佐藤名人が厳しい攻めで快勝!名人戦第2局の振り返り

出典:毎日新聞社

本日4日20日(金)

第76期名人戦の第2局2日目が行われ、佐藤名人が勝利しました。

・場所

石川県小松市

「北陸あわづ温泉 辻のや花乃庄

 ・戦型

角換わり

・結果

103手で佐藤名人の勝ち

・終局時刻

19時22分

佐藤名人が勝って勝負は振り出しに戻ったよ!
羽生竜王を相手に完璧な内容で、改めて強さを見せつけたな。
スポンサーリンク

第2局の振り返り

戦型は角換わり。2人の対戦で角換わりになるのは久しぶりなんだね。

先手:佐藤名人 後手:羽生竜王

先手の佐藤名人は腰掛け銀。羽生竜王は早繰り銀だね。
前例の少ない将棋で、一手一手の難しい力戦になったな。 

☆1日目の昼食☆

佐藤名人:能登豚丼(小松大麦ご飯)

羽生竜王:のど黒いしる焼き丼(白米)

先手:佐藤名人 後手:羽生竜王

羽生竜王が7筋で歩をぶつけたところで、佐藤名人は89分の長考で▲6五歩。
まだまだ序盤で本格的な戦いではないけど、これだけ考えられるのは名人戦ならではじゃな。

先手:佐藤名人 後手:羽生竜王

羽生竜王は飛車を7筋へ。今日も攻撃的だね。
7筋はさっき歩をぶつけたところで、ここに飛車を転換するのが自然な攻め方じゃな。

☆1日目午後のおやつ☆

佐藤名人:ショコラオランジュとマカロンエトセトラ、林檎ジュース

羽生竜王:苺のプリンセスとマカロンエトセトラ、小松菜と林檎のミックスジュース、ホットコーヒー

羽生竜王は39分じっくり考えて、封じ手に。

封じ手局面

先手:佐藤名人 後手:羽生竜王

佐藤名人がじっと端歩を突いたところ封じ手局面だね。
まだまだ序盤で、形勢はまったくの互角じゃな。

封じ手 △7三角

先手:佐藤名人 後手:羽生竜王

封じ手は△7三角。はかせが第二候補として挙げていた手だね。
冷静に見れば、羽生竜王が好きそうな自分から局面を動かしていく一手じゃな。

先手:佐藤名人 後手:羽生竜王

羽生竜王は歩得に成功。飛車を6筋に転換して、攻めのチャンスをうかがってるね。
2人の読みが合ったのか、午前中はテンポよく進んだな。

☆2日目の昼食☆

佐藤名人:能登牛金沢カレー(サラダ付き)

羽生竜王:白海老かきあげ越前おろしそば(冷)

本局では2人とも地元石川の名物をたっぷり味わったね。

先手:佐藤名人 後手:羽生竜王

佐藤名人は居玉のままだけど、気合よく攻めていったね。
佐藤玉は居玉だけど、そんなに危険な形ではない。ここらが攻めどころじゃな。

☆2日目午後のおやつ☆

佐藤名人:苺のプリンセスとマカロンエトセトラ、リンゴジュース

羽生竜王:小松産「こまつもん」セット、ホットコーヒー

先手:佐藤名人 後手:羽生竜王

羽生竜王も反撃してきたところで、佐藤名人がばっさりと角切りを決行
思い切りよく攻めて、佐藤名人がリードを奪ったな。

先手:佐藤名人 後手:羽生竜王

佐藤名人は攻めの小技を駆使して、羽生陣は崩壊寸前だよ。

羽生竜王は自陣の飛車と角が全く攻めに働いていないのがつらい。はっきり佐藤優勢じゃな。 

先手:佐藤名人 後手:羽生竜王

羽生竜王も待望のカウンター。これで少しは難しい勝負になったのかな。
いや、佐藤玉は広くて逃げ場が多い。佐藤名人の優位は変わらんな。

先手:佐藤名人 後手:羽生竜王

羽生竜王は金を打って必死の抵抗だね。
なんとか延命するための粘りだが、こういう粘りはたいてい報われないんじゃ。

☆2日目の夕食☆

両者:サンドイッチ、フルーツ

先手:佐藤名人 後手:羽生竜王

羽生竜王の抵抗むなしく、佐藤名人は厳しい攻めを連発だね。
こうなるといよいよ羽生竜王もなす術なく…。

投了図

先手:佐藤名人 後手:羽生竜王

見事な構想力で厚みを築いて、絶好のタイミングで攻めて佐藤名人が快勝
ずっと居玉のままだったけど、佐藤名人の玉は全然寄らなかったね。
一方の羽生竜王は自分から工夫して動いていったものの、佐藤名人にうまく封じ込められてしまったな。
羽生竜王は途中で歩得になったけど、それを生かすことができなかったね。

はかせの予想は当たったの?

じゃあ、はかせの予想が当たったか答え合わせしよう!

☆はかせの大予想☆

①戦型

角換わり

いろんな戦型の可能性があったけど、結局角換わりに。
次局以降もいろんな戦法が見られそうで、楽しみじゃな。

②封じ手

△5二金

×(実際は△7三角)

選択肢のとても多い局面で、あまり本命視されてなかった手だったね。
羽生竜王らしい積極的な角打ちだったが、結果的にこの角があまり働かず、負けにつながったな。

③終局時刻

21時くらい

×(実際は19時22分)

名人戦としては少し早めの終局になったね。
2日目午後に入ってからの佐藤名人の攻めが厳しく、一気に大勢が決したな。

④勝敗

わずかに羽生竜王が有利

×

第2局は佐藤名人が実力をいかんなく発揮して勝利だね。
名人にふさわしい、完璧な内容の将棋だったな。
一方の羽生竜王は2月からの連勝が6でストップ。今回は工夫が実らない将棋だったね。
2年前の七番勝負では第2局の負けから崩れて、一気に名人失冠に追い込まれた羽生竜王。今シリーズはここで踏みとどまれるかに注目じゃ。
ますますこの2人の熱戦から目が離せないね。

次の第3局の予定

・日程

5月8・9日(火・水)

・場所

奈良県奈良市

「法相宗大本山 興福寺

・先後

先手:羽生善治

後手:佐藤名人

スポンサーリンク

フォローする