明日は藤井VS梶浦!順位戦を大予想

出典:中日新聞社

明日2日1日(木)C級2組順位戦で

藤井聡太四段(8勝0敗)

梶浦宏孝四段(4勝4敗)の対戦が行われます。

・場所

東京将棋会館

・持ち時間

各6時間

(チェスクロック使用)

・先後

先手:梶浦四段

後手:藤井四段

・これまでの対戦成績

藤井四段の1勝

・ネット生放送

AbemaTVニコニコ生放送

ワン太くん
明日はC1昇級&五段昇段がかかった一局だね。
将棋はかせ
きっちり勝ってスムーズに出世してほしいところじゃな。
スポンサーリンク

梶浦四段ってどんな棋士?

昨年6月の両者の対局。右が梶浦四段

出典:毎日新聞社

梶浦宏孝  四段
(かじうら ひろたか)

生年月日
1995年7月6日(22歳)

出身地   東京都新宿区

竜王戦   6組

順位戦   C級2組

タイトル戦 なし

棋戦優勝  なし

(2018年1月31日時点)

梶浦四段は関東の若手棋士。まだ22歳の期待のホープじゃ。
師匠は鈴木大介九段なんだね。
そう。鈴木九段の愛弟子で、「カジー」のあだ名で呼ばれておるな。
じゃあ鈴木九段みたいに振り飛車党なの?
いや、居飛車党なんじゃ。横歩取り矢倉を得意としておるんじゃ。

2人の昨年の対戦を振り返ろう!

今回は昨年6月10日に行われた2人の叡王戦での対局を振り返ろう
本局は藤井四段の得意の角換わりになったんだね。

先手:梶浦四段 後手:藤井四段

後手の藤井四段は愛用の「8一飛・6二金型」じゃな。

先手:梶浦四段 後手:藤井四段

中盤戦、梶浦四段は▲6三歩と歩のたたきだね。金をどこに動いても陣形が乱れてスキができるんだね。
その通り。このたたきは「8一飛・6二金型」に対して必ずと言っていいほどよく出る筋じゃな。

先手:梶浦四段 後手:藤井四段

藤井四段は馬を作って、梶浦四段の攻めの桂にプレッシャーをかけたね。
玉が薄い敵の攻めも怖い局面だけど、手厚い指し方だったな。

先手:梶浦四段 後手:藤井四段

藤井四段は梶浦陣に飛車を打ちこんで、攻勢をとったね。
ただ相変わらず自陣は薄くて攻められてるしギリギリの攻防じゃな。

先手:梶浦四段 後手:藤井四段

藤井四段はと金を作って、細い攻めをうまくつなげたね。
ただ梶浦四段の持ち駒も増えてきて、反撃も気にしないといけない神経をつかう展開じゃ。

先手:梶浦四段 後手:藤井四段

藤井玉についに詰めろかなり怖い形になってきたね。
「8一飛・6二金型」は常に玉が薄く、ギリギリのところでしのいで勝つ展開になりやすいな。

先手:梶浦四段 後手:藤井四段

藤井四段は1三に玉を逃げて、きわどく安全な形を手に入れたね。
中盤で馬を作って上部を安全にしておいたのがここで生きたな。

投了図

先手:梶浦四段 後手:藤井四段

藤井玉が安全な形になって、反撃に出たところで梶浦四段が投了。
ずっと攻防ともに神経をつかう複雑な将棋だったが、藤井四段が一枚上手だったな。
盤面全体で駒がぶつかる全面戦争で難しくて目が回りそうだったよ
改めて藤井四段が角換わりが得意で、終盤の競り合いに強いという印象が残ったな。

ズバリ!はかせの大予想

じゃあはかせ、戦型とか勝敗を予想してよ!
よし!ではわしの大予想じゃ。ちなみに

先手:梶浦四段

後手:藤井四段 じゃぞ。

☆はかせの大予想☆

①戦型

横歩取り
 藤井四段は横歩取りで少し負けが多いうえ、梶浦四段は横歩が得意だよね。
そうじゃな。梶浦四段としては角換わりより横歩がやりたいんじゃないかな。

②終局時刻

23時くらい
順位戦らしい遅い終局だね。
前回の対戦同様、終盤までドキドキの大熱戦になるはずじゃ。

③勝敗

少し藤井四段が有利
  前回は藤井四段が勝ったけど、もう半年以上前のことだよね。
この半年で藤井四段はかなり成長してパワーアップした。梶浦四段にとってなかなか厳しい相手じゃ。 
でも梶浦四段も若手の成長株だし、2連敗は避けたいと闘志を燃やしてるはずだよ。
ただ梶浦四段は今4勝4敗で、昇級にも降級にも関係がない昇級がかかる藤井四段とはモチベーションの差があるじゃろう。
藤井四段は昇級&昇段がかかる大一番だけど、いつも通り自然体で臨んでほしいね。

ネット生中継

AbemaTVニコニコ生放送

スポンサーリンク

フォローする