詰将棋をやってみよう!

前回のページ

振り飛車の代表的な5つの戦型、中飛車、四間飛車、三間飛車、向飛車、相振り飛車を簡単に紹介しています。戦型を知っているとプロの将棋がもっと楽しめるようになります。
将棋はかせ
前回のページでは、

「振り飛車の5つの戦型」について勉強したぞ。

今回のページでは詰将棋をやってみよう!

※「詰み」については下のページ

(初心者にはこのページの前に読んでほしいページです)

将棋の最後の仕上げ、詰みとはどんなものか解説しています。
スポンサーリンク

詰将棋とは?

 ワン太くん、今回は詰将棋をやってみよう!
詰将棋って玉を詰ますゲームだっけ?
そう。詰将棋をやると読みの力や終盤力を鍛えられるぞ。藤井四段をはじめ、プロにも詰将棋愛好家が多いぞ。
そうなんだ。これからもっと強くなりたいからがんばるぞ!

1手詰め

まずは簡単な1手詰めからやってみよう。

問題①

はかせ、これは簡単だよ。3二金
正解じゃ。楽勝すぎたかな。

問題①正解図

さて次の問題じゃ。

問題②

盤面全体を広く見てな。
銀をどっちに打とうかな~。

問題②正解図

正解は4二銀じゃ。
2二銀も同じように見えるけどダメなんだね。
そうじゃな。2二は遠くの馬が利いておるから詰まんな。

さあ次の問題に行こう。

問題③

う~ん、飛車が動けば、角の利きが通って王手になるなあ。

そうじゃな。でも飛車をどこに動かしてもいいわけじゃないぞ。

問題③正解図

正解は3三飛成じゃ。
竜と角の2つで王手がかかるから、同時に防ぐことができないんだね。
さて、最後の問題じゃ。

問題④

なんかややこしいなあ。
もちろん正解は1つだけじゃ。

問題④正解図

飛車が動くと、3一の角の利きが通るんだね。
そう。2二に合い駒をしても、同角成として無意味じゃ。

まとめ

はあ~疲れた。でも詰将棋ってとっても楽しい。
詰将棋は頭の体操にもなるし、将棋のトレーニングとして一番おすすめじゃ。
でもはかせってあんまり詰将棋好きじゃないってこの前言って…
なっ!まあそうなんじゃが、人には勧めるぞ。


とっても簡単な1手詰めの本です。

1手詰ハンドブック

次のページでは、3手詰めをやってみよう!
スポンサーリンク

フォローする