実戦で役立つ格言紹介②

将棋はかせ
今回も前回に引き続き、実戦で使えるいろんな格言を紹介するぞ。
スポンサーリンク

覚えておきたい実戦の格言

両取り逃げるべからず

両取り逃げるべからず」とは

両取りをかけられたときに、駒を逃げる以外の手を考えてみるといいよということじゃ。例えば下の図。

△3六桂と飛車角両取りをかけられた局面

飛車か角が取られそうだよ。どっちを逃げようかな。
この局面では正確に指せば先手勝ち。ただし飛車角を逃げるのは間違いなんじゃ。

どちらを逃げても、もう一方を取る手が詰めろになり、逆転する

飛車を逃げても角を逃げても、もう片方を取られると自玉が詰めろになる。ここでは駒を逃げずに攻める手が正解なんじゃ。

両取りを放置して、▲2三銀(金)と攻めるのが正解

なるほど!このタイミングで敵玉を攻めるなんて思いつかなかったよ。 
そう。今が攻める絶好のチャンスで、駒を逃げてる場合じゃないんじゃ。ちなみにこの後は…

▲2三銀△3一玉に▲4三銀(金)で先手勝ち

ここで▲4三銀(金)とするのが明快な勝ちじゃな。
そっか。まさに「終盤は駒の損得より速度」なんだね。
その通り。両取りをかけられたとしても、両方取られるわけじゃない逃げる以外の手も考えてみよう
安易に駒を逃げてると、攻めのチャンスを逃してしまうかもしれないんだね。
そうじゃな。ただ両取りをかけられたら普通に逃げた方がいい場合も多いから注意しよう。

4枚の攻めは切れない

4枚の攻めは切れない」とは

4枚以上の駒での攻めは切れないことが多いということじゃ。下の図を見てみよう。

青枠の4つの駒が攻め駒

攻め駒がたくさんあって、攻めが途切れる感じがしないね。
そうじゃな。逆に言うと、3枚以下での攻めは切れやすいんじゃ。

3枚の攻めでは頼りない感じだ

攻めが細い感じがするなあ。相手に受けきられてしまいそうだよ。
一般論として4枚以上の攻めはつながるし、3枚以下だと受けきられる可能性が高いんじゃ。
でももちろん例外もあって、3枚以下でもつながる場合もあるよね。
その通り。どんな格言も例外はある。ちなみに「4枚」には普通、歩は含めないことが多いな。

※局面によっては歩も含めることもあります。

堅い・攻めてる・切れない

堅い・攻めてる・切れない」は格言ではないけど、一種の合言葉みたいなものじゃな。
どういうことなの?
これは勝ちの黄金パターン玉が堅く、攻めていて、その攻めが切れない。こうなれば将棋は勝ちということじゃ。

堅い・攻めてる・切れないの一例

自玉は穴熊で鉄壁攻め駒も豊富で切れる心配がないね。これは温泉気分だよ。
まあ最後まで油断しちゃダメだけどな。勝つときの理想パターンとして覚えておこう。
でも実戦ではそううまく行くとは限らないよね。
そうじゃな。実際は玉が薄くても勝てることもあるし、敵の攻めを受けきって勝つ方法もあるしな。

勝ち将棋鬼のごとし

勝ち将棋鬼のごとし」とは形勢が大きく傾くと、どんどん厳しい手が出てきてしまうよということじゃ。
この格言は特に教訓ってわけではないんだね。
そうじゃな。この格言から何か学べるわけではないけど、有名だから一応紹介してみたぞ。

攻めが厳しすぎて、相手が鬼に思えてくる

確かに形勢が大差がついてくると、どんな攻めでも激痛でつらいよね。

まとめ

今回特に覚えてほしい格言は下の3つじゃ。

①両取り逃げるべからず

②4枚の攻めは切れない

堅い・攻めてる・切れない

やっぱりチャンスを逃さず積極的に攻めるのが大事だよね。

※他の将棋の格言はこちら

将棋の格言を紹介しています。格言には将棋のエッセンスが詰まっているので、ぜひ覚えましょう。

スポンサーリンク

フォローする