将棋の格言

将棋の格言を紹介しています。

格言は将棋で大事なことを端的に表しています。覚えるればすぐ実践でき勝率アップにつながるでしょう。

玉にまつわる格言

王手は追う手

将棋の格言「王手は追う手」を紹介しています。むやみに王手をかけるのではなく、相手玉の包囲網を作って包むように寄せることが大切です。

玉は下段におとせ

将棋の格言「玉は下段に落とせ」を紹介しています。玉は下段にいる方が寄せやすくなります。玉を下段に落とす詰将棋もやってみましょう。

玉の早逃げ八手の得

将棋の格言「玉の早逃げ八手の得」を紹介しています。早めに玉を逃がすことで、玉の寿命を延ばせることがあります。早逃げの感覚をつかむための問題もやってみましょう。

居玉は避けよ

将棋の格言「居玉は避けよ」を紹介しています。玉の安全をしっかり確保して、安心して戦いましょう。

玉飛接近すべからず

将棋の格言「玉飛接近すべからず」を紹介しています。玉と飛車は離して、安全に戦いましょう。

玉のその他の格言

玉にまつわるいろいろな格言を紹介しています。玉は将棋で一番大事な駒だけに、いろいろな格言があります。

飛車と角にまつわる格言

大駒は離して打て

将棋の格言「大駒は離して打て」を紹介しています。大駒は遠くから利かせるのがコツです。

大駒は近づけて受けよ

将棋の格言「大駒は近づけて受けよ」を紹介しています。敵の飛車角を近づけて、強く受けましょう。

攻めの基本は飛車角銀桂(玉の守りは金銀三枚)

将棋の格言「攻めの基本は飛車角銀桂」と「玉の守りは金銀三枚」を紹介しています。玉をしっかり固めたら、ダイナミックに攻め駒を使って攻めましょう。

二枚替えなら歩ともせよ

将棋の格言「二枚替えなら歩ともせよ」を紹介しています。思い切って大駒を切って、駒得を目指しましょう。

飛車と角のその他の格言

飛車と角にまつわるいろいろな格言を紹介しています。飛車と角は攻めの主役です。上手に使いこなせるようになりましょう。

金と銀にまつわる格言

金底の歩岩より堅し

将棋の格言「金底の歩岩より堅し」を紹介しています。金底の歩を使って守り、終盤に時間を稼ぎましょう。

金はとどめに残せ

将棋の格言「金はとどめに残せ」を紹介しています。相手玉を寄せるときは、持ち後の金を最後に残しておくといい場合が多いです。金を使った簡単な詰将棋もやってみましょう。

桂頭の銀定跡なり

将棋の格言「桂頭の銀定跡なり」を紹介しています。相手の桂が攻めてきたら、銀を使って受けましょう。

金のその他の格言

金にまつわるいろいろな格言を紹介しています。金は守りの主役です。上手に使いこなせるようになりましょう。

銀のその他の格言

銀にまつわるいろいろな格言を紹介しています。銀は攻めにも守りにも活躍する便利な駒です。上手に使いこなせるようになりましょう。

桂と香にまつわる格言

桂は控えて打て

将棋の格言「桂は控えて打て」を紹介しています。桂を控えて打ってスマートに攻めましょう。

桂と香のその他の格言

桂と香にまつわるいろいろな格言を紹介しています。桂と香は使い方が難しい駒ですが、使いこなせるようになればもっと勝てるようになります。

歩にまつわる格言

三歩持ったら継ぎ歩に垂れ歩

将棋の格言「三歩持ったら継ぎ歩に垂れ歩」を紹介しています。歩を使った手筋はたくさんあります。いろんな攻めのパターンを覚えましょう。

飛車先の歩交換三つの得あり

将棋の格言「飛車先の歩交換三つの得あり」を紹介しています。飛車先の歩を交換するといいことが3つもあります。交換できる時はぜひしましょう。

歩のその他の格言

歩にまつわるいろいろな格言を紹介しています。歩は一番弱い駒ですが、一番活躍してくれる駒です。攻めに守りに大事に使いましょう。

その他の格言

終盤は駒の損得より速度

将棋の格言「終盤は駒の損得より速度」を紹介しています。終盤戦では駒の損得はさほど重要ではなくなり、どちらが先に玉を詰ますかのレースになります。

敵の打ちたいところに打て

将棋の格言「敵の打ちたいところに打て」を紹介しています。敵にとって重要なところは、自分にとっても急所です。

離れ駒に手あり

将棋の格言「離れ駒に手あり」を紹介しています。敵の離れ駒に着目すると、いい手が思い浮かぶことがあります。

風邪をひいても後手ひくな

将棋の格言「風邪をひいても後手ひくな」と、手番を奪う受けを紹介しています。力強い受けで先手を取れるようにしましょう。

実戦で使える格言

将棋の実戦で使える格言「寄せは俗手で」、「長い詰みより短い必至」、「不利な時は戦線拡大」を紹介しています。
将棋の実戦で使える格言「両取り逃げるべからず」、「4枚の攻めは切れない」、「堅い・攻めてる・切れない」、「勝ち将棋鬼のごとし」を紹介しています。