藤井四段敗れる!棋聖戦予選

出典:時事通信社

本日11日29日(水)棋聖戦一次予選の

藤井聡太四段VS大橋貴洸四段が行われ、

大橋四段が勝利しました。

・戦型

横歩取り3三角型

・先後

先手:藤井四段

後手:大橋四段

・結果

100手で大橋四段の勝ち

・終局時刻

12時25分

はかせー!大橋四段が藤井四段を破ったよ。
3度目の対戦でついに藤井四段を倒したな。
スポンサーリンク

対局を振り返ろう!

本局は横歩取りの3三角型になったな。
藤井四段が公式戦で純粋な横歩取りをやるのはこれが2回目なんだよね!

先手:藤井四段 後手:大橋四段

この藤井四段の▲2八飛が前例のない手だったんだね。
たぶん藤井四段用意の作戦じゃろう。

先手:藤井四段 後手:大橋四段

中盤、藤井四段はこの▲6七銀で早くも持ち時間を使い切ったね。一方大橋四段はまだ残り24分
局面自体は藤井四段が少し指しやすそうなんじゃが、この時間差はかなりきつかったな。

先手:藤井四段 後手:大橋四段

大橋四段が左辺から攻めて、藤井四段の飛車が右側に逃げたね
形勢は難解じゃが、藤井四段は1分将棋なのに攻められるだけの展開で、実戦的には厳しいな。

先手:藤井四段 後手:大橋四段

大橋四段がガンガン攻めてくるのを、1分将棋で対応するのはきついね。
実際に中盤以降、藤井四段はあまりいい手が指せなかったな。

先手:藤井四段 後手:大橋四段

最終盤、藤井四段も寄せの形は作ったんじゃが、大橋四段の攻め駒が豊富で

投了図

先手:藤井四段 後手:大橋四段

この局面で藤井四段が投了。大橋四段が好手連発で快勝したね。
決断よくどんどん指して藤井四段を時間的に追い込み、中盤から終盤で一気にリードを奪ったな。素晴らしい戦い方じゃった。
逆に言えば藤井四段は早々に持ち時間を使い切ってしまって、勝負どころで時間切迫に苦しんだね。
そこは反省点じゃな。もうひとつの懸念は横歩取りで2連敗したことじゃ。
藤井四段は今まで公式戦で2回横歩取りをやって、2回とも負けたんだよね。
もちろんまだ2回だから判断できないけど、藤井四段は横歩取りが苦手という印象はついたな。

はかせの予想は当たったの?

じゃあ、はかせの予想が当たったか答え合わせしよう!

☆はかせの大予想☆

①戦型

角換わり腰掛け銀

×

戦型予想は外れたね。今まで藤井四段は横歩取りを1回しかやったことが無かったもんね。
藤井四段は横歩取りで2回負けたわけだが、これから横歩取りをそれでもやるか、控えるか注目じゃな。

②終局時刻

12時15分くらい

(実際は12時25分)

かなりいい線行ってるね。
まあ持ち時間1時間だったし、予想は簡単じゃな。

③勝敗

わずかに藤井四段が有利

×

時間をあまり使わずどんどん指して、しかも好手が多かった大橋四段を称えるべきじゃな。
藤井四段はあまりいい手が出ず、見せ場も作れなかったね。次の対局では頑張ってほしいな!

次の藤井四段の対局

12月7日(木)

C級2組順位戦 VS高野四段

※ネット生放送

(11月29日時点の予定)

AbemaTV

スポンサーリンク

フォローする