桂馬ってどんな駒?

前回のページ

まっすぐどこまでも進む駒、香車の動きや特徴について解説しています。

将棋はかせ
前回のページではまっすぐ一直線の駒、香車について解説したぞ。

今回のページでは、桂馬について勉強していこう!

スポンサーリンク

ピョンピョン跳ねる!敵とび越えるお馬さん

桂馬は端から2番目。香車の横だね。

馬(けいま)は(けい)と呼ぶこともある。

ピョンピョン跳んで相手を惑わす駒じゃ。

ワン太くん
なんだかおもしろい。でも難しくないの?
確かに跳んではねて楽しいけど、扱いはちょいと難しいな。
藤井四段は桂使いがうまいって聞いたことあるな。
そうじゃな。藤井四段は本当に桂馬をうまく使いこなすのう。

桂馬を上手に使う手は結構盲点になりやすくて相手の意表を突くこともできるぞ。

桂馬の動き方


桂馬は上の図のように、ユニークな動きをするのじゃ。

確かにピョンと跳ぶ感じだね。

しかも上の図のように、行きたいところとの間に駒があっても進める
すごーい。たのしー。
それでは問題じゃ!

下の図には4つ桂馬がある。それぞれどこに進めるかな?考えてみよう。

うーん。桂馬はとってもややこしいな。間に駒があっても跳び越られる、と。
じっくり考えてな。

さて、正解発表じゃ。

正解図

4つの桂馬はそれぞれ、青い矢印のように進めるぞ。
自分の駒がすでにいるところには行けないんだったね。
そう。間違えた人はもう一度考えてみよう。

桂馬が成ると「成桂」に

桂馬は相手の陣地に入って、成ると成桂(なりけい)になるぞ。
駒が相手の陣地に入ると、裏返ってパワーアップする」それが「成る」だよね。

「駒を成る」について詳しくはこちら

成桂の動きは「と金」や「成香」、「金将」と同じじゃ。

成桂

成桂って見た目が成香に似てるなあ。

(参考)これが成香。香車は駒の形が細長いね。

そうなのじゃ。成香、成桂、成銀などは見た目がややこしい

慣れるまではちょっと大変じゃが、すぐ慣れるじゃろ。

分かった。どんどん将棋を指して、早く駒に慣れたいな。

まとめ

桂馬は楽しい駒だから、初心者はすぐに跳ねてしまいがちじゃ。でも香車と同じように一度進んだら後ろには戻れないから、慎重に動かさないかんぞ
僕も藤井四段みたいにかっこよく桂馬を使えるようになりたい!

次のページでは、銀の動きについて勉強するぞ。

次のページ

攻めにも守りにも活躍する万能な駒、銀の特徴や動きについて解説しています。
スポンサーリンク

フォローする