角ってどんな駒?

前回のページ

守備力抜群のボディーガード、金の動きや特徴について解説しています。

将棋はかせ
前回のページでは王のボディーガード、金について解説したぞ。

今回のページでは、角について勉強していこう!

スポンサーリンク

狙った獲物は逃さない!凄腕スナイパー

角は盤面の左側。右側が飛車だね。

角行(かくぎょう)は角(かく)と呼ぶのがほとんどじゃ。

遠くの駒も取れるスナイパーじゃ。

ワン太くん
クールだね。角は駒が大きいね。
ワン太くん、よく気づいたな。犬にしてはよい注意力じゃ。

角と飛車は大駒(おおごま)と言って、破壊力のある攻めの主役じゃ。

大事な駒なんだ。

そうじゃのう、大駒は大切にな。角の動きもユニークだから、いろんな攻めがくり出せるぞ。

守りはどうなの?
実は守りは結構苦手なんじゃ。

角の動き方

うわあ、ダイナミック!

そのとおり。角は斜めにどこまでも行けるぞ。
駒をとび越えて進むことはできないんだね。
駒をとび越えられるのは桂馬だけじゃな。

それに角は正面には進めないからそれも要注意じゃな。

でも本当に遠くまで一気に行けるね。

さて、いつも通り問題じゃ。下の図には2つ角がある。それぞれどこまで進めるかな?考えてみよう。

盤面を広く見ないといけないね。
角の動きは難しいけど、指でなぞりながらやってみるといいぞ。
はかせ、僕には指がないよ。
それでは正解発表じゃ。

正解図

2つの角はそれぞれ、色のついたマスに進めるぞ。

正面や真横には進めないことに要注意じゃ。

複雑だなあ。
角の動きは指でなぞって確かめるといいぞ。
だから僕には指がないって!

角が成ると「竜馬」に

角は相手の陣地に入って、成ると竜馬(りゅうま)になるぞ。

ただしほとんど竜馬とは呼ばず、みんな馬(うま)と呼ぶな。

「駒を成る」について詳しくはこちら

桂馬とは別なんだね。
桂馬は、「けいま」とか「けい」、竜馬は「うま」と呼ぶことが多いぞ。

馬は角のもともとの動きに加えて、前後と左右にも動けるようになる
動けるところがすごく多いよ!

角は守備が苦手と言ったが、馬になるとむしろ守備力最強になるんじゃ。

馬の守りは金銀3枚」という格言もあるくらいじゃ

金と銀3枚で守るのと同じくらい守備力があるんだね。

まとめ

角は遠くから一気に動いて気持ちいいけど、それは相手の角も同じじゃ。

うっかり存在を忘れて、やられないように気を付けてな

まさに物陰から狙うスナイパーだね。怖いなあ。

次のページでは、飛車の動きについて勉強するぞ。

次のページ

攻撃の主役、飛車の動きや特徴について解説しています。
スポンサーリンク

フォローする