三歩持ったら継ぎ歩に垂れ歩!格言紹介

ワン太くん
今回は将棋の格言

三歩持ったら継ぎ歩に垂れ歩」だね!

将棋はかせ
今回は少し難しい内容だから、分からなくても気にしなくていいぞ。
スポンサーリンク

継ぎ歩に垂れ歩で敵陣攻略!

今回はまずは下の図から。どう攻めるのがいいかな?

持ち駒に歩が3枚飛車と歩だけでいい攻めがあるの?
今回は継ぎ歩垂れ歩という手筋を紹介するぞ。結構手順が長いから、下の図で先にざっくり流れをつかもう

継ぎ歩から垂れ歩の流れ

※後手の手を一部省略しています。

確かに攻めが気持ちよく決まってるけど、長い手順だなあ。

それじゃあ、この一連の手順を最初から解説していこう

参考図1

まずは▲2四歩

まずは3枚の歩の1つ目を2四に。これは普通の手じゃな。
当然相手は△同歩だよね。
そこで出てくるのが「継ぎ歩」じゃ。

参考図2

▲2五歩が「継ぎ歩」

さっきは2四に歩を打ったけど、次は2五なんだね。確かに歩を継いで打ってる
もちろんこの歩も相手は△同歩と取るな。そしたら…

参考図3

継ぎ歩で相手の歩がつりあがったら、▲2四歩の「垂れ歩」

そうか。継ぎ歩で相手の歩の裏にスペースを作って、そこに歩を垂らすのか。
そう。このような敵陣の四段目に打つ歩を「垂れ歩という。垂れ歩はと金作りを狙ったり攻めの手がかりになったりするぞ。
ここまで来たら、飛車をはしって敵の2五の歩を取るんだね。

参考図4

▲2五飛と飛車をはしる

こうなればもう攻めは成功じゃな。あとは▲2三歩成とと金を作れば

参考図5

▲2三歩成で敵陣を突破

これは厳しいね。角か金が取れるよ。
  継ぎ歩から垂れ歩の攻めが分かったかな?
うん。ちょっと長くて複雑だけど、歩と飛車だけで敵陣を攻略できるんだね。
今回紹介した手順では後手の手を一部省略してるから、実際には相手が受けてきてそう簡単にいくとは限らんけどね。
そうなんだ。でも流れはつかめたよ。
格言「三歩持ったら継ぎ歩に垂れ歩」とは

歩をたくさん持ったら、継ぎ歩や垂れ歩の攻めを考えようということじゃ。

歩で敵陣をかき乱せ!

今回は歩をうまく使って攻める問題をやってみよう。継ぎ歩も垂れ歩も少し難しい手筋だから、分からなかったらさっきの例をもう一度見てみよう

問題①

まずは基本。どう攻めるかな?

さっきの例と似てるね。ただ持ち歩は2枚だけだ。
でも大丈夫。例と同じように進めてみよう。

問題①正解図

▲2四歩 △同歩

▲2五歩 △同歩

▲2四歩    

例と同じように継ぎ歩からの垂れ歩

 さっきと全く同じ流れだね。
そう。この問題では持ち歩は2枚だけど、盤上に1つ歩があるから合計3つじゃな。
「三歩持ったら継ぎ歩に垂れ歩」の格言通りだね。
正解図からは飛車で敵の歩を取って、攻めを継続すればいいぞ。

問題①参考図

正解図から▲2五飛~▲2三歩成で攻めが炸裂

こんな攻めが決まれば気分がいいね。

問題②

次の問題も基本通りに進めてみよう。

なんだかとっても複雑に見えるなあ。相手は堅い美濃囲いだよ。
さっきまでと形は違うけど手順は同じ。シンプルに考えてみよう。

問題②正解図

▲2四歩 △同歩

▲2五歩 △同歩

▲2四歩    

継ぎ歩と垂れ歩で玉頭をこじ開ける

なるほど。形は違っても同じ攻め筋が通用するんだね。
この後も同じように飛車で歩を取って攻めていこう
今度は飛車を横に動かすんだね。持ち駒の銀も使って厳しい攻めができるね。

問題②参考図

正解図から▲2五飛~▲2三銀が厳しい

これは上からの攻めに弱い美濃囲いを真上から攻める理想的な展開じゃな。

問題③

次の問題も上手に歩を使って攻めてみよう

 今度は飛車が無いよ。歩と桂だけじゃ攻められないよ。
そんは事はない。歩のパワーを見くびってはいかんぞ。

問題③正解図

▲2四歩 △同歩

▲2五歩 △同歩

▲2四歩    

穴熊に対しても継ぎ歩と垂れ歩が有効だ

全く同じ筋だね。でもこの後どう攻めるの?
ワン太くんよく見てごらん。2三に桂を打ちこむのが厳しいな

問題③参考図1

正解図から▲2三桂

ホントだ!垂れ歩のおかげでこんな攻めが生じたんだ。
 垂れ歩はこうやって攻めの拠点になるんじゃ。相手はこの後△同銀と取るしかなく…

問題③参考図2

上の図から△2三同銀▲同歩成で穴熊は崩壊だ

堅かった穴熊もあっという間に攻略できたね。

問題④

次は今回の格言とは少し違うけど、重要な歩の手筋の問題じゃ。

今度は持ち駒が歩2つだけ。攻めなんてないよ。
ワン太くん、最初からあきらめてはいかん。相手の桂に着目しよう

問題③正解図

▲3五歩 △同歩

▲3四歩    

2枚の歩で桂の頭を狙おう

はーなるほど。これで桂を取れば大きな駒得だね
2枚の歩で桂の弱点、頭を攻めるんじゃな。この筋は実戦で超重要
そうなんだ。歩をうまく使うと本当にいろんな攻め方ができるんだね。

まとめ

今回覚えてほしい格言は

三歩持ったら継ぎ歩に垂れ歩じゃ。

厳密に3枚ってことじゃなくて、歩を何枚か持ったら継ぎ歩とか垂れ歩とかを試してみるといいんだね。
その通り。歩をたくさん持てば攻めのバリエーションが増えるんじゃ。歩の手筋は他にもいろいろあるから、勉強してみるといいぞ。

※他の将棋の格言はこちら

将棋の格言を紹介しています。格言には将棋のエッセンスが詰まっているので、ぜひ覚えましょう。

スポンサーリンク

フォローする