歩ってどんな駒?

前回のページ

将棋の基本「駒を動かす・取る・打つ」について分かりやすく解説しています。

将棋はかせ
前回のページでは「駒を動かす・取る・打つ」について解説したぞ。

今回のページでは、歩について勉強していこう!

スポンサーリンク

「将棋は歩から」

歩は陣形の最前線だ。

ワン太くん
はかせ、歩って一番弱い駒なんだよね?
うむ、たしかに歩は弱い駒じゃ。でも将棋界には

将棋は歩から」という言葉もあるんじゃ。

どういうこと?
将棋の一番の基本は歩だということじゃ。歩の使い方を見ればその人の強さが分かるとわしは思っとる。
単純そうで奥深い駒なんだね。
まさしくその通り。歩を使いこなせるようになれば一気に上級者の仲間入りじゃ。

歩の動き方


歩の動きは前回やったとおり、「前に1つだけ」じゃ。

かんたんかんたん!

もう完璧だよ。

おっ、ワン太くん自信満々じゃのう。

それならクイズじゃ。下の図には6枚の歩がある。そのうち前に進めるのはいくつかな?

たくさん駒があって難しいなあ。う~ん、4つかな。
正解じゃ!ワン太くんお見事。

正解図

やったあ当たった!

進みたい先に自分の駒がすでにいたら、そこには動けないんだよね。

そう。それを覚えておるかが、このクイズを正解するカギじゃ。

歩が成ると「と金」に

駒は相手の陣地に入ると、

成る」といって駒を裏返してパワーアップできるのじゃ。

「駒を成る」について詳しくはこちら

歩がパワーアップするの?すごい!
歩が成ると駒を裏返して、と金(ときん)になるぞ。


と金になると動けるところがすごく増えるんだね。

ちなみにと金の動きは金将と同じじゃ。

まとめ

歩は一番価値が低い駒で、動きは単純じゃ。でも実は攻守にわたって大活躍してくれる駒じゃ。けっして軽視してはいかんぞ。
分かった。僕も歩みたいに一歩一歩ちょっとずつでも将棋が強くなりたいな。

次のページでは、香車の動きについて勉強するぞ。

次のページ
まっすぐどこまでも進む駒、香車の動きや特徴について解説しています。
スポンサーリンク

フォローする