明日は棋王戦挑決!永瀬VS黒沢の最終決戦!

第1局に勝利した黒沢五段

出典:棋王戦中継plus

明日12日27日(水)

棋王戦挑戦者決定戦の第2局

永瀬七段VS黒沢五段が行われます。明日の勝者が渡辺棋王への挑戦権を獲得します。

渡辺棋王との棋王戦5番勝負は、来年2月から行われる予定です。

(棋王戦の挑決は変則2番勝負で、永瀬七段は2局のうち1局勝てば挑戦決定、黒沢五段は2連勝した場合のみ挑戦決定となります。先日の第1局で黒沢五段が勝ったため、明日の第2局が実施されます。)

・場所

東京将棋会館

・持ち時間

各4時間

・先後

振り駒にて決定

・ネット生中継

ニコニコ生放送AbemaTV棋譜中継

ワン太くん
明日は今年最後の大勝負!どっちが勝つか楽しみだね。
将棋はかせ
いろんなことがあった2017年の将棋界。最後はフレッシュな2人の頂上決戦じゃ。
スポンサーリンク

2人のプロフィールをチェック!

永瀬拓矢 七段

永瀬七段の詳しい紹介記事はこちら

将棋の鬼、永瀬拓矢七段の魅力を解説しています。難しい将棋の話は無いので、将棋が分からない人でも楽しめます。

永瀬拓矢七段

出典:棋聖戦中継plus

永瀬拓矢 七段

(ながせ たくや)

生年月日
1992年9月5日(25歳)

出身地   神奈川県横浜市

竜王戦   1組

順位戦   C級1組

タイトル戦 獲得0期 登場1回  

棋戦優勝 2回

(2017年12月26日時点)

永瀬七段は新人王戦加古川清流戦で優勝経験のある、若手の超強豪じゃ。
2016年の棋聖戦では、羽生棋聖を2勝3敗でぎりぎりまで追い詰めたね。
居飛車中心で、受けがめちゃくちゃ強い将棋じゃな。

黒沢怜生 五段

2014年にプロ入りした黒沢五段

出典:王将戦中継ブログ

黒沢怜生 五段

(くろさわ れお)

生年月日
1992年3月7日(25歳)

出身地   埼玉県熊谷市

竜王戦   4組

順位戦   C級2組

タイトル戦 獲得0期 登場0回  

棋戦優勝 0回

(2017年12月26日時点)

黒沢五段はプロになって3年の若手棋士だね。
今回の挑決が棋士になって初めての大舞台じゃな。さぞ緊張しておるじゃろう。
永瀬七段と同い年なんだね。
でも黒沢五段は22歳でプロ入りしたのに対し、永瀬七段は17歳。永瀬七段の背中を追ってきたんじゃな。
どんな将棋を指すの?
黒沢五段は今では珍しい純粋振り飛車党で、玉を固める持久戦が得意じゃ。
黒沢五段は修業時代、NHK杯の記録係をやってたんだよね。
そうじゃな。あの初々しい青年がついにトーナメントの頂上まで来たと思うと、感慨深いのう。

第1局を振り返り!

出典:棋王戦中継plus

今回は12月15日に行われた挑決第1局を振り返ろう。

※挑決第1局の詳しい振り返りはこちら

今日は棋王戦挑決第1局、永瀬七段VS黒沢五段が行われ、黒沢五段が勝利しました。この結果、挑戦権の行方は12月27日(水)の第2局に持ち越されました。はかせがこの1局を振り返りました。
本局は黒沢五段が得意のゴキゲン中飛車を採用したね。

先手:黒沢五段 後手:永瀬七段

持久戦が得意な両者らしい、相穴熊の将棋じゃな。

☆昼食☆

永瀬七段:にぎり上のさび抜き、納豆巻

黒沢五段:みそ煮込みうどん、鮭おにぎり

先手:黒沢五段 後手:永瀬七段

しかしながら中盤、永瀬七段が少しリード
でも黒沢五段も決定的な差をつけられないように上手くついていったな。

先手:黒沢五段 後手:永瀬七段

永瀬七段は受け将棋らしく、馬を囲いにくっつけて守りを固めたね。
しかしここからの黒沢五段の指しまわしが見事で、完全に逆転したな。

先手:黒沢五段 後手:永瀬七段

黒沢五段の飛車角銀が攻めに働いてきたね。振り飛車党らしいさすがのさばきだね。
逆に永瀬七段の駒は受け一方。いくら受け重視の永瀬七段といえど、これでは厳しい。

先手:黒沢五段 後手:永瀬七段

絶望的な差がついたけど、それでも永瀬七段は指し続けたね。
この挑決は2番勝負。負けるにしても出来るだけ相手を苦しめないといかん

投了図

先手:黒沢五段 後手:永瀬七段

中盤の難所でうまく攻め駒をさばいて黒沢五段がリードして、最後は大差で勝利だね。
相穴熊は中盤戦が一番大事で、差がついてしまうと終盤での逆転は難しい面があるんじゃ。だから投了図が大差だからと言って、永瀬七段がダメダメだったわけではない
そうなんだ。でも中盤から終盤にかけて、黒沢五段が実力の高さを示したね。
うむ。正直、想像してたよりかなり黒沢五段が強いという印象を受けたし、今まで過小評価してて申し訳なく思ったぞ。
黒沢五段はここまでに佐藤名人、三浦九段、行方八段と強豪を倒して、勝ち進む中で成長してきたんだね。

はかせの大予想

それじゃはかせ、明日の予想をどうぞ!
うむ。ばっちり当ててやるぞ!

☆はかせの大予想☆

①戦型

黒沢五段の角交換四間飛車
第1局でも角交換四間飛車と予想して、実際は中飛車だったよね。
まあね。だからこそまた角交換四間飛車の予想で!黒沢五段はいろんな振り飛車をやるから、明日は何が出てくるか楽しみじゃ。

終局時刻

19時半くらい
持ち時間4時間だと、19時半くらいから両者1分将棋になるんだよね。
そうじゃな。両者じっくりした持久戦が得意。時間を使いきって1分将棋のギリギリの勝負になるはずじゃ。

③勝敗

互角だがわずかに永瀬七段が有利かな
やっぱり実力的には永瀬七段が上なのかな。
そうじゃな。ただ黒沢五段は第1局勝って大いに勢いがある。
それに明日はもう一発勝負。何が起きてもおかしくないよね。
永瀬七段はもともと有利な立場だったし、第1局で決めたかったところ。明日はかなりプレッシャーがあるはずじゃ。
黒沢五段は初めてのタイトル戦まであと一勝今まで一番の大舞台でかなり緊張しそうだね。
両者大きな重圧の中で、しっかり実力が発揮できるかどうか。まあ将棋が始まってしまえばいつも通りじゃろう。
来年2月に渡辺棋王と対峙するのは永瀬七段か、黒沢五段か。とっても楽しみ!

スポンサーリンク

フォローする