藤井四段が勝利!C2高野戦を振り返り!

出典:時事通信社

本日12日7日(木)C級2組順位戦の

藤井聡太四段VS高野智史四段が行われ、

藤井四段が勝利しました。

・戦型

相居飛車の力戦形

・結果

145手で藤井四段の勝ち

・終局時刻

23時48分

・順位戦成績

藤井四段:7勝0敗

高野四段:5勝2敗

ワン太くん
はかせー!大熱戦を藤井四段が制したよ。
将棋はかせ
じりじりした難しい中盤戦できっちり辛抱強く指したな。
スポンサーリンク

対局を振り返ろう!

本局は相居飛車の力戦形になったな。

※力戦…定跡がなく、その場で考えて指す形。

出だしで高野四段は角換わりを拒否したんだね。

先手:藤井四段 後手:高野四段

この角換わり拒否の△4四歩は最近流行してて、雁木系の力戦になることが多いようじゃ。
藤井四段得意の角換わりを避けて、力戦の腕比べに持ち込んだね。

先手:藤井四段 後手:高野四段

後手の高野四段は上部に厚い形に組んだね。受け将棋の高野四段らしいな。

藤井四段は攻撃的な右四間飛車で、急戦調の構え。ここから戦いが始まると思いきや…

☆対局者の昼食☆

藤井四段:カツ丼(上)

高野四段:チキンカツ定食

先手:藤井四段 後手:高野四段

まだまだじっくりした駒組みが続いたね。
お互い暴発しないように辛抱する序盤だったな。

先手:藤井四段 後手:高野四段

54手目にしてついに駒がぶつかったね。

しかしまだ本格的な戦いが始まらず、駒組み再開したな。

☆対局者の夕食☆

藤井四段:鍋焼きうどん

高野四段:注文無し

高野四段は何も食べなかったの?
順位戦は長い夜戦になるから何か食べたと思うぞ。自分で持参してたか、誰かに頼んでコンビニとかで買ってきてもらったんじゃないかな。

先手:藤井四段 後手:高野四段

75手目まで進んだのにまだ戦いが始まらなかったね。本当にじりじりしたにらみ合いだ。
しかしついに藤井四段が端から開戦して、戦いが始まった

先手:藤井四段 後手:高野四段

この後、難解な駆け引きで藤井四段がうまく指してリードを掴んだな。
藤井四段が37分残してる状態で高野四段は1分将棋に
時間切迫で藤井四段の指しまわしに対応しきれず、差は拡大していったな。

先手:藤井四段 後手:高野四段

終盤、時間が無いなか藤井四段はブーストがかかったように一気に突き放したね。

先手:藤井四段 後手:高野四段

▲9七桂。超いい手だったな。自陣が攻められてるのに敵の攻め駒を責めるという気付きづらい好手じゃ。
藤井四段は一分将棋に入っても正確に寄せていったね。

先手:藤井四段 後手:高野四段

そして本局のもう1つの名手、▲5九角。1分将棋でこの手が出るとは藤井四段は神がかってたな。
ずっと使えてなかった角が最後の最後でアクロバティックに働いたんだね。

投了図

先手:藤井四段 後手:高野四段

序中盤の辛抱から、終盤は一気に決める。藤井四段の快勝だね。
 超スローペースの序中盤はきちんと我慢して、終盤で一気にギアチェンジして相手を置き去りにする完璧な強さだったな。
▲9七桂や▲5九角など、短時間のなか神がかり的な手を放ったね。
改めて藤井四段の恐ろしさを感じさせられたな。終盤が強すぎる
高野四段もじっと落ち着いた好手が多かったね。
うん。高野四段も素晴らしい指しまわしじゃった。拍手を送りたい。

はかせの予想は当たったの?

じゃあ、はかせの予想が当たったか答え合わせしよう!

☆はかせの大予想☆

①戦型

矢倉

×(実際は相居飛車の力戦)

戦型予想は外れたね。
最近は角換わり拒否からの雁木系の力戦が流行っておるな。この形は要チェックじゃ。

②終局時刻

23時くらい

(実際は23時48分)

一応23時台だったね。
序中盤すごいゆっくりだったから、日付越えるかと思ったよ。でも終盤はジェットコースターみたいに一気に終わったな。

③勝敗

わずかに藤井四段が有利

いやー本局の藤井四段は本当に強かったな。感動した。
中学生らしからぬ落ち着いた序中盤と、最高レベルの終盤力を見せてくれたね。
今回改めて思ったけど、藤井四段は結構持ち時間が長い将棋が得意のようじゃな。
逆に短時間の将棋は不甲斐ない内容で終わることもあるよね。だんだん藤井四段の特徴がつかめてきたよ。

次の藤井四段の対局

12月10日(日) 午前10時半から

NHK杯 VS稲葉八段

※収録済み対局の放映です。

スポンサーリンク

フォローする