藤井四段敗れる!NHK杯稲葉八段戦を振り返り

出典:時事通信社

本日12日10日(日)NHK杯の

藤井聡太四段VS稲葉陽八段が行われ、

稲葉八段が勝利しました。

・戦型

相掛かり

・結果

169手で稲葉八段の勝ち

ワン太くん
はかせー!稲葉八段が貫録を示したよ。
将棋はかせ
藤井四段は惜しくも敗れたけど、終盤はすごい追い上げだったな。
スポンサーリンク

対局を振り返ろう!

稲葉陽八段

出典:毎日新聞社

※稲葉八段の紹介記事はこちら

注目の一戦は相掛かりになったね。

先手:稲葉八段 後手:藤井四段

ちょっと難しい話じゃが、この形は先手は一歩得後手は早く陣形を組めることが主張じゃな。
藤井四段は一歩損したけど、相手より早く攻撃陣を作れるから悪くないんだね。
ただ実際には、早く組んでも優勢につなげるのは難しく構想力が問われるな。

先手:稲葉八段 後手:藤井四段

藤井四段は中住まいに、稲葉八段は美濃囲い風のコンパクトな囲いにしたね。

先手:稲葉八段 後手:藤井四段

藤井四段の重い攻めに、稲葉八段は角桂で軽く迎え撃ったね。
稲葉八段は囲いはコンパクトで堅く柔らかい手でうまく攻めをいなしたな。

先手:稲葉八段 後手:藤井四段

藤井四段は角道をあけて、今まで使えてなかった角に活を入れたね。
ただ8筋の飛車と成銀が重く残っていて、気分の悪い展開じゃ。

先手:稲葉八段 後手:藤井四段

派手に駒を交換しあって、稲葉八段が少し駒得
ただ藤井四段の玉は薄くてスキだらけ。稲葉八段の玉はしっかり堅いな。

先手:稲葉八段 後手:藤井四段

ついに稲葉八段が藤井陣に飛車を打ち込んで、寄せに入ったね。
しかしここから藤井四段が猛烈な粘りに見せたな。

先手:稲葉八段 後手:藤井四段

藤井四段がめちゃくちゃ堅くなったね。
自陣をしっかり堅めて、チャンスをじっと待つ逆転術じゃな。

先手:稲葉八段 後手:藤井四段

そしてついに藤井四段にも反撃のチャンスが回ってきた!
ここまでうまく粘って、最後に見せ場を作ったな。

先手:稲葉八段 後手:藤井四段

藤井四段は稲葉玉をぎりぎりまで追い詰めたね。すごい追い上げだ
しかし藤井四段の怒涛の反撃もここまで。すべてを出し尽くしたんじゃが…

投了図

先手:稲葉八段 後手:藤井四段

稲葉八段が中盤でリードして、最後もぎりぎり藤井四段の追い上げを振り切ったな。
でもやっぱり藤井四段は終盤にすばらしい粘りを見せてくれたね。
確かに終盤は底力を見せてくれたな。でも序中盤は完全に稲葉八段が上回っていて、まだ実力の差を感じたな。

はかせの予想は当たったの?

じゃあ、はかせの予想が当たったか答え合わせしよう!

☆はかせの大予想☆

①戦型

角換わり腰掛け銀

×(実際は相掛かり)

藤井四段は角換わりを選ぶこともできたけど、稲葉八段の相掛かりを受けて立ったね。
藤井四段は特定の戦法を避けたりすることは無いな。研究時間がなかなか取れないのに大したもんじゃ。

勝敗

稲葉八段が有利

やっぱりA級棋士の壁は厚かったね。
大局観とか構想力で稲葉八段が上回ったな。
中盤で形勢を損ねてしまったもんね。
藤井四段はトップ棋士に比べて、まだ総合力で劣ると言わざるを得ないな。
でも藤井四段の並外れた終盤力も観られて楽しかったよ。 

次の藤井四段の対局

12月15日(金)

朝日杯 VS屋敷九段

※ネット生中継

AbemaTV中継

スポンサーリンク

フォローする