羽生竜王が痛烈な攻めで快勝!名人戦第3局の振り返り

出典:毎日新聞社

本日5日9日(水)

第76期名人戦の第3局2日目が行われ、羽生竜王が勝利しました。

・場所

奈良県奈良市

「法相宗大本山 興福寺

 ・戦型

角換わり

・結果

111手で羽生竜王の勝ち

・終局時刻

20時4分

羽生竜王が勝って通算タイトル100期まであと2勝だよ!
終盤は目の覚めるような痛烈な攻めだったな。
スポンサーリンク

第3局の振り返り

本局は後手の佐藤名人が2手目△8四歩から角換わりへ進んだね。
2手目も戦型も大方の予想を裏切るもので、何か佐藤名人に心境の変化があったかもしれんな。

先手:羽生竜王 後手:佐藤名人

なんと序盤は第2局と同じ進行になったんだね。
名人戦は流行の最新形を究める場でもあって、同じ作戦が何度も登場することがあるな。 

☆1日目の昼食☆

佐藤名人:ハンバーグセット、アップルジュース

羽生竜王:勝卵とじ定食

先手:羽生竜王 後手:佐藤名人

後手の佐藤名人が第2局とは別の手を指して、そのときよりは穏やかに進んだね。
前例をたどる将棋では、負けた側が新しい手で変化するのが普通じゃな。
第2局では後手が負けたから、今回後手を持ってる佐藤名人が変化しないといけなかったんだね。

先手:羽生竜王 後手:佐藤名人

佐藤名人は攻防に利く好ポジションに角を設置。
角換わりの序中盤ではどちらから、どう仕掛けるかが重要だが、佐藤名人が先に動いたな。

☆1日目午後のおやつ☆

佐藤名人:緑茶とチョコのケーキ、アップルジュース

羽生竜王:松の実ケーキ、ホットレモンティー

先手:羽生竜王 後手:佐藤名人

羽生竜王も自陣に角を投入。左右によく利いてるね。
歩がぶつかってる7筋に勢力を足しつつ、2,3筋方面での仕掛けも狙う角じゃな。
羽生竜王は25分の少考のすえ、封じ手に。

封じ手局面

先手:羽生竜王 後手:佐藤名人

佐藤名人が角に取られそうだった金を逃がしたところが封じ手局面だね。
形勢はまだ互角。羽生玉は広くて逃げ場が多く、佐藤陣は低くてコンパクトで堅いのがポイントじゃ。

封じ手 ▲7八玉

先手:羽生竜王 後手:佐藤名人

封じ手は攻められそうな8筋に玉の守りを加える一手だね。
佐藤名人として想定内の一手のようで、この後はテンポよく進んだな。

先手:羽生竜王 後手:佐藤名人

両者駒のポジションを微調整しながら、チャンスを伺ったな。

☆2日目の昼食☆

佐藤名人:カツカレーセット、アップルジュース

羽生竜王:大和肉鶏テリヤキセット

先手:羽生竜王 後手:佐藤名人

佐藤名人は9筋で歩を補充してから、7筋で攻めを決行したね。
ここまでは長いつばぜり合いが続いたが、いよいよ大決戦じゃ。

☆2日目午後のおやつ☆

佐藤名人:モンブラン、アップルジュース

羽生竜王:ぜんざい、ほうじ茶

先手:羽生竜王 後手:佐藤名人

佐藤名人が動いてきたところで、羽生竜王も巧みな切り返し
佐藤名人に簡単には攻めさせず、反撃の時間を確保する受けじゃな。

先手:羽生竜王 後手:佐藤名人

そしてついに羽生竜王も反撃。この桂打ちは厳しく見えるなあ。
銀取りになっているが、これが受けづらい羽生竜王がペースをつかんだな。

先手:羽生竜王 後手:佐藤名人

羽生玉の目の前まで攻めが迫ってるのに、羽生竜王はさっきの桂をはねたよ。
この攻め合いには驚いたな。踏み込みが良すぎるんじゃ。

☆2日目の夕食☆

両者:軽食

先手:羽生竜王 後手:佐藤名人

羽生竜王が厳しすぎる攻めを連発する中、佐藤名人も我慢の受け
しかしここまで形勢が傾くと、受けの強い佐藤名人といえども如何ともしがたい

先手:羽生竜王 後手:佐藤名人

ついに羽生竜王は自陣の桂まで活用。銀を補充して、寄せに使うつもりだね。
まさか最後にこの桂が働くとは。恐ろしい組み立てじゃ。

投了図

先手:羽生竜王 後手:佐藤名人

さっきの桂がさらに飛車まで取って、気持ち良すぎる手順で羽生竜王が快勝だね。
中盤での強すぎる踏み込みから、終盤も全く緩まず勝ち切ったな。
佐藤名人としては、中盤の駆け引きで一気に突き放されてしまったね。
残念な将棋になってしまったが、今回は羽生竜王が良すぎた気持ちを切り替えてほしいところじゃ。

はかせの予想は当たったの?

じゃあ、はかせの予想が当たったか答え合わせしよう!

☆はかせの大予想☆

①戦型

横歩取り

×(実際は△7三角)

横歩を予想する声が多かったから、角換わりになったのはかなり意外だったよ。
やっぱり今のトレンドの中心は角換わりというのを改めて感じたな。すごい勢いで大流行中じゃ。

②封じ手

▲5七角

×(実際は▲7八玉)

選択肢のとても多い局面で、自然な玉寄りだったね。
封じ手には25分しか使わなかったし、穏やかな手だったな。

③終局時刻

20時くらい

(実際は20時4分)

はかせおめでとう!ピッタリだね。
この2人の名人戦では、両者たっぷり時間は使うものの、1分将棋まではいかないといった感じじゃな。

④勝敗

互角だがわずかに佐藤名人が有利

×

第3局は羽生竜王が真価を発揮して気持ちのいい2勝目を挙げたね。
最近の羽生竜王は想像を絶する一直線の斬り合いに踏み込んで、若手を圧倒する場面が多いな。
本当に充実してるみたいだね。
佐藤名人は次の地元・福岡での第4局で、絶対に巻き返したいところじゃ。

次の第4局の予定

・日程

5月19・20日(土・日)

・場所

福岡県福岡市

「アゴ-ラ福岡山の上ホテル&スパ

・先後

先手:佐藤名人

後手:羽生善治

スポンサーリンク

フォローする