将棋の格言おさらい問題①

将棋はかせ
今回は今までに勉強した将棋の格言をおさらいする問題をやってみよう。
スポンサーリンク

格言おさらい問題

問題①

 まずはこの問題。攻めの一手を考えよう。

持ち駒の角で王手してみたいな。
角で王手できる打ち場所は2つあるけど正解はどっちかな?敵の持ち駒もよく見てな。

問題①正解図

▲4五角

角を遠くから打つのが厳しい

▲4五角の王手が厳しい攻めじゃな。相手は△2三銀と受けるしかないけど…

問題①参考図

△2三銀の受けに▲2四歩の攻めが激痛だ

持ち駒の歩を打つと相手は受けが無いね。
その通り。この問題では▲3四角も同じように思えるけど…

問題①失敗図

▲3四角だと△2三銀の受けに角を逃げるしかなく、攻めは失敗だ

これでは△2三銀が角取りになってて、角を逃げないといけないね。
うん。「大駒は離して打て」がこの問題のカギじゃな。
将棋の格言「大駒は離して打て」を紹介しています。大駒は遠くから利かせるのがコツです。

問題②

次は受けの一手。定番の受けの形を思い出そう。

このまま放っておくと詰まされてしまうね。

問題②参考図1

放置すると△1八飛成(桂成)で詰み

そうじゃな。持ち駒のでどう受けるかな?

問題②正解図

▲2七銀

▲2七銀の「桂頭の銀」

桂頭の銀」だね。桂の攻めを受けるときの基本だ。
そうじゃな。詰みを受けておいて、次に手番が回ってくれば

問題②参考図2

▲2六銀と桂を取って、さらに飛車取りだ

相手の桂を取り切ってしまって、さらに飛車取りにもなるんだね。
その通り。場合によっては相手の桂を取ることもできるのが「桂頭の銀」の魅力じゃな。
将棋の格言「桂頭の銀定跡なり」を紹介しています。相手の桂が攻めてきたら、銀を使って受けましょう。

問題③

次は攻めの一手。盤面は広いけど、よく見て厳しい一手を探そう。

 う~ん、持ち駒の角をどこに打つのかなあ。
この問題では格言「○○に手あり」を思い出せるかどうか。

問題③正解図

▲5三角

離れ駒の銀と金を狙うのが厳しい

離れ駒に手あり」だね!7一の銀6四の金離れ駒になってるから、そこに着目するといいんだね。
その通り。攻めの手を考えるときは、相手の離れ駒を確認するのをくせにしよう
将棋の格言「離れ駒に手あり」を紹介しています。敵の離れ駒に着目すると、いい手が思い浮かぶことがあります。

問題④

次はかっこよく寄せる一手を見つけよう。

 相手は持ち駒無しだ。普通に角で王手するのはダメなんだよね。

問題④失敗図

▲5三角などと王手すると、玉を逃がしてしまい捕まえられない

これでは「王手は追う手」になってしまい、寄せるのは大変じゃ。
敵玉を逃がさないで確実に捕まえないといけないんだね。

問題④正解図

▲1二角

▲1二角とあらかじめ逃げ道をふさぐのが好手

これで相手は受けが無い。次の番が来たら…

問題④参考図

▲4二金で詰み

持ち駒の金を打って詰みだね。
この問題で大事なのは「玉は包むように寄せよ」じゃな。
将棋の格言「王手は追う手」を紹介しています。むやみに王手をかけるのではなく、相手玉の包囲網を作って包むように寄せることが大切です。

まとめ

今回おさらいした格言は下の4つじゃ。

①大駒は離して打て

②桂頭の銀定跡なり

③離れ駒に手あり

④王手は追う手(玉は包むように寄せよ)

どれも基本の格言だね。忘れないようにしよう!

※将棋の格言はこちら

将棋の格言を紹介しています。格言には将棋のエッセンスが詰まっているので、ぜひ覚えましょう。

スポンサーリンク

フォローする