桂頭の銀定跡なり!格言紹介

将棋はかせ

今回は将棋の格言

桂頭の銀定跡なり」を解説しよう!

※「桂先(けいさき)の銀定跡なり」といわれることもあります。

スポンサーリンク

銀でがっちり受けよう!

 「桂頭の銀」とは下の図のような形じゃ。

桂が進める2ヶ所を銀でしっかりカバー

※「桂頭の銀」は「桂先(けいさき)の銀」と呼ぶこともあります。

ワン太くん
相手の桂の頭(正面)に自分の銀を向かい合わせるんだね。
「桂頭の銀定跡なり」とは

相手が桂で攻めてきたら、桂頭の銀で受けるといいよということじゃ。

桂の攻めを受けるときのお決まりパターンなんだね。
そう。下の例を見てみよう。

自玉の頭に桂か香を成られると詰みだね。何か受けないと。
そうじゃな。こういう時に桂頭の銀が役に立つんじゃ。

桂頭の銀でばっちり受かってるね。でも▲2八銀で受けるのはダメなの?

参考図①

▲2八銀の受け

もちろんこれでも詰みは受かる。でも桂頭の銀の方がよりいいんじゃ。
なんで~?同じに思えるけどなあ。
桂頭に銀を打てば、次に桂を取ることができるんじゃ。

参考図②

▲2五銀と相手の桂を取ることができる

そうか!ただ詰みを受けるだけじゃなくて、敵の桂を取ってしまう狙いもあるんだ。
これが桂頭の銀のいいところじゃな。ただ受けるだけでなく、場合によっては桂を取ることもできる

桂頭の銀で受けてみよう!

今回は桂の攻めを銀で受ける問題をやってみよう。

問題①

自玉には詰めろがかかっておる。どう受けるかな?

相手は持ち駒無しなんだね。基本の桂頭の銀でいいかな。
相手がどう攻めてきても、完全に詰まないように受けてな

問題①正解図

▲2七銀

 格言通り「桂頭の銀定跡なり」だね。
他の受けだとどうなるか考えてみよう。まず▲3九銀だと…

問題①参考図1

▲3九銀だと△1八香成で詰み

全然受けになってないね。
そうじゃな。じゃあ▲3七銀だとどうなるかな?

問題①参考図2

▲3七銀と受けるとどうなるかな?

あれ、これでも受かってるように見えるなあ。
残念だがこれも受けになってない

▲3七銀に△同香▲同歩▲3八銀で詰み

そうか。香で銀を取って、その銀を打てば詰みなんだ。
この問題では桂頭の銀が唯一の受け。桂頭の銀の優秀さが分かったかな。

問題②

次の問題も自玉の詰めろを受けよう。相手は持ち駒無しじゃぞ。

 相手の2つの桂馬のどっちかが、玉頭に成ると詰みだね。でもどっちに銀を打つんだろう。
桂頭の銀は2つ見えるけど、正解は1つだけじゃ。

問題②正解図

▲1七銀

1七に桂頭の銀が正解。3七に打つとどうなるか考えてみよう

問題②参考図1

▲3七銀の受けだとどうなるかな?

これは△3七同飛で銀を取ってしまえばいいんだ!

問題②参考図2

そうじゃな。これを▲3七同歩と取れば、もちろん桂を成られて詰んでしまうな。

問題③

それでは最後の問題。少し難しいけど頑張ろう。

 今度は玉頭に、桂か角が成ると詰みなんだね。桂頭の銀で受けるのかな…
盤面を広く見て考えてみよう。

問題③正解図

▲1六銀

えー!桂頭の銀じゃないよ!
 そう。いつでも桂頭の銀が正解とは限らんぞ。もし桂頭の銀だとどうなるかな?

問題③参考図1

▲3六銀の受けだとどうなるかな?

そっか!これは△3六同角と取って、銀を3九に打てば詰みだ。

問題③参考図2

▲3六銀だと△同角▲同歩△3九銀打で詰み

その通り。この問題では桂頭に銀を打ってはダメじゃ。
格言にはいつだって例外があるもんね。

まとめ

今回覚えてほしい格言は

桂頭の銀定跡なりじゃ。

桂の攻めは銀で受けるのがいい形なんだね。
その通り。ただ例外もたくさんある柔軟に考えて、最善の受けを探すようにしよう。 

※他の将棋の格言はこちら

将棋の格言を紹介しています。格言には将棋のエッセンスが詰まっているので、ぜひ覚えましょう。

スポンサーリンク

フォローする