金はとどめに残せ!格言紹介

将棋はかせ

今回は将棋の格言

金はとどめに残せ」を解説しよう!

スポンサーリンク

フィニッシュは金で!

「金はとどめに残せ」とは文字通り、

玉を寄せるとき、持ち駒の金を最後にとっておくといいということじゃ。

持ち駒の金は温存しておいて、とどめを刺すのに使うといいんだね。
そう。下の例を見てみよう。

相手玉が詰みそうだね。 
うん。でも金と銀、どっちを先に打つかが重要じゃ。もちろん銀から打つのが正解じゃな。

▲2三銀△3一玉▲3二金で詰み

金でとどめを刺すんだね。
そう。この詰みの形を頭金(あたまきん)と呼ぶな。
玉の頭に金を打って詰みだもんね。
この詰将棋、もし先に金を打ってしまうと

▲2三金だと△3一玉▲3二金△4二玉で詰まない

最後に逃げられてしまうね。
詰みや寄せの最後は金。覚えておくといいぞ。

金を使って詰ませ!

今回は金を使うやさしい詰将棋をやってみよう。簡単だから何手で詰むかは自分で考えてな

問題①

今回の詰将棋は簡単だから、サクッと終わらせよう。

持ち駒は角と金。どう行くかな。
「金はとどめに残せ」を意識してな。

問題①正解図

▲3三角 △3一玉

▲4二金     

この問題は3手詰め他の詰み筋もしっかり読み切ろう
先に金を打ってしまうと詰まないんだね。

問題①失敗図

1手目に▲3三金と打つと、△1二玉などで詰まない

問題②

 持ち駒が3つもあるよ。いったい何手詰めなんだろう。
そんなに難しくないよ。ワン太くんなら余裕でできる!

問題②正解図

▲4四桂 △2二玉

▲3一銀 △1二玉

▲2二金     

この問題は5手詰め。でも3枚の駒を順番に打っていくだけじゃな。他の詰み筋もしっかり読み切ろう
 3手目の△3一銀が分からなかったよ。△3二金を読んでた。

問題②失敗図

3手目に▲3二金だと詰まない

これではあとちょっとで詰まないな。仕上げに金を残すのが大事じゃ。

問題③

それでは最後の問題。油断せず頑張ろう。

 う~ん、なんだかおかしいなあ。
シンプルに考えてみよう。

問題③正解図

▲1五金 △1三玉

▲1四香     

3手詰め

えー!「金はとどめに残せ」じゃないよ!
 そう。この問題では金を先に打つのが正解なんじゃ。

問題③失敗図

1手目に▲1五香だと△2四玉で詰まない

「金はとどめに残せ」は結構例外もある局面に応じて柔軟に考えんといかんぞ。
そっか。どんな格言にも例外があるもんね。
ワン太くん、格言のことが分かってきたな。格言はすごく役に立つけど、とらわれすぎてはダメじゃ。

まとめ

今回覚えてほしい格言は

金はとどめに残せじゃ。

相手玉を詰ましたり寄せたりするときは、金を最後に残しておくといいんだね。
その通り。ただ例外もたくさんあるから、その場できちんと判断しよう。 

スポンサーリンク

フォローする