400年に1人の天才!藤井聡太七段

出典:時事通信社

将棋はかせ
この記事では将棋界の神様の子

藤井聡太七段について紹介するぞ。

ワン太くん
藤井七段かっこいいなあ。なんでこんなに強いのか教えてよ、はかせ!
 ワン太くんも憧れの藤井七段の魅力に迫っていこう。
スポンサーリンク

藤井七段ってどんな棋士?

15歳とは思えない完成された将棋

藤井七段は高校生だが、本当にスキのない将棋を指すのじゃ。
でもプロならスキがないって当たり前じゃないの?
確かにそうじゃが、15歳でこの完成度はありえないのじゃ。この年代の子の将棋はもっと荒っぽいことが多いんじゃ。
荒っぽいって?
悪い手が結構多いけど、キラッと光る好手も指す」そういうムラのある感じじゃ。

若いころの羽生さんもそうだった

藤井七段はあまり良い手と悪い手のムラが少なくて、安定してるんだね
そう。この若さでプレッシャーに関係なく実力が出せるのは、きっと精神力も強いんじゃろう。

プロの中でもぶっちぎりの詰将棋力

これはとても簡単な1手詰め。

藤井七段の強さの秘密、それは圧倒的な詰将棋力からくる超高速の思考スピードじゃ。
なんかややこしいけど、詰将棋って何?
詰将棋というのは、読みや終盤力を鍛えるためのクイズみたいなもんじゃ。藤井七段はこの詰将棋を解くのがプロの中でもダントツで早いんじゃ。

※詰将棋についてはこちら

藤井七段は詰将棋回答選手権で4連覇してるんだよね。

でもなんで詰将棋が得意だといいの?

詰将棋力は対局の終盤、持ち時間が少なくなってから特に響いてくるんじゃ。
なんで?
 限られた少ない時間で、相手玉や自玉の詰みを読むのは勝敗に直結するからじゃ。
詰将棋が得意だからこんなに勝ちまくってるんだね。

対局時と普段のギャップ

出典:時事通信社

藤井七段は対局中は真剣そのものだけど、終わるととてもリラックスして別人みたいになるよね。
藤井七段は本当に純粋に将棋を楽しんどるんじゃろうな。こういう表情を見ると、まだあどけない高校生だと思い出すのう。
藤井七段は子どもからは「大人をどんどんやっつけるかっこいいお兄ちゃん」、おばあちゃんからは「親戚に自慢したい理想の孫」って感じで人気だね。
わしも藤井七段のおじいちゃんになりたいな。

藤井七段に弱点はあるの?

藤井七段がめちゃすごいっていうのは分かったけど、時々負けることもあるよね。

弱点ってあるの?

う~ん、弱点を挙げるのは難しいが、あえて言うなら

序盤中盤の対応力」かな。

どういうこと?
相手が新しい戦法をぶつけてきた時に、きちんと対応する力のことじゃ。
連勝がストップした時も、佐々木六段が用意してきた作戦でやられたんだよね。
そうじゃったな。ワン太くんよく覚えておるのう。

藤井七段の30連勝を阻止した佐々木六段。手前が藤井七段。

出典:時事通信社

ただ、「序盤中盤の対応力」というのは経験を積み重ねることでついてくる力じゃ。若すぎる藤井七段が苦手でも仕方ない面もある。
弱点を突けば、僕でも藤井七段に勝てるかな。
むりじゃ。

藤井七段のまとめ

とにかく藤井七段は将棋の歴史始まって以来の大型新人で、今後がとても楽しみじゃ
僕も絶対応援し続けるし、皆さんにもこれからも注目してほしいな
わしも藤井七段が名人になるまでは死なんぞ。わしの願望じゃが、できれば22歳くらいまでに名人になってほしいな。
僕もいつかプロ棋士になって、藤井七段と対戦したいな。
スポンサーリンク

フォローする