黒沢五段勝って第2局へ!棋王挑決第1局の振り返り

出典:棋王戦中継plus

本日12日15日(金)

棋王戦挑戦者決定戦の第1局

永瀬七段VS黒沢五段が行われ、黒沢五段が勝利しました

この結果、12月27日(水)の第2局の勝者が挑戦権を得ることになりました

・先後

先手:黒沢五段

後手:永瀬七段 

・戦型

黒沢五段のゴキゲン中飛車

・結果

139手で黒沢五段の勝ち

・終局時刻

19時48分

ワン太くん
負けたら終わりの黒沢五段が1勝しのいだね
将棋はかせ
これで挑戦争いはイーブンに。第2局が楽しみになったな。
スポンサーリンク

一局を振り返ろう!

出典:棋王戦中継plus

本局は黒沢五段が得意のゴキゲン中飛車を採用したね。

先手:黒沢五段 後手:永瀬七段

持久戦が得意な両者らしい、相穴熊の将棋じゃな。

☆昼食☆

永瀬七段:にぎり上のさび抜き、納豆巻

黒沢五段:みそ煮込みうどん、鮭おにぎり

黒沢五段はガッツリ食べてるね。
若者らしくていいよね。本局に懸ける闘志が伝わってくるな。

先手:黒沢五段 後手:永瀬七段

しかしながら中盤、永瀬七段が少しリード
でも黒沢五段も決定的な差をつけられないように上手くついていったな。

先手:黒沢五段 後手:永瀬七段

ここが本局の重要な分岐点。△4九角成と角を切って攻める手がよかったようじゃ
でも永瀬七段は△7六角成と馬を作って、その馬を自陣にひきつけたね。

先手:黒沢五段 後手:永瀬七段

永瀬七段は受け将棋らしく、馬を囲いにくっつけて守りを固めたね。
しかしここからの黒沢五段の指しまわしが見事で、完全に逆転したな。

先手:黒沢五段 後手:永瀬七段

黒沢五段の飛車角銀が攻めに働いてきたね。振り飛車党らしいさすがのさばきだね。
逆に永瀬七段の駒は受け一方。いくら受け重視の永瀬七段といえど、これでは厳しい。

先手:黒沢五段 後手:永瀬七段

持ち時間がかなり少なくなっても黒沢五段はミス無しと金を作って確実に囲いを壊す攻めじゃ。
永瀬七段は玉は囲いはすごく堅いけど、明らかに攻め駒不足だね。

先手:黒沢五段 後手:永瀬七段

絶望的な差がついたけど、それでも永瀬七段は指し続けたね。
この挑決は2番勝負。負けるにしても出来るだけ相手を苦しめないといかん

投了図

先手:黒沢五段 後手:永瀬七段

中盤の難所でうまく攻め駒をさばいて黒沢五段がリードして、最後は大差で勝利だね。
相穴熊は中盤戦が一番大事で、差がついてしまうと終盤での逆転は難しい面があるんじゃ。だから投了図が大差だからと言って、永瀬七段がダメダメだったわけではない
そうなんだ。でも中盤から終盤にかけて、黒沢五段が実力の高さを示したね。
うむ。正直、想像してたよりかなり黒沢五段が強いという印象を受けたし、今まで過小評価してて申し訳なく思ったぞ。
はかせ、若手のポテンシャルを見誤ってたね。ダメだよ。
いやー、でも黒沢五段は佐藤名人、三浦九段、行方八段など強豪を倒してここまできたんじゃ。勝ち進む中で成長してきたんじゃろう。
そっかあ。でもこれでがぜん第2局が楽しみになったね。

はかせの予想は当たったの?

出典:棋王戦中継plus

じゃあ、はかせの予想が当たったか答え合わせしよう!

☆はかせの大予想☆

①戦型

黒沢五段の角交換四間飛車

×(実際は黒沢五段のゴキゲン中飛車)

黒沢五段はいろんな振り飛車を使うけど、今回は中飛車。
まあ当たらなくてもしょうがないでしょ。次はきっと四間飛車じゃろ。
はかせ、開き直っちゃったよ。

終局時刻

19時半くらい

(実際は19時48分)

結構いい線行ってたね。
でも終盤大差で、ラスト30分くらいは全然盛り上がらなかったのは残念だったな。

③勝敗

永瀬七段が有利かな

×

はかせは永瀬七段が勝つ方に結構自信があったみたいだけど、大ハズレ
正直、今最高に勝ちまくってる永瀬七段に、黒沢五段が勝てるイメージが全くなかったんじゃ。これは黒沢五段に謝らないといかんのう
黒沢五段は強敵を倒すたびに自信をつけて、強くなっていってるね。
永瀬七段は本局、中盤で持ち味の受けを発揮したものの、気づいたら劣勢に陥っていた。次局はもっと積極的に攻めるか、あくまで自分の受け将棋を貫くか迷うかもしれんな。
永瀬七段だって百戦錬磨なんだし、迷いなんて無くいい将棋を指してくれるよ。
なにはともあれこれで永瀬七段の優位は消えて次勝った方が挑戦者じゃ。 
泣いても笑っても次で終わり。年末最後の大勝負が今から楽しみだね!

棋王戦挑決第2局は12月27日(水)に行われます。

スポンサーリンク

フォローする