「駒が成る」とは?

前回のページ

将棋の8種類の駒の動きを総復習しましょう。
将棋はかせ
前回のページでは8つの駒の動きを復習したぞ。

今回のページでは、「駒が成る」について勉強しよう!

スポンサーリンク

駒が裏返ってパワーアップ!

「駒が成る」とはざっくり言うと、

駒が裏返って、パワーアップすることじゃ。

ワン太くん
昇格するとか進化するイメージだよね。
そう。玉と金以外の駒が成ることができるぞ。
どういう時に駒が成るんだっけ?
うむ、それじゃあ駒が成る2つのパターンを見てみよう。

①敵陣に入ったとき

まず1つ目。駒は敵の陣地に入ると成れるぞ。

将棋には自陣と敵陣があるんだったね
ワン太くん、ちゃんと覚えておったな。

駒どんどん進んで、ついに敵陣に入ると昇格できるんじゃな。

上の図が、駒が敵陣に侵入して成る例じゃ。

侵入成功すると楽しそうだね!

②敵陣内に打った駒が動いたとき

もう1つのパターンは敵陣に駒を打って、その駒が動いたときじゃ。

下の図がその例じゃ。

敵陣の中にも駒を打つことができるんだね。
そう。そして上の図の角のように、敵陣に打った駒は外に出ていく動きでも成ることができる
そういうパターンもあるんだ。

「成らない」選択もできる!

駒が成れるときでも、成らない選択をしてもいいんじゃ。
そうなんだ。でも成ればパワーアップできるし、絶対成った方がいいでしょ。
それがそうとも限らんのじゃ。下の例を見てみよう。

桂馬が敵陣に入れそうだね。
そうじゃな。では、この局面でワン太くんはどう進める?
桂馬を跳ねて、成桂にしたいな!成桂の方が強そうだもん。
じゃあ桂が成る場合と成らない場合を比較してみよう

あれ、成らないと次に飛車か角が取れそうだ
逆に成ってしまうと次に何も取れそうにないな。
そっか!わざと成らない方がいい時もあるんだね!
その通り。桂、香車、銀はあえて成らない方がいい場合があるんじゃ。その駒のもともとの動きのままにしておきたい時じゃな。
じゃあ歩、飛車、角はいつでもなった方がいいんだね。
ちなみにいったん成らなかったとしても、またその駒を敵陣内で動かせば成ることができるぞ。
いったん成るのを保留して、後から成ってもいいんだね。

成った駒を元に戻すことはできない

じゃあはかせ、一度成った駒を普通に戻すことはできるの?
それはできないんじゃ。

ただし成駒を取って駒台に置いたら、その駒は元に戻るぞ。

まとめ

駒が成れるのは

①敵陣に入ったとき

②敵陣に打った駒が動いたとき

この2つじゃ。

あえて成らない方がいい時もあるんだね。知らなかったよ。

次のページでは、「詰み」について勉強するぞ。
スポンサーリンク

フォローする