佐藤名人が大激戦を制して防衛!名人戦第6局の振り返り

出典:朝日新聞社

本日6日20日(水)

第76期名人戦の第6局2日目が行われ、佐藤名人が勝利し、

4勝2敗名人位を防衛しました。

・場所

山形県天童市

「天童ホテル」

 ・戦型

相掛かり系の力戦

・結果

145手で佐藤名人の勝ち

・終局時刻

21時40分

佐藤名人が大変な終盤戦なんとか競り勝ったよ!
佐藤名人はこれで名人3連覇。素晴らしい戦いぶりだったな。
スポンサーリンク

第6局の振り返り

佐藤名人の3勝2敗で迎えた第6局。後手の羽生竜王の2手目は…

先手:佐藤名人 後手:羽生竜王

なんと△6二銀!普通は飛車先か角道を開ける歩を突くよね。
羽生竜王は最近、横歩や角換わりの最新形でうまく行ってなかったから、大胆に力戦を志向したな。

先手:佐藤名人 後手:羽生竜王

羽生竜王はなんと一歩をタダで差し出したね。佐藤名人がいきなり得したよ。
これは昨年末くらいに少し指されていた形で、羽生竜王の用意の作戦と言えそうじゃ。
でもこんなにあっさり歩損してもいいの?
一歩損の代わりに銀をスムーズに繰り出して早く攻撃陣を組めるのが後手の主張なんじゃ。

☆1日目の昼食☆

佐藤名人:和牛すき焼き丼・温玉添え、わらび汁、ふじりんごジュース、紅秀峰、アイス最中

羽生竜王:山形牛ステーキランチ(200グラム)、かに玉コンソメスープ、サラダ、紅秀峰、アイス最中

先手:佐藤名人 後手:羽生竜王

羽生竜王の飛車での揺さぶりに、佐藤名人は▲7七金と上がったね。
この金は部分的には悪形。佐藤名人は一歩得ではあるが、駒組みは少し苦労するな。

☆1日目午後のおやつ☆

佐藤名人:生チョコレートケーキ、ふじりんごジュース
羽生竜王:和菓子、抹茶、ふじりんごジュース

封じ手局面

先手:佐藤名人 後手:羽生竜王

羽生竜王が銀冠に組んで、佐藤名人もじっくり駒組みしている局面で封じ手だね。
羽生竜王は依然一歩損なものの、その代償を得られていないように見える。佐藤名人を持ってみたいところじゃ。

封じ手 △3一玉

先手:佐藤名人 後手:羽生竜王

封じ手は玉を囲いにおさめる一手。ごくごく自然だね。

先手:佐藤名人 後手:羽生竜王

2日目に入っても戦いは始まらず、互いに陣形を整えあったね。
羽生竜王は歩切れで自分からは仕掛けづらい。佐藤名人も自陣がいい形になるまでは戦いたくないな。

☆2日目の昼食☆

佐藤名人:和牛ビーフカレー、サラダ、コンソメスープ、フルーツ、ふじりんごジュース

羽生竜王:海の幸チャーハン、サラダ、スープ、フルーツ

先手:佐藤名人 後手:羽生竜王

午後に入ってついに開戦
しかし羽生陣はかなり堅いし、佐藤名人も攻めていくのは大変じゃ。

☆2日目午後のおやつ☆

佐藤名人:ショートケーキ、ふじりんごジュース

羽生竜王:フルーツ盛り合わせ、ホットコーヒー

先手:佐藤名人 後手:羽生竜王

攻めを見せてきた佐藤名人に対し、羽生竜王も棒銀でずんずん行ったね。
棒銀の圧力は大きく、佐藤名人も切り返しが必要じゃ。

先手:佐藤名人 後手:羽生竜王

羽生竜王の攻めをいったん抑えてから、佐藤名人はじっと玉を上げたね。
戦いながら玉の安全度も上げていく、名人らしい指しまわしじゃな。

☆2日目の夕食☆

両者:サンドイッチ

先手:佐藤名人 後手:羽生竜王

佐藤名人はじっと▲2二歩。羽生玉に小技でプレッシャーをかけたな。

先手:佐藤名人 後手:羽生竜王

持ち時間が少なくなってきた終盤。佐藤名人は2筋から正面突破の攻めだね。

先手:佐藤名人 後手:羽生竜王

羽生竜王も佐藤陣に鋭い一発。形勢難解の大激戦じゃ。

先手:佐藤名人 後手:羽生竜王

羽生竜王は好位置に角を移動。
羽生竜王の駒が要所に利いてきて、少しリードを奪ったな。

先手:佐藤名人 後手:羽生竜王

さらに羽生竜王は厳しい攻め。互いの玉がすごく危ない形だね。
持ち時間も残り数分しかなく、もうどっちが勝ってもおかしくない

先手:佐藤名人 後手:羽生竜王

自玉に火の手が上がった佐藤名人は、羽生玉に猛攻を仕掛けたね。

先手:佐藤名人 後手:羽生竜王

さらに佐藤名人は怒涛の攻め。今度は羽生玉が大ピンチだよ。
ここまで進んでみると佐藤名人が優勢に。羽生竜王は大きなミスはなかったはずだが、形勢を損ねていたな。
佐藤名人はすべて時間を使って、最後は冷静に寄せ切って

投了図

先手:佐藤名人 後手:羽生竜王

形勢不明の大熱戦が続いたが、最後は佐藤名人が抜け出して勝ち切ったな。
終盤戦は本当に難解で、どうなってるか全然わからなかったよ。
時間がない中で羽生竜王と競り合うのはかなりきついが、佐藤名人は名人にふさわしい強さを見せたな。
羽生竜王にもチャンスが来た局面もあったみたいだけど、なかなかはっきりした優位を築けなかったね。
羽生竜王も惜しかったが、中盤で一歩損でも均衡を保つ構想は見事だったな。

はかせの予想は当たったの?

じゃあ、はかせの予想が当たったか答え合わせしよう!

☆はかせの大予想☆

①戦型

横歩取り

×(実際は相掛かり系の力戦)

横歩で2連敗していた羽生竜王が最新形の研究勝負を避けてじっくりした力戦に賭けたね。
早々に一歩損して構想の難しい戦いだったが、羽生竜王がしっかりまとめきったな。

②封じ手

△3一玉

選択肢がいろいろある局面で、本命視されていた一手だったね。
まだ戦いが始まる前で、自然に玉の安全度を高める一手だったな。

③終局時刻

19時くらい

×(実際は21時40分)

はかせの予想が大きく外れて、今シリーズでダントツ遅い終局になったね。
本当に中盤が長くて、終盤に入っても押したり引いたりの続く名勝負だったな。

④勝敗

少し佐藤名人が有利

佐藤名人が名人防衛で三連覇。本当におめでとう!
全体に研究の深さ中盤のうまさで羽生竜王を上回ったな。
でも本局では終盤のガチンコ勝負羽生竜王に競り勝ったね。
うん。名人にふさわしい内容で、本当に頼もしい強さを持っているな。
佐藤名人は昨年度は他棋戦であまり活躍できなかったし、今年はもっと存在感を出してほしいね!
そうじゃな。一方の羽生竜王は第1、3局は充実の内容だったが、第4局の完敗から崩れていってしまったな。
通算タイトル100期は次のチャンスに持ち越しになったけど、健康に気を付けて頑張ってほしいよ。

スポンサーリンク

フォローする