将棋にはどんな反則があるの?

前回のページ

将棋の最後の仕上げ、詰みとはどんなものか解説しています。
将棋はかせ
前回のページでは、「詰み」について勉強したぞ。

今回のページでは「将棋の反則」について勉強しよう!

スポンサーリンク

二歩

将棋の反則で一番多いのが二歩(にふ)じゃ。自分の歩がある筋(縦の列)にもう一枚歩を打ってはダメというルールじゃ

1つの筋に自分の歩は1枚だけ。と金は関係ないよ。

一列に歩は1つだけってことだね。と金がいる筋に歩を打つのはどうなの?
と金なら関係ないぞ。上の図で言えば、赤い枠の方は二歩で反則青い枠の方は問題なしじゃ。
わかった。ところで縦の列を筋って言うの?
そう。縦の列は筋(すじ)横の列は段(だん)というぞ。

打ち歩詰め

相手玉を詰ますときに、最後に歩を打って詰ますのを打ち歩詰めという。これも反則じゃ。

例えば上の図だと、玉の前に持ち駒の歩を打てば詰むが、それは打ち歩詰めの反則になってしまうんじゃ。
打ち歩詰めかあ。ちゃんと覚えよう。
盤上にもともとある歩を突いて詰ますのは問題ないぞ。これは突き歩詰めと言う。

例えば下の図のような時じゃ。

歩を前に突けば、玉が詰むね。こういう時は大丈夫なんだ!
ちなみに打ち歩詰めというのは、最後の最後の一手で歩を打って詰ますことじゃ。詰み手順の途中で歩を打って王手するのは問題ないぞ。

その他の反則

①連続王手の千日手
王手を連続でかけ続けて千日手になったら、王手をかけた側の反則じゃ。

これはちょっと難しいから、別の機会に詳しく解説しよう。

②王手を放置する。玉を自分から王手のかかるところに動かす。
うっかり王手がかかっているのを忘れてしまったり、相手の駒が利いているところに玉を動かしてしまったりすることがあるから要注意じゃ。
うん。気を付ける。
③これ以上進めないところに駒を打つ。

上の図のように、駒を打ってもこれ以上は進めないところに打ってはダメじゃ。
当然だね。
④動けないところに駒を動かす。
駒にはそれぞれ決まった動きがある。動けないところに動かしてはダメじゃ。
当たり前だね。
⑤二手指しする。
二回連続で動かしてはダメじゃ。順番は守ろう。
そんなことする人いないよ。
⑥「待った」する。
「あっ!待った!やり直す」

ミスは潔く認めよう。

そんなの犬でもしないよ。

まとめ

特に二歩はうっかりやりやすいから本当に気を付けてな。プロでもやってしまうことがあるくらいじゃ。

歩を打つ前には必ず確認するよ。
いい心がけじゃ。打ち歩詰めも知っていないと実戦で困るからきちんと覚えておこう。

次のページでは、千日手について勉強するぞ。
スポンサーリンク

フォローする