ついに藤井五段が誕生!C2梶浦四段戦を振り返り

出典:中日新聞社

本日2日1日(木)C級2組順位戦の

藤井聡太四段VS梶浦宏孝四段が行われ、

藤井四段が勝利しました。この結果、藤井四段はC級1組への昇級を決め、五段に昇段しました。

・戦型

相掛かり

・結果

114手で藤井四段の勝ち

・終局時刻

23時5分

・成績

藤井五段9勝0敗

梶浦四段4勝5敗

はかせー!ついに藤井五段が誕生だよ。
本当にいつも期待通りの活躍をするな。
スポンサーリンク

対局を振り返ろう!

本局は梶浦四段が初手▲2六歩から相掛かりに誘導したね。

先手:梶浦四段 後手:藤井四段

梶浦四段が銀をガンガン前進させてきたところで、藤井四段は△7五歩と突き、飛車の横利きで守ったね。
ただこれは一歩をタダで相手に渡す手で、序盤の駆け引きのポイントになったな。

☆昼食☆

藤井四段:カツカレー、生卵

梶浦四段:チキンカツ定食

先手:梶浦四段 後手:藤井四段

梶浦四段が前進させた銀で攻めかかるかと思いきや、その銀を引いてじっくり駒組みする展開に。
さっき藤井四段から一歩タダでもらって駒得したから、焦らずゆっくり戦えば十分と方針転換したようじゃな。

先手:梶浦四段 後手:藤井四段

駒組みが一段落ところで梶浦四段が攻撃。藤井四段は△4一玉と一度3一に行った玉を戻したね。
せっかく囲った玉を戻すのは損に思えるけど、藤井四段は柔軟に最善の形を選んだな。

先手:梶浦四段 後手:藤井四段

駒がぶつかって激しくなってきたところで、藤井四段は取れる銀を取らずに△5五角
とても気づきづらい手じゃが、攻めの主導権を重視する藤井四段らしい手だったな。

☆夕食☆

藤井四段:ざるそば

梶浦四段:にぎり上

先手:梶浦四段 後手:藤井四段

梶浦四段が▲3三歩と攻めてきたところで、藤井四段はなんと放置して△5四香
自陣も攻められるとかなり怖いんじゃが、最短での勝ちを目指したな。

先手:梶浦四段 後手:藤井四段

梶浦四段が再度▲3三歩と打って攻めてきたのに、またしても放置して攻め
藤井四段には恐怖心というものが全く無いのかと思わせる踏み込みじゃ。

投了図

先手:梶浦四段 後手:藤井四段

難解な終盤戦でずっと強気に攻めて押し切ったな。
終盤の入り口で、誰も思いつかないような鋭い手を連発だったね。 
梶浦四段も巧みな序盤で、藤井四段相手に作戦勝ちを収めたな。これからが楽しみじゃ。

はかせの予想は当たったの?

じゃあ、はかせの予想が当たったか答え合わせしよう!

☆はかせの大予想☆

①戦型

横歩取り

×(実際は相掛かり)

梶浦四段は藤井四段に相掛かりをぶつけたね。
この形は梶浦四段がやりたかった想定通りだったようじゃ。実際序盤は少し作戦勝ちになったな。

②終局時刻

23時くらい

(実際は23時5分)

すごいよはかせ!ピッタリ賞だ。
梶浦四段は一分将棋に入った。でも藤井四段は19分残して、少し余裕のあるフィニッシュだったな。

③勝敗

少し藤井四段が有利

大注目の大一番で、いつも以上の怪力を発揮したね。
藤井四段は大事な試合ほど強くなるという印象があるな。まさに生まれながらの大スターじゃ。
そしてついに五段に昇段。これからは藤井五段って間違えないように呼ばないとね。
そうじゃな。そして順調にC級1組に昇級。今から来年度の活躍が楽しみじゃ!

藤井五段の次の対局

2月5日(月)
王将戦一次予選 VS南芳一九段
※ネット生中継
将棋プレミアム

スポンサーリンク

フォローする