藤井四段ついにA級の壁破る!朝日杯・屋敷戦の振り返り

出典:朝日新聞社

本日12日15日(金)朝日杯二次予選の午前対局

藤井聡太四段VS屋敷伸之九段が行われ、

藤井四段が勝利しました。

(午後対局では藤井四段は松尾八段と対戦し、勝利しました。その対局は次の記事で振り返ります。)

今日は朝日杯二次予選の午後対局、藤井松尾戦が行われ、藤井四段が勝利しました。はかせとワン太くんがこの一局を振り返ります。(午前の屋敷九段との対局は前の記事で振り返りました)

・先後

先手:屋敷九段

後手:藤井四段

・戦型

矢倉

・終局時間

11時57分

・結果

102手で藤井四段の勝ち

ワン太くん
はかせー!ついに藤井四段がA級棋士の壁を破ったよ。
将棋はかせ
終盤にさすがの詰将棋力を発揮したな。
スポンサーリンク

対局を振り返ろう!

屋敷伸之九段

出典:マイナビ女子オープン中継Blog

※屋敷九段の紹介記事はこちら

注目の一戦は矢倉の力戦形になったね。

力戦…定跡が無く、その場で考えて戦う形

先手:屋敷九段 後手:藤井四段

屋敷九段は得意としている、普通なら守りに使う左の銀を前線にくり出す作戦じゃな。
藤井四段はいつも通り、相手に関係なく自然な陣形だね。
本局はお互いあまり堅く囲わず、すぐに激しい攻め合いになったな。

先手:屋敷九段 後手:藤井四段

中盤、藤井四段は△8八歩とギリギリの利かし。屋敷九段は▲同金と取ったが陣形が乱れたな。
でも無視されて攻められるリスクもあったんだね。

先手:屋敷九段 後手:藤井四段

お互い敵陣に馬と角。いよいよ寄せ合いだね。
藤井陣は8二の飛車が受けに利いてて心強い。一方の屋敷陣はさっきの▲8八歩の効果で玉が薄いな。

先手:屋敷九段 後手:藤井四段

終盤、藤井四段は厳しい攻めを連発だね。
ミス無く的確で流れるような攻めじゃ。

先手:屋敷九段 後手:藤井四段

屋敷九段も必死に反撃を試みたんだけど…
ここから藤井四段が超手数の詰みを鮮やかに決めたな。

先手:屋敷九段 後手:藤井四段

自陣の飛車まで詰みに活用したんだね。

投了図

先手:屋敷九段 後手:藤井四段

藤井四段が真骨頂を発揮して長い詰みを決めたな。A級棋士相手に快勝じゃ。
屋敷九段は積極果敢な序盤作戦を見せたけど、藤井四段にうまく切り返されてしまったね。

はかせの予想は当たったの?

じゃあ、はかせの予想が当たったか答え合わせしよう!

☆はかせの大予想☆

①戦型

角換わり腰掛け銀

×(実際は矢倉)

相居飛車ですべての戦型の可能性があったし、はずれたね。
屋敷九段は自分の代名詞ともいえる左銀を繰り出す作戦を藤井四段にぶつけたな。

②終局時刻

12時くらい

(実際は11時57分)

はかせやったね!大正解だよ。

まあね。でも実はもう20分くらい遅くなるかなとも思っておったんじゃ。本局はわりと直線的な斬り合いで、やや早めの終局になったな。

勝敗

少し屋敷九段が有利

×

藤井四段は公式戦で初めてA級棋士に勝ったね。
内容的にも藤井四段がはっきり上回ったし、もうA級クラスの実力があると証明したな。
終盤も長い詰みをしっかり決めたね。
藤井四段の詰将棋力は、もう完全にプロでもナンバーワンと言って異論は無いじゃろう。
屋敷九段は今回はあまり見せ場を作れなかったけど、次に期待だね。
この対局に勝って、藤井四段は二次予選の午後対局に進んだぞ。

※午後対局の振り返りはこちら

今日は朝日杯二次予選の午後対局、藤井松尾戦が行われ、藤井四段が勝利しました。はかせとワン太くんがこの一局を振り返ります。(午前の屋敷九段との対局は前の記事で振り返りました)

スポンサーリンク

フォローする