藤井四段が勝利!ダジャレ王・豊川戦を振り返り

出典:読売新聞社

本日12日28日(木)王座戦一次予選の

藤井聡太四段VS豊川孝弘七段が行われ、

藤井四段が勝利しました。

・先後(振り駒で決定)

先手:藤井四段

後手:豊川七段

・戦型

相居飛車の力戦

・終局時間

21時34分

・結果

109手で藤井四段の勝ち

ワン太くん
はかせー!やっぱり藤井四段は強すぎだよ
将棋はかせ
豊川七段も工夫の序盤作戦で面白い将棋だったな。
スポンサーリンク

対局を振り返ろう!

本局は豊川七段が角換わりを避けて相居飛車の力戦になったね。

先手:藤井四段 後手:豊川七段

藤井四段はお互いの陣形が出来上がる前に仕掛けたね。
チャンスと見れば思いきって指す。藤井四段らしい若々しい手じゃ。

先手:藤井四段 後手:豊川七段

豊川七段は上部に銀を二枚並べて、藤井四段の角の利きを封じ込めたね。

豊川七段らしいパワフルで手厚い序盤になったな。

☆昼食☆

豊川七段:ハンバーグ定食(ご飯大盛り)

藤井四段:親子丼と温かいそば

先手:藤井四段 後手:豊川七段

戦いが始まったと思いきや、藤井四段は端をじっと突いたね。

端を突くと終盤に玉の逃げ道になるな。最近の藤井四段はこういうじっと我慢して受ける手を指すようになったな。

☆夕食☆

豊川七段:カツ丼と温かいそば(天かす抜き)

藤井四段:なべ焼きうどん

先手:藤井四段 後手:豊川七段

豊川七段は夕休を挟んで1時間32分の大長考で△3四銀上。
ここが勝負所と見てしっかり時間を使ったな。でも結果的にはもう少し早く指して後に時間を残した方がよかったかもしれん。

先手:藤井四段 後手:豊川七段

豊川七段は飛車を責める△2七銀。
ただここに銀を打つようでは少し辛いこの銀は将来遊ぶ可能性大じゃからな。

先手:藤井四段 後手:豊川七段

飛車角交換をしてから藤井四段は金を中央へ。気持ちのいい進軍だね。
今まで使えてなかった角が使えてきて、藤井四段がペースをつかんだな。

先手:藤井四段 後手:豊川七段

豊川七段も藤井陣に飛車を打ちおろして、寄せを狙いに行ったね。

先手:藤井四段 後手:豊川七段

藤井四段は自陣桂でがっちり受け。豊川七段は攻めの手段が無くなってきたよ。
やはり藤井四段は本局、随所で落ち着いた受けが光ったな。勝ちを焦らない達人の指し方じゃ。

先手:藤井四段 後手:豊川七段

自玉を安全にしたら、藤井四段は手堅く寄せにいったね。 
闘志のファイター、豊川七段もこうなっては諦めるよりなく…

投了図

先手:藤井四段 後手:豊川七段

最初から最後まで全くスキのない将棋で藤井四段が快勝
序盤はかなり早く仕掛けたけど、中終盤では焦らずじっと受けの手も指したね。 
スピードを早めたり遅くしたり緩急自在の充実した勝利じゃ。これは気持ちよく新年を迎えられるはずじゃ。
豊川七段も工夫の序盤作戦で、中盤の駆け引きも難しいワクワクの将棋を見せてくれたね。

はかせの予想は当たったの?

じゃあはかせの予想が当たったか答え合わせしよう!

☆はかせの大予想☆

①戦型

角換わり

×(実際は相居飛車の力戦)

角換わりは大本命の予想だったけど、豊川七段が避けたね。
豊川七段は力戦も好きだし、藤井対策としてこの形を準備してきたようじゃ

②終局時刻

20時くらい

×(実際は21時34分)

はかせ!2017年最後に大ハズレだよ。豊川七段が一方的にあっさり負けるとか言ってたよね!
いやーまあ、豊川七段には謝らんといかんなあ。難解で見ごたえのある序中盤だったな。

勝敗

藤井四段が有利

大方の予想通り藤井四段が快勝したね。
 豊川七段も序盤に変化球を投げて、得意の手厚い力戦に持ち込んだんだが、藤井四段の対応力が上回ったな。
確かに豊川七段ははっきり悪手が無いのに、じりじり形勢が悪化してしまったね。
これが今の藤井四段の強さじゃ。終盤だけでなく序中盤もトップレベル
最近いっそう藤井四段への信頼感とか安心感が出てきてるよね。もうタイトル保持者並みだよ。
長時間の将棋では特にな。でも早指しではミスが出たり崩れたりすることもあるし、それは来年の課題じゃな。
これで藤井四段の今年の対局は終わり。本当に魅力的で楽しい将棋で、みんなを楽しませてくれたね。
うん。年末年始はゆっくり休んで、健康を大事にして来年も大活躍してほしいのう!

スポンサーリンク

フォローする