最年少名人!谷川浩司九段

出典:毎日新聞社

将棋はかせ
今回は最年少名人、

谷川浩司九段を紹介するぞ。

ワン太くん
谷川九段は将棋連盟の会長も務めたね。

谷川浩司 九段
(たにがわ こうじ)

生年月日
1962年4月6日(55歳)

出身地   兵庫県神戸市

竜王戦   3組

順位戦   B級1組

タイトル戦 獲得27期 登場57回

棋戦優勝 22回

(2017年12月10日時点)

スポンサーリンク

谷川九段ってどんな棋士?

史上最年少で名人に!

谷川九段と言えばなんといっても

最年少名人」じゃな。

21歳で名人になったんだよね。

1983年の名人戦。加藤一二三名人を21歳の谷川九段が破った。

出典:産経新聞社

中学2年でプロになってから、順位戦は最初の1年だけ足踏みしたものの、2年目から4期連続で昇級したんじゃ。
中学生でプロになったんだね。
たった5人しかいないの中学生棋士の1人だな。 

※他の中学生棋士の紹介はこちら

羽生善治渡辺明藤井聡太

21歳で名人なんて、本当に信じられないね!
この時に谷川九段が言った

1年間、名人位を預からせていただきます」は歴史に残る名言じゃな。

将来この最年少記録が更新されることはあるのかな?
この記録を破るのは極めて難しい。可能性があるなら藤井四段じゃが、さすがに無理じゃろう。
ほぼストレートでA級まで上がって名人挑戦しないといけないもんね。
谷川九段は名人を通算5期獲得して、十七世名人でもあるぞ。

六冠王との戦い!

羽生竜王が七冠になった時最後の一冠を争ったのが谷川九段なんじゃ。

羽生竜王と谷川九段のタイトル戦。右が谷川九段。左が羽生竜王。

出典:時事通信社

1995年 王将戦7番勝負

谷川王将が羽生六冠に4勝3敗で勝って防衛

あれ、谷川王将が勝ったの?羽生さんが七冠になるんじゃ…
1995年の王将戦では、谷川王将が最後の一冠を死守したんじゃ。
六冠王を倒したんだね!
ちょうどこの王将戦の最中、谷川九段の地元神戸を大震災が襲った。谷川九段の自宅も被災したんじゃな。
そうなんだ。将棋どころじゃないよね。
非常に大変な状況の中、谷川九段は地元への強い思いを抱いて六冠王をはね返したんじゃ。
被災した地元を元気づけたいと思って、絶対王者を倒す底力を出したんだね。
しかし翌96年、なんと羽生六冠はすべてのタイトルを防衛して、また王将戦にやってきたんじゃ。

1996年 王将戦7番勝負

羽生六冠が谷川王将に4勝0敗で勝って七冠王に

羽生さんって一体何者なの…
さすがの谷川九段でも、二度六冠王をはね返すことは出来なかった
羽生七冠王の裏に、いろんなエピソードがあったんだね。

一瞬で仕留める!光速の寄せ

谷川九段の将棋は

光速の寄せ」と呼ばれるな。

終盤の寄せが早いの?
早いなんてもんじゃない。一瞬で相手玉を仕留めるんじゃ。
すごいなあ。
谷川九段の伝説の一手を紹介しよう。

1996年の竜王戦第2局、対羽生六冠戦じゃ。

先手:羽生竜王 後手:谷川九段

後手が谷川九段。この局面で衝撃の一手を指したんじゃ。
なんだろう。全然わからない。
なんとここで△7七桂と打ったんじゃ。

光速の寄せ!△7七桂

先手:羽生竜王 後手:谷川九段

えー!わけが分からないよ。
羽生竜王も全く予想してなかったらしい。難解すぎるからここでは解説しないけど、一気に羽生玉を寄せる一手じゃな。
プロでも谷川将棋に憧れる人が多いって聞いたことあるけど、すごくかっこいいね。

谷川九段に期待することは?

出典:毎日新聞社

谷川九段が終盤めちゃ強い名人ってことは分かったけど

今後、期待したいことは?

やっぱりもう一度、

大舞台に戻ってきてほしい」じゃな。

最近はあまり大舞台に出てないの?
うん。なかなか上まで勝ち進めてないんじゃ。

・谷川九段の最後のタイトル戦

2006年 名人戦挑戦

(森内名人に2勝4敗で敗退

・最後の棋戦優勝

2009年 JT杯日本シリーズ優勝

(2013年非公式戦の達人戦で優勝)

そっか。谷川九段ほどの達人でも、年齢を重ねると厳しいんだね。
一時代を築いた大棋士が勝てなくなっていくのは、とても見ていてさみしいもんじゃ。
そうだね。またタイトル戦の舞台で谷川九段を見たいな。

谷川九段のまとめ

谷川九段はタイトル27期、棋戦優勝22回最年少名人にふさわしい名棋士じゃ。
終盤の寄せがすごく強いんだね。しかも将棋連盟の会長も務めた。
今後はもう一度、タイトル戦棋戦決勝に登場してほしいな。

他のプロ棋士の紹介はこちら

藤井四段や羽生竜王などの個性あふれるプロ棋士たちを紹介しています。初心者でも分かるやさしい内容です。
スポンサーリンク

フォローする