金ってどんな駒?

前回のページ

攻めにも守りにも活躍する万能な駒、銀の特徴や動きについて解説しています。

将棋はかせ
前回のページでは攻守に万能な銀について解説したぞ。

今回のページでは、金について勉強していこう!

スポンサーリンク

鉄壁の守り!でも裏の顔は暗殺者!?

金将(きんしょう)は(きん)と呼ぶことのほうが多いな。

主に守りに働く、王のボディーガードじゃ。

ワン太くん
守りだけが仕事なの?
いいや。実は攻めに活躍することもある。

将棋の最後、相手の王を詰ますときに使われることも多いんじゃ。

へえ。普段は王のボディーガードだけど、最後には相手にとどめを刺す仕事をするんだ。かっこいい。

金の動き方


金は前3つ真横真後ろに動けるぞ。

銀と違って斜め後ろはダメなんだね。
そうじゃな。金と銀はそれぞれ補完しあうような動きじゃ。

(参考)銀の動き。

ほんとだ。金と銀はお互い補い合う感じだね。
実際に金と銀を使って囲いを作ることが多いんじゃ。

さて、恒例の問題じゃ。下の図には4つ金がある。それぞれどこに進めるかな?考えてみよう。

今回も駒が多くてややこしいなあ。
ワン太くん、君なら絶対できる!あきらめるな。
ええっと、斜め後ろ以外に動けるから…
それでは正解発表じゃ。

正解図

4つの金はそれぞれ、赤いマスに進めるぞ。

斜め後ろに進めないことに要注意じゃ。

もちろん自分の駒がいるところにも進めないよね。

金は成らない

はかせ、金が成るとどうなるの?

「駒を成る」について詳しくはこちら

金は成らない駒なのじゃ。
えっ!ほんとだ。金の裏には何も書いてないよ。
そもそも歩、香、桂、銀が成ると、金の動きに変わるじゃろ。金の動きが基準という感じじゃな。

(参考)と金、成銀、成桂、成香の動き。金の動きと同じだね。

他の駒は金にパワーアップしたくて成るんだね。金はみんなの憧れなんだ。
そういうことじゃ。ワン太くん、100点!

まとめ

将棋には「金はトドメに残せ」という格言がある。金は守りに使うことだけじゃなくて、攻めに使うのも重要じゃ。
わかった。金を持ち駒にしたら、最後までとっておくようにするよ。

次のページでは、角の動きについて勉強するぞ。

次のページ

遠くから虎視眈々と狙うスナイパー、角の動きや特徴について解説しています。
スポンサーリンク

フォローする