桂は控えて打て!格言紹介

将棋はかせ

今回は将棋の格言

桂は控えて打て」を解説しよう!

スポンサーリンク

桂をちょっと遠くに打とう!

まずは下の図を見てみよう。ワン太くんならどう攻める?

参考図1

ワン太くん
う~ん、持ち駒の桂で相手の金を狙ってみようかな

参考図2

▲5四桂打

これは金への直接的な攻めの手じゃな。この手がダメなわけじゃないけど、もっとクールな手があるぞ。

参考図3

▲2六桂が「控えの桂」

この手が「控えの桂」という攻め方。次の狙いはもちろん…

参考図4

上の図から▲3四桂で王手金取り

そうか!桂をはねると王手金取りですごく厳しいね。
このようにいったん桂を控えて打って、次にはねる手が厳しいというのが「控えの桂」の狙いじゃ。
格言の「桂は控えて打て」桂馬を少し遠くから控えて打って、次に厳しい攻めをしようということなんだね。
そう。最初にワン太くんが打った▲5四桂は直接的な攻めだけど、控えの桂は2手で1組の巧妙な攻めじゃな。

桂でうまく攻めてみよう!

今回は桂を巧みに使う問題をやってみよう。「控えの桂」は少し難しい手筋だから、分からなくても気にしなくていいぞ。

問題①

まずは基本。どう攻めるかな?

う~ん、「桂は控えて打て」だから…
これは簡単かな。

問題①正解図

▲4六桂

 格言通りだね。次に桂がはねたら王手金取り
そうじゃな。じゃあここから相手が△1二玉と逃げたらどうする?

問題①参考図1

相手があらかじめ△1二玉と逃げたら?

おかまいなく桂をはねればいいんじゃない。

問題①参考図2

△1二玉にも▲3四桂。4二の金取りと▲2二金の詰めろで厳しい

その通り。4二の金取りと、同時に▲2二金の詰めろ。非常に厳しいな。
控えの桂って一見ぼんやりした手に見えるけど、すごく厳しい攻めなんだね。
うん。この問題では相手に他にもいろんな受けがあるから、すぐに寄るわけではないけどね。

問題②

次の問題も桂で上手に攻めてみよう。

相手玉は「玉飛接近」の悪形。どう攻めるのが厳しいかな?
 そうだなあ。▲2五桂はどうかな?

問題②参考図1

▲2五桂には△3四飛と逃げられて二の矢が無い

▲2五桂は直接的な攻めの手。でも残念ながら飛車を逃げられて次の攻めが無いな。
ほんとだ。じゃあどうしましょ。
ここでも控えの桂がいい手じゃな。

問題②正解図

▲4六桂

なるほど!次に香を打つ攻めが猛烈に厳しいね。

問題②参考図2

正解図から▲3四香

そう。この▲3四香を打つための下準備として、控えの桂を打ったんじゃな。

問題③

次の問題も少し難しいけど、頑張ってしっかり読んでみよう。

 相手玉が寄りそうだけど、上に脱出されそうで困るなあ。
そうじゃな。▲3五桂などと王手をしては逃げられてしまうな。

問題③失敗図

▲3五桂と王手するのは△1四玉など逃げられて捕まらなくなる

これじゃあ「王手は追う手」でまるっきりダメだね。
そうじゃな。桂馬の力を最大限使って、相手玉を捕まえよう。

問題③正解図

▲2六銀

▲2六桂で逃げ道を封鎖するのがいいんだね。スマートな手だなあ。
 実はこれで相手玉は必至なんじゃ。もうどうやっても受けが無いぞ。

※必至についてはこちら

そうなの!?じゃあ例えば△3二金の受けは?

問題③参考図1

△3二金と受けたらどうする?

持ち駒の金を2二に打って詰みじゃな。

問題③参考図2

△3二金の受けには▲2二金△同金▲同飛成で詰み

そっか。じゃあ△2五歩の受けは?

問題③参考図3

△2五歩の受けなら?

これも▲2二飛成で詰み

△2五歩には▲2二飛成で詰み

 他の受けでも相手玉が詰むことを読み切ってみよう

華麗な攻め!「継ぎ桂」

最後に「継ぎ桂」という高等テクニックを紹介しよう。

相手の美濃囲いがとっても堅いね。どう攻めようかしら。
ここでもまずは「控えの桂

▲4六桂

う~ん、なんだか狙いがよく分かんないな。
次に▲3四桂打とするのが「継ぎ桂」じゃ。

▲3四桂打の継ぎ桂の攻め

なるほど!歩の前に桂を打つのか!これは思いつかないなあ。
相手はもちろん△3四同歩と桂を取るけど…

上の図から△3四同歩▲同桂

すごく厳しい王手がかかったね。
これで相手玉は詰みじゃな。

上の図から△3三玉▲2二角△3四玉▲3五金で詰み

相手の美濃囲いはしっかりしてるのに、あっという間に詰んでしまったね。
継ぎ桂の破壊力が分かったかな?桂を2枚持ったら継ぎ桂を考えてみよう

まとめ

今回覚えてほしい格言は

桂は控えて打てじゃ。

桂は控えて打って、次の番が来たらはねるっていうのが巧妙な攻めなんだね。
その通り。控えの桂継ぎ桂少し難しいテクニックだけど実戦で試してみよう。 

※他の将棋の格言はこちら

将棋の格言を紹介しています。格言には将棋のエッセンスが詰まっているので、ぜひ覚えましょう。

スポンサーリンク

フォローする