明日から名人戦第2局!佐藤VS羽生の石川決戦を大予想

出典:朝日新聞社

明日4日19日(木)と20日(金)

第76期名人戦七番勝負の第2局が行われます。

・開始時刻

午前9時

・場所

石川県小松市

「北陸あわづ温泉 辻のや花乃庄

・先後

先手:佐藤名人

後手:羽生善治

・持ち時間

各9時間

・これまでの対戦成績

佐藤名人8勝、羽生竜王7勝

・ネット生中継

AbemaTVニコニコ生放送名人戦棋譜速報

明日から名人戦の第2局だね。とっても楽しみ!
大熱戦となった第1局から1週間。明日からも名局が生まれそうな気がするな。

※佐藤名人の紹介記事

理想を現実にし続ける貴族、佐藤天彦名人の特徴について解説しました。将棋が分からない人でも楽しめる内容です。

※羽生竜王の紹介記事

七冠独占のレジェンド、羽生善治竜王の強さの秘密や弱点について解説しています。将棋が分からない人でも楽しめる内容です。
スポンサーリンク

第1局の振り返り

出典:朝日新聞社

今回は今月11、12日に行われた第1局を振り返ろう
戦型は横歩取り。2年前の2人の名人戦は横歩シリーズだったんだよね。

先手:羽生竜王 後手:佐藤名人

後手の佐藤名人は玉を6二に。これが少し珍しい手なんだね。
最近佐藤名人と羽生竜王ともに用いていた手で、本局はこれに勝負をかけたな。 

☆1日目の昼食☆

佐藤名人:うな丼、アップルジュース

羽生竜王:ピザ・マルゲリータ、オレンジジュース

先手:羽生竜王 後手:佐藤名人

昼休明け、局面は一気に大決戦に。羽生竜王が強すぎる踏み込みを見せたね。
もう少しじっくりやってもいいのに、今日の羽生竜王は血気盛ん。この勝負に懸ける意気込みが伝わってきたな。

先手:羽生竜王 後手:佐藤名人

荒ぶる局面は止まらない。大変な駒の取り合いになったね。
まさに一直線の戦いで、練習将棋ならやってみたくなる順だが、まさか名人戦で現れるとは。

先手:羽生竜王 後手:佐藤名人

さらに羽生竜王はアクセルを踏み込む。今日の羽生竜王は前しか見てないね。
こういうリスクの高すぎる戦いができるのも、持ち時間9時間の名人戦ならではじゃな。
今日は2人とも30分近い長考を連発してたもんね。

☆1日目午後のおやつ☆

佐藤名人:チョコレートケーキ、アップルジュース

羽生竜王:チーズケーキ、ホットレモンティー

佐藤名人は54分じっくり考えて、次の一手を封じたね。

封じ手局面

先手:羽生竜王 後手:佐藤名人

羽生竜王がじっと玉を早逃げしたところで封じ手に。
もう互いの詰みを考えながら指す展開。この局面は選択肢が多く難しいな。形勢も難解じゃ。

封じ手 △3八歩

先手:羽生竜王 後手:佐藤名人

封じ手は△3八歩。あまり予想されてなかった手だね。
羽生竜王の陣形を乱す一手だが、場合によってはマイナスになる可能性もある。難しい一手じゃ。

先手:羽生竜王 後手:佐藤名人

佐藤名人が2枚目の馬を作ったところで、羽生竜王も反撃
佐藤玉を真上から攻めれば、一気に危ない形にできるな。

☆2日目の昼食☆

佐藤名人:ビーフカレー、アップルジュース

羽生竜王:松花堂弁当、温かいお茶

先手:羽生竜王 後手:佐藤名人

佐藤名人が次々攻めをくり出す中、羽生竜王は再びの早逃げ
佐藤名人の攻めを呼び込む強気の受けだが、ちょっと危険すぎだったか

☆2日目午後のおやつ☆

佐藤名人:ショートケーキ、アップルジュース

羽生竜王:フルーツ盛り合わせ、ホットコーヒー

先手:羽生竜王 後手:佐藤名人

佐藤名人が猛攻して、ついに羽生玉に詰めろがかかったところで、羽生竜王も佐藤玉に王手
羽生竜王がピンチに見えるが、巧みに受けの手段をひねり出したな。

先手:羽生竜王 後手:佐藤名人

依然詰めろの羽生玉は、銀を使って必死の受け

しかしこの受けでは羽生竜王が苦しそう。佐藤名人が優勢だ、と思ったんだけど…

実際にはまだまだ難解で、これが羽生竜王の終盤の妙手だったね。

☆2日目の夕食☆

佐藤名人:サンドイッチ、アップルジュース

羽生竜王:サンドイッチ

先手:羽生竜王 後手:佐藤名人

佐藤名人ははっきりと羽生玉を寄せることはできず、いったん受けに回ったね。
両者受けたり攻めたりの応酬で、大変な大熱戦じゃ。

先手:羽生竜王 後手:佐藤名人

今度は羽生竜王が攻めるターン。ここぞとばかりに、一気に持ち駒を投入。
9時間あったはずの時間も、羽生竜王残り52分、佐藤名人18分。この持ち時間ではもう何が起きてもおかしくない

先手:羽生竜王 後手:佐藤名人

  羽生竜王はうまく攻めをつないでいって、佐藤玉もかなり危なくなってきたね。

先手:羽生竜王 後手:佐藤名人

緊迫の最終盤、羽生竜王は本局3度目の早逃げ
これも玉を安全にする好手。いよいよ羽生竜王がはっきり勝ちになって

投了図

先手:羽生竜王 後手:佐藤名人

序盤から大決戦になったと思いきや、そこから長い長い終盤戦。最後は見事に羽生竜王が抜け出して勝利
2日目の夕休くらいまで、ずっと形勢不明の戦いだったけど、最終盤は羽生竜王が上手だったね。
互いに長考と好手の連続で、本当に名人戦にふさわしい味わい深い将棋だったな。

ズバリ!はかせの大予想

それではわしの予想じゃ。ちなみに

先手:佐藤名人

後手:羽生善治 だぞ。

☆はかせの大予想☆

①戦型

角換わり
2人の名人戦では、2年前の七番勝負からほぼ横歩取りだよね。
だから横歩の可能性は高いけど、佐藤名人はこのところ先手では横歩をやってないから、角換わりってことで。

②終局時刻

21時くらい
第1局は激しい展開で、早く終わるかと思われたけど、結局20時22分に終局したね。
佐藤名人はなかなかの長考派で、羽生竜王は相手に合わせて時間を使うな。遅めの終局になりそうじゃ。

③勝敗

わずかに羽生竜王が有利
第1局は長い終盤戦が続いて、ガチンコの腕比べになった末、羽生竜王が制したね。
2年前は佐藤名人に大敗を喫したけど、これで自信を取り戻したはずじゃ。
一方の佐藤名人は不調説もあったけど、9時間の持ち時間をじっくり使って、実力を発揮したね。
うむ。第1局敗れたものの、感触は悪くなかったじゃろう。
昔から番勝負は第2局が大事と言われるし、とっても楽しみな勝負だね。

ネット生中継

AbemaTVニコニコ生放送名人戦棋譜速報

スポンサーリンク

フォローする