角換わり

×(実際は羽生竜王の雁木

羽生竜王は序盤に角道を止めて雁木に組んだね。
これを藤井五段得意の角換わりを拒否したとみるか、単に雁木がやりたかっただけとみるか。

②終局時刻

12時45分くらい

(実際は12時30分)

ちょうど開始から2時間で終局。朝日杯としては標準的な時間だね。
うん。藤井五段が優勢になってから羽生竜王に粘る手段を全く与えず、勝負は長引かなかったな。

③勝敗

互角だがわずかに藤井五段が有利

いやー、ついに藤井五段は羽生竜王まで倒してしまったね。
最近の藤井五段はかなり充実していたから、可能性は十分あると思っていたけど、ちょっと信じられない感じもするな。
本局の藤井五段は玉の薄さを気にせず、かなり積極的に攻めていったよね。
そうじゃな。この勢いのよさが今日の勝因じゃろう。
しかも藤井五段は注目される大舞台だったけど、平常心で実力を発揮したね。
相変わらずの強心臓ぶりで、舞台が大きくなればなるほど強くなるな。
一方の羽生竜王はそれほどさえなくて見せ場を作れなかったね。
近年の羽生竜王はいい時と悪い時のムラが結構あるけど、今日は悪い方だったな。

この対局の結果、藤井五段は午後からの決勝戦に進出しました

※決勝戦の振り返り

今日は朝日杯・決勝戦で藤井五段と広瀬八段の対局が行われ、藤井五段が勝利しました。この結果、藤井五段は棋戦初優勝と六段昇段を達成しました。はかせとワン太くんがこの一局を振り返ります。

藤井五段の紹介

将棋界の新たなスーパースター、藤井聡太七段の魅力や弱点を紹介しています。将棋が分からない人でも楽しめる内容です。

羽生竜王の紹介

七冠独占のレジェンド、羽生善治竜王の強さの秘密や弱点について解説しています。将棋が分からない人でも楽しめる内容です。
スポンサーリンク

フォローする