必至問題をやってみよう①

前回のページ

将棋の格言「王手は追う手」を紹介しています。むやみに王手をかけるのではなく、相手玉の包囲網を作って包むように寄せることが大切です。
将棋はかせ
前回のページでは、

格言「王手は追う手」を勉強したぞ。

今回のページでは簡単な必至問題をやってみよう!

※「必至」については下のページ

(このページの前に読んでください)

将棋の格言「王手は追う手」を紹介しています。むやみに王手をかけるのではなく、相手玉の包囲網を作って包むように寄せることが大切です。
スポンサーリンク

必至問題とは?

必至問題って詰将棋とは違うの?

※詰将棋についてはこちら

玉を寄せるトレーニングという点では同じだが、少しルールが違うんじゃ。

必至問題と詰将棋の違い

・必至問題では、最終的に必至をかければ正解

王手か詰めろをかけて攻める。

(必ずしも王手をかけなくてもよい

なんかややこしくて分かんない。
とりあえず始めてみよう。一度やればルールは掴めるじゃろう。

1手必至

まずは1手で必至をかける問題をやろう。

玉は包むように寄せよ」をよく意識してな。

がんばるぞ!

問題①

王手しなくてもいいんだよね?
そう。次に詰む形で、しかも受けが無い状態を目指すんじゃ。

それでは正解発表じゃ。

問題①正解

下から角かあ。次に持ち駒の銀を打てば詰むんだね。
そう。完全に受けが無いことを確かめてな
うん。でも角の代わりに△3一銀と打つとダメなの?
ワン太くん、いい質問じゃ。角の代わりに銀を打つと、下の図のような受けがあるんじゃ。

問題①参考図

歩を突いて逃げ道を確保するんだね。確かにこのとき持ち駒が角じゃ詰まないね。
そう。このように必至問題では、いろんな受けのパターンをすべて読み切らんといかんぞ。
わかった。じゃあ次の問題行ってみよう!

問題②

これはとっても有名な必至問題じゃな。
銀しか持ち駒が無いのに必至かかるの~?
それでは正解じゃ。

問題②正解

これで必至なの?
うん。まず、何も受けないと▲2三銀成で詰みじゃ。

問題②参考図1

じゃあ下の図みたいに、2三の地点を受けたら?

問題②参考図2

 こう受けても、▲3一馬△1二玉▲2一銀不成で詰み。

△2四金と打っても受けになってないね。

そっか。もう完全に受けが無いんだね!
必至問題はいろんな進行パターンを読む必要があると分かったかな?
うん。じゃあ次の問題行ってみよう。

問題③

今度は駒がごちゃごちゃしてるなあ。
すべての受けのパターンを読み切ってな。

それでは正解じゃ。

問題③正解

そっか!△2四同香と取れば、▲2二金で詰みだね。

必至をかける感覚が分かってきたかな?
うん。詰将棋より実戦的な感じがするな。
ワン太くん、いいことに気づいたな。

長い詰みより短い必至」という格言もあるんじゃ。

どういう意味?
無理して詰ましに行って玉を逃がすくらいなら、必至をかけて確実に勝つ方がいいってことじゃ。

3手必至

じゃあ最後に3手必至の問題をやってみよう。
難しくないの?
ワン太くんなら大丈夫!3手後に必至をかければいいんじゃぞ。

問題④

これもすごく有名な必至問題じゃ。
玉がしっかり囲われてるよ!必至なんてかからないよ…
あきらめるな!

それでは正解発表じゃ。

問題④正解

▲4一竜

△同玉

▲2二金

なるほど!竜を切るのか。
そう。盲点になりやすい手じゃが、これで綺麗に必至じゃ。
なんだか美しい収束って感じだなあ。
ワン太くんも将棋の美学が分かるようになったか。成長したのう。

まとめ

ああ~頭を使った気がする。でも必至問題もすごく楽しいね!
必至問題は詰将棋より実戦で役立つと言う人もおるぞ。
そうなんだ!もっとやりたいな。
じゃあ次回はもう少し難しい必至問題をやろう。

もっと必至問題がやりたい人はこの本がおすすめ。

次のページでは、もう少し難しい必至問題をやってみよう!
スポンサーリンク

フォローする