銀ってどんな駒?

前回のページ

ぴょんぴょんトリッキー、桂馬の動きや特徴について解説しています。

将棋はかせ
前回のページではピョンピョン跳ねる桂馬について解説したぞ。

今回のページでは、銀について勉強していこう!

スポンサーリンク

攻めに守りに大活躍の万能戦士

銀将(ぎんしょう)は(ぎん)と呼ぶことのほうが多いな。

攻めにも守りにも使える万能の駒じゃ。

ワン太くん
でも金メダルと銀メダルとかみたいに、金将よりは劣るんじゃないの?
そんなことは無いぞ。わしは金と銀ははっきり優劣があるとは思わん。

ただし金はやや守備的銀はやや攻撃的な駒とは言えるじゃろう。

羽生さんも銀が好きらしいよ。

確かに羽生さんは銀の好手をくりだすことが多いのう。銀は攻めにも守りにも使えるから、使う人の個性が現れやすいな。

銀でとにかく攻めまくる人とか、逆にガッチガチに守る人とかいろいろなんだね。

銀の動き方


銀は前3つ斜め後ろ2つに動けるぞ。

真横と真後ろはダメなんだね。
歩、桂馬、香車と違って、後ろにも下がれるんじゃ。
わあい。間違えても戻れるね。
うむ。みんなたくさん間違えて強くなるんじゃ。ワン太くんも間違えたってええんやで。

さて、恒例の問題じゃ。下の図には4つ銀がある。それぞれどこに進めるかな?考えてみよう。

はかせー、駒が多すぎるよ。
確かに難問じゃ。でもこれくらいでめげたら犬として恥じゃぞ。
犬のプライドにかけて絶対正解するぞ!

正解図

4つの銀はそれぞれ、赤いマスに進めるぞ。

真横と真後ろに進めないことに要注意じゃ。

ややこしいなあ。もう一回考えてみよう。
銀の動きは難しいけど、そのうち絶対に覚えるから大丈夫。

銀が成ると「成銀」に

銀は相手の陣地に入って、成ると成銀(なりぎん)になるぞ。
駒が相手の陣地に入ると、裏返ってパワーアップする」それが「成る」だよね。

「駒を成る」について詳しくはこちら

成銀の動きも「と金」「成香」「成桂」、そして「金将」と同じじゃ。

成銀

成銀も見た目が成香と成桂と似てるなあ。

(参考)これが成香。香車は駒の形が細長いね。

(参考)こっちが成桂。

まあそのうち見分けがつくようになるから心配いらんぞ。
犬の視力でも見分けられるかな~。

まとめ

「ひふみん」こと加藤一二三九段の得意戦法は、銀を駆使する「棒銀」じゃな。銀を使って攻めるのは破壊力抜群じゃ。ぜひ試してな。
はかせって、ひふみんに似てるよね。

次のページでは、金の動きについて勉強するぞ。

次のページ

守備力抜群のボディーガード、金の動きや特徴について解説しています。
スポンサーリンク

フォローする