桂と香のいろいろな格言紹介!

将棋はかせ
今回は桂と香に関するいろんな格言を紹介するぞ。
スポンサーリンク

覚えておきたい桂と香の格言

桂の高跳び歩のえじき

桂の高跳び歩のえじき」とは

むやみに桂をはねてしまうと、あっさり歩に取られてしまうということじゃ。例えば下の図。

▲4五桂と桂をはねた局面

序盤早々に桂をはねたんだね。
ルールを覚えたての人はこうやってすぐ桂を進めがちなんだけど…

△4四歩とされて桂が助からない

あらー。桂があっさり取られちゃうね。
桂は一度はねたら戻れない。慎重に活用しよう。

下段の香に力あり

下段の香に力あり」とは

香はなるべく下から打った方がいい場合が多いよということじゃ。

下にいる方が動ける範囲が多いもんね。

下にいる方が動ける範囲が広い

まあ単純な話じゃな。ただ他にも下にいた方がいい理由があるんじゃ。例えば下の図のような場合。

香を2筋に打って、敵の角と桂を狙いたいな。
そうじゃな。ここでは2八に打つのがぴったり

敵の角桂を狙いつつ、飛車の攻めを緩和できる。

ここに香をうつと、敵の飛車に対してバリケードになるんだね。
その通り。香は打つ場所次第で、攻防に働かせることもできるんじゃ。

そんなに重要じゃない桂の格言!

次の格言はたいして大事じゃないけど一応知っておこう。

三桂あって詰まぬ事なし

三桂あって詰まぬ事なし」とは

桂が三枚あれば敵玉が詰むことが多いよということじゃ。

桂が三枚あればいつでも詰むの?
いや、正直この格言はあまり信じない方がいい玉が詰むかどうかはケースバイケースじゃ。
えー!じゃあなんで紹介したの?
一応有名な格言ではあるからな。まあせっかくだから三桂使う詰将棋を出題しよう。

5手詰め

持ち駒に3枚桂があるんだね。どう使うかな。
まあ桂を順番に打っていけばいいんだけど、問題はどこに打つかじゃな。

正解図

▲4六桂 △4三玉

▲3五桂 △4二玉

▲3四桂 にて詰み

必須の格言もおさらい!

☆桂は控えて打て☆

いったん桂を控えて打って、次にはねる手を厳しくする控えの桂」で攻めるとよい。

将棋の格言「桂は控えて打て」を紹介しています。桂を控えて打ってスマートに攻めましょう。

まとめ

今回特に覚えてほしい格言は下の2つじゃ。

桂の高跳び歩のえじき

②下段の香に力あり

桂と香は使いこなすのが難しいけど、もっと上手に活用できるようになりたいな。

※他の将棋の格言はこちら

将棋の格言を紹介しています。格言には将棋のエッセンスが詰まっているので、ぜひ覚えましょう。

スポンサーリンク

フォローする