永瀬七段が勝利!渡辺棋王へ挑戦決定!

出典:棋王戦中継plus

本日12日27日(木)

棋王戦挑戦者決定戦の第2局

永瀬七段VS黒沢五段が行われ、永瀬七段が勝利し、渡辺棋王への挑戦権を得ました

棋王戦五番勝負第1局は2月12日(月祝)に宇都宮市「宇都宮グランドホテル」で行われます。

・先後

先手:黒沢五段

後手:永瀬七段 

・戦型

黒沢五段のゴキゲン中飛車

・結果

104手で永瀬七段の勝ち

・終局時刻

19時25分

ワン太くん
永瀬七段が渡辺棋王へ挑戦だね!
将棋はかせ
大きなプレッシャーの中、しっかり実力を発揮したな。
スポンサーリンク

一局を振り返ろう!

出典:棋王戦中継plus

第1局に続いて、黒沢五段が得意のゴキゲン中飛車に命運を託したね。

先手:黒沢五段 後手:永瀬七段

囲いも第一局に続いて相穴熊。両者好みの持久戦じゃ。

☆昼食☆

永瀬七段:にぎり上・サビ抜き、納豆巻き

黒沢五段:みそ煮込みうどん、鮭おにぎり

2人とも第1局と全く同じ昼食だよ!。
大事な大一番だから、慣れてる好物にしたんじゃろう。

先手:黒沢五段 後手:永瀬七段

駒組みはもう飽和状態に。お互い歩をぶつけあう小競り合いになったね。
このあたりの細かい駆け引きが相穴熊ではとても重要。長考合戦になったな。

先手:黒沢五段 後手:永瀬七段

永瀬七段は上部に強い銀冠穴熊に。黒沢五段も飛車を玉頭に設置したね。
押したり引いたりのとても難しい中盤戦じゃ。

先手:黒沢五段 後手:永瀬七段

18時半を過ぎてついに本格的な戦いに。
両者持ち時間が30分を切って、真価が試される終盤戦になったな。

先手:黒沢五段 後手:永瀬七段

永瀬七段は△9二角の端角。なんだかかっこいい手だね。
かっこいいだけでなくとても厳しい挑戦権をつかむ好手だったな。

先手:黒沢五段 後手:永瀬七段

永瀬七段の厳しい攻めで、ついに後手優勢に
両者時間に追われる中で、永瀬七段の指しまわしが見事だったな。

先手:黒沢五段 後手:永瀬七段

黒沢五段も反撃。でも冷静に局面を見れば駒損がかなり大きいね。
時間が少ない中で、黒沢五段はあっさり形勢を損ねてしまったな。

先手:黒沢五段 後手:永瀬七段

大優勢の永瀬七段は攻防の角を設置。最後まで辛く逆転の芽を摘む将棋だね。
先手はもう攻めの手が無い。黒沢五段の長かった今年の棋王戦も、ここで終わり

投了図

先手:黒沢五段 後手:永瀬七段

夜に入って持ち時間が無くなってから、永瀬七段が会心の指しまわし一気に突き放して快勝
ここまで快進撃を続けてきた黒沢五段だったが、最後は時間に追われる中で持ちこたえることができなかったな。
それでも黒沢五段は今までそんなに注目されてなかったのに、本当に素晴らしい活躍をしたね。
うむ。他の若手に大いに刺激になるはずじゃ。黒沢五段にも盛大に拍手を送りたい

はかせの予想は当たったの?

出典:棋王戦中継plus

じゃあ、はかせの予想が当たったか答え合わせしよう!

☆はかせの大予想☆

①戦型

黒沢五段の角交換四間飛車

×(実際は黒沢五段のゴキゲン中飛車)

またしても角交換四間の予想が外れたね。
いやー、黒沢五段は第1局ゴキ中で勝っていいイメージがあったのか、連採したな。

終局時刻

19時半くらい

(実際は19時25分)

はかせも永瀬七段並みの会心の読みだよ!
はっはっは。わしのすごさ思い知ったか。

③勝敗

互角だがわずかに永瀬七段が有利かな

永瀬七段が最後の最後、終盤戦で底力を見せたね。
第1局に負けてかなりのプレッシャーの中で、実力を完全に発揮したな。
持ち時間が両者30分を切ったあたりから、明暗が分かれたね。
そうじゃな。永瀬七段の的確な攻めに、黒沢五段はぽっきり折れてしまった感じがするな。
これで永瀬七段は自身2度目のタイトル戦だね。

※永瀬七段は2016年の棋聖戦で羽生棋聖に挑戦し、2勝3敗で惜しくも敗れた。

去年は羽生棋聖を土俵際まで追い詰めた永瀬七段。最強王者の渡辺棋王との戦いが楽しみじゃ。 

棋王戦五番勝負第1局は2月12日(月祝)に宇都宮市「宇都宮グランドホテル」で行われます。

スポンサーリンク

フォローする