明日は藤井VS大橋!リベンジなるか!?

出典:時事通信社

明日1日6日(土)王位戦予選の

藤井聡太四段VS大橋貴洸四段が行われます。

・場所

関西将棋会館

・持ち時間

各4時間

・これまでの対戦成績

藤井四段の2勝1敗

・ネット生放送

AbemaTV

ワン太くん
昨年11月に負けた大橋四段とまた対戦だね。
将棋はかせ
この2人はプロデビューから約1年で4回目の対戦。よく当たるのう。
スポンサーリンク

大橋四段ってどんな棋士?

大橋四段は派手なファッションでも有名。

出典:朝日新聞社

大橋貴洸 四段
(おおはし たかひろ)

生年月日
1992年9月22日(25歳)

出身地   和歌山県新宮市

竜王戦   6組

順位戦   C級2組

タイトル戦 なし

棋戦優勝  なし

(2017年1月5日時点)

大橋四段は藤井四段と同期でプロになったんじゃな。
プロ棋士は原則、半年に2人新しく誕生するんだよね。
そう。でも藤井四段が14歳でプロになったのに対し、大橋四段は24歳でプロ入りしたんじゃな。
同期でもえらい違いだね。
大橋四段は奨励会三段のとき、新人王戦に出場して準優勝したこともある。
奨励会員なのに!かなりの強さだね。

2人の過去の対戦を振り返り!

今回は2人の昨年11月の対局を振り返ろう
本局は横歩取りの3三角型。藤井四段が公式戦で純粋な横歩取りをやるのはこれが2回目なんだよね!

先手:藤井四段 後手:大橋四段

この藤井四段の▲2八飛が前例のない手だったんだね。
たぶん藤井四段用意の作戦じゃろう。

先手:藤井四段 後手:大橋四段

中盤、藤井四段はこの▲6七銀で早くも持ち時間を使い切ったね。一方大橋四段はまだ残り24分
局面自体は藤井四段が少し指しやすそうなんじゃが、この時間差はかなりきつかったな。

先手:藤井四段 後手:大橋四段

大橋四段が左辺から攻めて、藤井四段の飛車が右側に逃げたね
形勢は難解じゃが、藤井四段は1分将棋なのに攻められるだけの展開で、実戦的には厳しいな。

先手:藤井四段 後手:大橋四段

大橋四段がガンガン攻めてくるのを、1分将棋で対応するのはきついね。
実際に中盤以降、藤井四段はあまりいい手が指せなかったな。

先手:藤井四段 後手:大橋四段

最終盤、藤井四段も寄せの形は作ったんじゃが、大橋四段の攻め駒が豊富で

投了図

先手:藤井四段 後手:大橋四段

この局面で藤井四段が投了。大橋四段が好手連発で快勝したね。
決断よくどんどん指して藤井四段を時間的に追い込み、中盤から終盤で一気にリードを奪ったな。素晴らしい戦い方じゃった。
逆に言えば藤井四段は早々に持ち時間を使い切ってしまって、勝負どころで時間切迫に苦しんだね。

ズバリ!はかせの大予想

じゃあはかせ、明日の予想をしてよ!
よし!ではわしの大予想じゃ。

☆はかせの大予想☆

①戦型

角換わり腰掛け銀
戦型予想は角換わり腰掛け銀だね。1度目の対戦の時と同じ
大橋四段はいろんな戦法をやるから予想は難しい。まあたぶん相居飛車だろうけど。

②終局時刻

19時くらい
2人とも持ち時間を使いきるとだいたいこのくらいなんだね。
この2人は同期で、かなりライバル意識を燃やしてるはず。大熱戦になるじゃろう。

③勝敗

わずかに藤井四段が有利
勝敗予想はわずかに藤井四段が有利かなあ。
大橋四段は最初藤井四段に2連敗したけど、3度目の正直で初勝利したんだね。
藤井四段は前回は中盤にうまく指されて形勢を損ねてしまったから、明日はそこに要注意じゃ。
大橋四段も最近とても好調で、どんな将棋を指すか楽しみだね。

ネット生中継

AbemaTV

スポンサーリンク

フォローする