居玉は避けよ!格言紹介

将棋はかせ

今回のページでは将棋の格言

「居玉は避けよ」を解説しよう!

スポンサーリンク

居玉は危ない!?

はかせ、居玉って何?
居玉(いぎょく)とは

玉を初期位置のまま戦うことじゃ。

そうか。「居飛車」も飛車を最初の位置のままだもんね。
そうじゃな。下の図を見てみよう。

この玉は5一の初期位置にいるから、居玉なんだね。
居玉は避けよ

居玉のままだと危ないから、玉は初期位置から動かそう」という意味なんじゃ。

居玉は危険なんだね。
そう。例えばさっきの図の場合…

▲4七桂打で簡単に詰み

金2枚で玉を守ってるはずなのに簡単に詰んじゃったよ。
居玉はとても危険で、この例のようにあっという間に詰まされてしまうことがあるんじゃ。
だから居玉は避けて、きちんと玉を囲った方がいいんだね。

居玉の怖さを知ろう!

今回は居玉がいかに危険なのか、ワン太くんに実感してもらおう。

例①

まずはこの局面。ワン太くんならどう指す?

う~ん、桂馬が取れそうだし、飛車も成れそうだ。
この局面では飛車を成る方が厳しいな。

▲3一飛成

あー!王手だし、この後に桂香が取れそうだ。
そうじゃな。このように居玉だと簡単に王手がかかってしまうんじゃ。
きちんと囲っていれば、こんな王手食らわなくて済むのに。

例②

次はこの相居飛車の序盤で、この後の3手を読んでみよう

図は△8六飛まで

ここから3手進めるのか~。どうするかな。
実はとっても厳しい攻めがあるんじゃ。

上の図から

▲2二角成

△同銀

▲9五角 と進んで

角交換して▲9五角で、王手飛車取りだ。

あー!角を交換して打つと、王手飛車がかかるのか。
こんな厳しい手を食らったらもう将棋は終わりじゃな。この筋は初心者がよくやられてしまうことがあるから、覚えておこう。
後手は少しでも玉を動かしておけば、この筋を食らうことは無かったのにね。
その通り。このように居玉は角で王手をかけられやすいんじゃ。
居玉の怖さがだんだん分かってきたよ。

例③

次はちょっと難しいけど、次の一手を考えてみよう

図は△5七銀まで

自玉がもう詰まされそうで、絶体絶命に見えるよ。
確かに普通の受けではもう助からないが、実は起死回生の一手があるんじゃ。
う~ん、相手は居玉だなあ。
ここでの正解は

▲2四角じゃ。

▲2四角

はえ~、これが王手と5七の銀取りなのか。
これがぴったりの一手5七の銀を取ることができるな。

上の図から

△4二銀

▲5七角 と進んで

図は▲5七角まで

銀を取ったことで自玉が安全になって、もう寄らなくなったね。
この例でも、後手が居玉だったからピッタリの角打ちを食らってしまったんじゃな。
相手の立場から見ると、もうちょっとで敵玉が寄りそうだったのに居玉のせいで全部パーになった感じだね。
その通りじゃな。もし後手玉がきちんと囲われていればこんな角打ちは無く、後手勝ちだったんじゃ。

まとめ

今回覚えてほしい格言は

居玉は避けよ」じゃ。

居玉は本当に王手がかかりやすくて、危ないんだね。
そう。居玉だと思いがけない王手を食らったりあっという間に寄せられてしまったりするんじゃ。 
これからは序盤にしっかり玉を囲うよ。
ただし上級者になると、攻めを優先するためにあえて居玉で戦うこともある。まあ初心者のうちはそんな戦い方やめたほうがいいけど。

藤井四段推薦の新しい1手詰めの本です。

スポンサーリンク

フォローする