敵の打ちたいところに打て!格言紹介

将棋はかせ

今回は格言

敵の打ちたいところに打て」を紹介するぞ。

スポンサーリンク

敵の急所は自分の急所!

敵の打ちたいところに打て」は文字通り、

敵が駒を打ちたいところに、先に自分の駒を打つといいということじゃ。下の例を見てみよう。

相手に5五の地点に角を打たれると、王手飛車取り厳しいよ。

相手が△5五角と打てば王手飛車

そうじゃな。でももしこの局面で自分の手番だったら、自分も5五に角が打てるな。

自分も▲5五角と打てば王手飛車

ホントだ!5五は自分も相手も角を打ちたいところなんだね。どっちが先に角を打つかが大事だよ。

そう。このように自分にとって大事な地点が、相手にとっても大事になることがある
お互いにとって超重要なポイントなんだね。
うん。「敵の急所は自分の急所」という格言もあるな。大事な地点を見極めて、先着するといいぞ。

敵の打ちたいところに打ってみよう!

今回は敵の打ちたいところに打つ問題をやってみよう。

問題①

自玉が攻められてるけど、どう受けるのがいいかな?
 

敵の打ちたいところってどこだろう?
攻める側の気持ちになって考えると、受けの手が分かるぞ。

問題①正解図

▲2六歩

この問題では2六の地点が互いにとっての急所歩を先着するのがいい手じゃ。
逆に相手に打たれてしまうと厳しいんだね。

問題①参考図

△2六歩と打たれてしまうと猛烈に厳しい

そうじゃな。相手の攻めたいところに歩を打って、未然に防ぐことが大事じゃ。

問題②

相手の攻めと自分の攻め、両方を考えて次の一手を見つけよう。

この問題では両方の玉がいるね。どこが急所だろう?
お互いの持ち駒にもしっかり目を通してな。

問題②正解図

▲2五桂

なるほど!この桂がいい手なのか。
2五の地点は互いに桂を打ちたいところ。もし先に相手に打たれてしまうと…

問題②参考図

相手に△2五桂と打たれると嫌な攻めだ

居飛車対振り飛車の対抗形では、特にこの2五の桂が攻防の焦点になることが多いな。

問題③

次も相手が攻めたいところがどこか見極めよう

 美濃囲いがしっかりしてるけど、どこが攻められるんだろう。
定番の「弱点」といえる場所があるな。

問題③正解図

▲3六歩

桂頭の弱点を守る一手だね。
そう。もちろん相手に先に歩を打たれては最悪じゃ。

問題③参考図

相手に先に△3六歩と打たれては激痛だ

まさに「敵の打ちたいところに打て」だね!

まとめ

今回覚えてほしい格言は

敵の打ちたいところに打てじゃ。

相手が攻めたいと思ってるポイントは、自分にとっても重要なところなんだね。
その通り。「敵の急所は自分の急所」も同じ意味の格言じゃ。 

※他の将棋の格言はこちら

将棋の格言を紹介しています。格言には将棋のエッセンスが詰まっているので、ぜひ覚えましょう。

スポンサーリンク

フォローする