久保王将が冷静に寄せ切る!王将戦第3局の振り返り

出典:王将戦中継ブログ

本日2日4日(日)

第67期王将戦の第3局2日目が行われ、久保王将が勝利しました。

・場所

栃木県大田原市

「ホテル花月」

 ・戦型

相振り飛車

・結果

97手で久保王将の勝ち

・終局時刻

16時45分

久保王将が冷静に寄せ切ったね。
ずっと怖い形だったけど、さすがの終盤力できっちり着地したな。
スポンサーリンク

第3局の振り返り

出典:王将戦中継ブログ

第3局は豊島八段が振り飛車を選んで、相振り飛車になったね。

先手:久保王将 後手:豊島八段

お互い端を突き合う不思議な出だしだね。
先手の久保王将は、豊島八段が居飛車で来るのか振り飛車で来るのか様子を見たんじゃな。

先手:久保王将 後手:豊島八段

久保王将は▲9七角。こんな序盤に角を端にやって、なんだか初心者みたいな手に見えるよ。

確かにこれも珍しい手。角のにらみで後手の駒組みをけん制する狙いじゃな。

☆1日目午前のおやつ☆

(詳細は王将戦中継ブログ)

久保王将:とちおとめの練乳がけ、アイスコーヒー

豊島八段:とちおとめの練乳がけ

先手:久保王将 後手:豊島八段

両者とも囲いは金無双(きんむそう)に組んだね。
金無双は相振り飛車で多い囲い。短手数で組めてそこそこ堅いのが特徴じゃな。

☆1日目の昼食☆

(詳細は王将戦中継ブログ)

両者:とちぎ黒毛和牛A5カットステーキ重

先手:久保王将 後手:豊島八段

1日目の昼過ぎなのに豊島八段がさっさと仕掛けたね。
相変わらず短い考慮時間なのに思い切りよく開戦したな。

☆1日目午後のおやつ☆

(詳細は王将戦中継ブログ)

久保王将:ショコラメール、ホットコーヒー

豊島八段:洋梨と紅茶のタルト

先手:久保王将 後手:豊島八段

豊島八段は角を切って猛攻後戻りできない大決戦になったね。
少し無理攻めっぽいけど、豊島八段は淡々と進めていったな。

先手:久保王将 後手:豊島八段

豊島八段は久保陣に飛車を成りこむことに成功したね。角損で駒損が大きいけど。
確かに大きな駒損で久保王将が少し優勢。ただ久保玉も危なっかしい形で、実戦的には大変じゃ。

封じ手局面

先手:久保王将 後手:豊島八段

 久保王将が▲6五桂と反撃ののろしを上げたところで、豊島八段の封じ手に
ここからは久保王将が薄い玉でうまくしのぎつつ豊島玉をどう寄せるかが争点じゃ。

封じ手 △4四銀

先手:久保王将 後手:豊島八段

封じ手は大本命の△4四銀。取られそうな銀を逃げつつ、久保玉の寄せに利かせるつもりだね。

☆2日目午前のおやつ☆

(詳細は王将戦中継ブログ)

久保王将:とちおとめの練乳がけ、ホットコーヒー

豊島八段:フルーツ盛り合わせ

先手:久保王将 後手:豊島八段

久保王将は好所に角を置いてから4四の銀を攻めたね。

そしてここから豊島八段が歴史的に残る大長考に沈んだな。

☆2日目の昼食☆

(詳細は王将戦中継ブログ)

両者:特製ビーフカレー

先手:久保王将 後手:豊島八段

昼休を挟む3時間11分の大大長考で△4二桂。好位置の角を責めつつ、久保玉の上部を押さえたね。
ただこの長考は勝ちを探すというより苦しさを自覚するだけの時間だったようじゃな。

☆2日目午後のおやつ☆

(詳細は王将戦中継ブログ)

久保王将:ショートケーキ、ホットコーヒー

豊島八段:とちおとめのフレッシュジュース

先手:久保王将 後手:豊島八段

豊島八段も何とか久保玉に迫って、打ち歩詰めの形にまで追い込んだね。
久保玉もかなり怖い形だけど、もちろんすべて想定内。冷静に見れば久保優勢じゃな。

先手:久保王将 後手:豊島八段

久保王将は玉の安全を確保してから、いよいよ仕上げに取り掛かったね。
久保玉は中段玉で寄らない形。あとはシンプルに豊島玉を攻めればいいな。

先手:久保王将 後手:豊島八段

絶望的な豊島八段は竜を引いて最後まで粘ったけど…

投了図

先手:久保王将 後手:豊島八段

豊島八段の無理攻めにうまく対応して、最後まで冷静にしのぎ切って久保王将が快勝だね。 
久保王将はずっと怖い玉形だったけど、安定の終盤力で逃げ切ったな。 
豊島八段は大きな駒損と引き換えに、竜を作って久保玉を危険な形にする構想だったね。実戦的には大変そうに見えたけどなあ。
結果的にはこの大局観がまずかったようじゃな。

次の第4局の予定

・日程

2月19・20日(月・火)

・場所

兵庫県尼崎市

都ホテルニューアルカイック

・先後

先手:豊島八段

後手:久保王将

はかせの予想は当たったの?

じゃあ、はかせの予想が当たったか答え合わせしよう!

☆はかせの大予想☆

①戦型

三間飛車

×(実際は相振り飛車)

豊島八段は第1局に引き続いて相振り飛車を採用したね。
このシリーズでは豊島八段は結構相振り飛車がやりたいようじゃな。今後も出てくる可能性大じゃ。

②封じ手

4四銀

封じ手は本命の一手だったね。
ただやっぱり1日目の時点で久保王将がリードしてて、豊島八段も頑張ったけどどうしようもなかったな。

③終局時刻

17時くらい

(実際は16時45分)

本局も予想通り早い終局。でも今回は久保王将が1時間21分も時間を残したね。
豊島八段は敗れたものの、苦しそうな大長考は印象に残ったな。 

④勝敗

少し久保王将が有利

久保王将の中終盤はやっぱりかなり安定してるね。
うん。豊島八段は怪しい粘りで並みの棋士なら逆転されてもおかしくなかったな。
豊島八段は珍しく構想とか大局観がまずかったみたいだね。
まあ長い棋士人生、こういう時もあるよ。
王将戦に加えて名人挑戦権も争ってるし、ますますこの2人の戦いから目が離せないね。

※A級順位戦では両者6勝3敗で首位(2月4日時点)

次の第4局の予定

・日程

2月19・20日(月・火)

・場所

兵庫県尼崎市

都ホテルニューアルカイック

・先後

先手:豊島八段

後手:久保王将

スポンサーリンク

フォローする