二枚替えなら歩ともせよ!格言紹介

将棋はかせ

今回は格言

二枚替えなら歩ともせよ」を紹介するぞ。

スポンサーリンク

駒の価値

今回はまず駒の価値についておさらいしよう。

駒の価値をお金に例えて勉強したよね。

※詳しくはこちら

8種類の駒にはそれぞれどのくらい価値があるのか、お金に例えながら解説しています。
格言「二枚替えなら歩ともせよ」を勉強する前に、駒の価値をきちんと頭に入れておこう

二枚替えって?

大駒1枚と小駒2枚の交換

二枚替え(にまいがえ)とは大駒1枚(飛車・角)と小駒2枚を交換することじゃ。

※単に「1枚の駒と2枚の駒の交換」を指す場合もあります。

大駒1枚を犠牲にして、敵の駒を2枚取るんだね。
そういうこと。例えば下の図のようなとき。

ここで▲3三角成と角を切ると…

※(大駒を)切る大駒を捨てて敵の小駒を取ること

▲3三角成△同桂▲同飛成で二枚替えに成功

角を犠牲にして、銀と桂を手に入れたね。駒得だよ。
そう。

二枚替えなら歩ともせよ」とは、

二枚替えで駒得できるなら、ぜひ大駒を切ってしまおうということじゃ。

なるほど。でも本当に大駒と歩を二枚替えしてもいいの?
いや、ダメじゃ。「歩ともせよ」というのはさすがに言い過ぎ歩を含む二枚替えは単なる駒損じゃ。

歩を含む二枚替えは得にならないから注意!

えー!格言が間違ってるの!?

まあ二枚替えを目指すこと自体は大事な発想なんだけどね。とにかくこの格言は文面通り受け取らないようにしよう

大駒を切って攻めてみよう!

今回は大駒を切って、二枚替えを目指す問題をやってみよう。

問題①

思い切って攻めていく手を考えてみよう。
 

ちょっともったいない気もするけど大駒を切っていくのがいいんだね。
そう。大駒を捨てるのは惜しい気がするかもしれんが、思い切りが大事じゃ。

問題①正解図

▲3三飛成

△同桂

▲同角成

飛車と金桂の交換で駒得

※▲3三角成△同桂▲同飛成も正解です。

これで二枚替えになって、駒得したね。

問題②

飛車と角、どっちを切るのがいいんだろう。
先をしっかり読んで、正解の一手を決めよう。

問題②正解図

▲3三飛成

△同歩

▲同角成

飛車を切る

あれ、でもこれだと飛車と銀歩の二枚替え歩の二枚替えはダメなんじゃないの?
ワン太くん、しっかり局面を見てみよう。ここで王手金取りがかかっておるんじゃ。

問題②参考図

△4二金と王手を受けてくれば、▲2四馬で金をとる。

なるほど、相手は王手を受けないといけないから、結局金が取れるんだね。これで二枚替えだ。
その通り。二枚替えにもいろんなパターンがあるんじゃ。

問題③

 攻め駒が少ないのにどうやるんだろう。
持ち駒の歩に着目して攻めてみよう。

問題③正解図

▲2三飛成

△同桂

▲2四歩

飛車を切ってから、桂取りに歩を打つ

バサッと飛車を切ってから、じっと桂頭の弱点を攻めるんだね。
そう。もちろんこの後桂が取れるから…

問題③参考図

▲2三歩成まで進めば飛車と銀桂の二枚替え

二枚替えできたうえ、敵玉の真上にと金。攻めが大成功だね。
飛車や角を捨てるのはもったいなく思うかもしれんが、こういう思い切った攻めもできるようになろう。

まとめ

今回覚えてほしい格言は

二枚替えなら歩ともせよじゃ。

思い切って飛車や角を切ってもいいんだね。
その通り。ただしいつでも二枚替えすればいいわけではないから、臨機応変に考えよう。 
単に駒得すればいいってものでもないよね。
そう。実戦では飛車と角両方切ってしまうのはやめたほうがいい攻めが途切れてしまう可能性大だからな。

※他の将棋の格言はこちら

将棋の格言を紹介しています。格言には将棋のエッセンスが詰まっているので、ぜひ覚えましょう。

スポンサーリンク

フォローする